映画「ある町の高い煙突」をひと足早く鑑賞!「日立市タイアップJTBオフィシャルツアー」開催!

日立市

2019/2/19 17:25

平成31年2月19日

日立市

映画「ある町の高い煙突」をひと足早く鑑賞!監督と主演俳優にも会える「日立市タイアップJTBオフィシャルツアー」開催!

2019年6月の全国ロードショーに先駆け、映画「ある町の高い煙突」を鑑賞し、映画の舞台となった日立市のゆかりの地をめぐるJTBオフィシャルツアーを平成31年3月9日(土)・10日(日)に開催します!

映画「ある町の高い煙突」は、日立市のシンボル・大煙突建設までをモデルに、昭和の文豪・新田次郎が描いた小説を原作とする作品で、近年茨城県を舞台に映画製作を行っている松村克弥監督がメガホンをとりました。

約100年前、日立では鉱山が発展し、まちは活気にあふれましたが、一方で鉱山の煙は周囲の植物を枯らしてしまいました。そこで鉱山と市民が手を取り合い、人々を煙から守るため世界一高い煙突をつくりました。そして煙に強い品種の桜を山々へ植林し、日立の自然は回復していきました。

青年たちが命をかけて環境破壊と戦い、愛と誇りを守った「感動実話」が、日立には刻まれているのです。

映画を鑑賞したあとに、ゆかりの地をめぐり、ぜひ「感動実話」を肌で感じてください。また、上映会では松村克弥監督と主人公・三郎役の井手麻渡さんによる舞台挨拶も行われます!

■ツアー名:3/9(土)発 日立市タイアップ 1泊2日JTBオフィシャルツアー

■開催日:平成31年3月9日(土)~10日(日)

■お申し込み締切:平成31年2月24日(日)23:59まで

■発着地:東京駅

■旅行代金:ツイン利用49,800円、シングル利用57,800円

■行程

1日目:東京駅―専用バス(日立市へ)―ホテル天地閣にて「ある町の高い煙突」上映会・監督と主演による舞台挨拶―各自―ホテルで懇親会(出演者と写真撮影など)

2日目:ホテル―専用バス―バスで「ある町の高い煙突」ゆかりの地めぐり(市内)—専用バス―東京駅

■お申し込みや詳細はJTBホームページをご覧ください。

https://jtb-entertainment.net/tour/2019/hitachi/

【問合せ】広報戦略課シティプロモーション推進室

TEL:0294-22-3111(内線712)

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

手を取り合う主人公・関根三郎(井手麻渡)と加屋淳平(渡辺大)

ヒロイン・加屋千穂(小島梨里杏)

scene1:鉱山社長・木原吉之助(吉川晃司)ほか

scene2:主人公の祖父・関根兵馬(仲代達矢)

scene3:三郎と入四間村の青年たち

scene4:三郎と千穂の恋

世界一の高さを誇った大煙突

現在の大煙突(平成5年に3分の1を残して倒壊)

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

過去に配信したプレスリリース