カンボジア日通、プノンペン経済特別区に新倉庫を建設

日通

2019/2/21 19:14

2019年2月21日

日本通運株式会社

カンボジア日通、プノンペン経済特別区に新倉庫を建設

 日本通運株式会社(社長:齋藤充)の現地法人、カンボジア日本通運株式会社(社長:松野下隆 以下、カンボジア日通)は、2月20日(水)、カンボジア王国のプノンペン経済特別区(SEZ)で、新倉庫建設の地鎮祭を執り行いました。

 近年、カンボジアの経済成長率は約7%前後で推移しており、今後も高い成長率の持続が見込まれます。同国では、国民所得の上昇により個人消費が伸長しており、今後は消費財の輸入や国内物流・倉庫保管の需要が高まると見込まれます。

 プノンペンSEZは、首都プノンペン市内より18km、プノンペン国際空港より8km、主要港であるシアヌークビル港に繋がる国道4号線に面した、物流拠点として好適な立地にあり、日系企業を含め約90社が進出しています。また同SEZは、GMS(※)の南部経済回廊上に位置し、タイ・バンコクとベトナム・ホーチミンをつなぐ物流の戦略地域としても注目されており、物流需要が今後さらに高まっていくと期待されます。

 カンボジア日通では、同地域での航空・海運フォワーディング、国内販売物流、製造物流(ジャストインタイム納品)、クロスボーダートラック輸送、空調施設を利用した保管・配送など、お客様のあらゆる物流ニーズに応えるため、拠点の新設を決定しました。 

 当社は、今後ますますの成長が見込まれる同国および東南アジア地域でのロジスティクス機能を強化するとともに、トータルでお客様のニーズにお応えし、「グローバルロジスティクス事業の更なる拡大」に努めます。

※  GMS(大メコン圏):Greater Mekong Sub-regionの略称で、タイ・カンボジア・ラオス・ベトナム・ミャンマーの5カ国と中国雲南省および広西チワン族自治区にまたがるメコン川流域の総称。

【開業予定】

2019年12月

【新倉庫の概要】

住所      :Phnom Penh Special Economic Zone, National Road No.04,

      12509 Khan Posenchey, Phnom Penh, Kingdom of Cambodia  

構造  :鉄骨・鉄筋コンクリート造 平屋、一部2階建て

敷地面積:40,000㎡

延床面積: 6,915㎡

     (内訳)

     倉庫面積 4,711㎡(冷凍157㎡、冷蔵147㎡、定温2,011㎡含む)

     事務所    588㎡

     庇部分他  1,616㎡

主要設備:高床ホーム、両面接車バース、24時間警備

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

地鎮祭の様子

スピーチ

新倉庫イメージ

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中