国内最大級のダンス・コンペティション  いよいよ開幕!/第76回全国舞踊コンクール

東京新聞

2019/3/15 13:00

2018年3月15日

全国舞踊コンクール事務局

1939年から続く舞踊家への登竜門

― 第76回全国舞踊コンクール ―

3月24日(日)、めぐろパーシモンホールで開幕!

日本各地から1200人が集い、頂点を目指す!

全国舞踊コンクールのマーク

■部門  現代舞踊、バレエ、児童舞踊、邦舞、群舞、創作舞踊

■開催日 2019年3月24日(日) ~ 4月5日(金)

■会場  めぐろパーシモンホール 大ホール

■入場料 無料(公開審査)※ご観覧時のマナーをお守りください

バレエ部門①(第75回より)群舞部門①(第75回より)邦舞部門②(第75回より)児童舞踊部門②(第75回より)

ダンスシーンの次代を担う原石たち

国内最大規模を誇り多分野に渡るダンスコンクール。

舞踊芸術の発展向上と次世代を担う舞踊家の発掘育成を図る目的で、1939年より開催されています。

カテゴリーは、邦舞(日本舞踊)、現代舞踊(モダン/コンテンポラリーダンス)、バレエ、児童舞踊、群舞(2人以上)、創作舞踊(振付)の6部門に渡ります。更に細分化された年齢別の13部に、今回は約1200人が挑戦し、国内の頂点を目指して舞台にに立ちます。

公平性を保つため、審査員は各部約10人と多くの意見を取り入れ、舞踊家、舞踊評論家に委嘱しています。温かいながらも厳しい目で、出場者の演技を見つめます。

また、コンクールは入場無料の公開審査とし、観客席から視線を浴びる中、緊張の審査が始まります。

創作舞踊部門②(第75回より)バレエ部門②(第75回より)創作舞踊部門①(第75回より)群舞部門(第75回より)②

酒井はなさんのメッセージ

とても伝統のあるコンクールです。私も小学校5年生の時から挑戦してきました。

本番で成果が出るように、練習の時間を大切にして、ヴァリエーションを突き詰めて、挑戦してみてください。

酒井はなさん

 バレエ第二部審査員

  1997年中川鋭之助賞

  2008年舞踊芸術賞

  2017年紫綬褒章

菅井円加さんのメッセージ

いつも緊張して自分の踊りが出来ず泣いていました。

ですが、このコンクールで入賞した頃から、練習してきた事をしっかり見てくれている人がいる事、

沢山の方からの支えがあって今、自分がその場にいる事などを改めて再確認しました。

その一瞬一瞬を大切に、これからも踊りを楽しんでいきましょう!

菅井円加さん

 第67回全国舞踊コンクール バレエ・ジュニア部1位

  第40回ローザンヌ国際バレエコンクール優勝

  ハンブルグ・バレエ団ソリスト

■スケジュール

3月24日(日)14:00~ 創作舞踊部予選

3月25日(月)10:00~ バレエ第一部予選

3月26日(火)10:00~ バレエ第二部予選

3月27日(水)10:00~ バレエジュニア部予選

3月28日(木)10:00~ バレエ部門決選 バレエ部門表彰式

3月29日(金)11:00~ 邦舞第二部

3月29日(金)14:45~ 邦舞第一部

3月30日(土)11:30~ 群舞ジュニア部

3月30日(土)13:45~ 群舞部

3月31日(日)10:30~ 児童舞踊幼児部

3月31日(日)15:30~ 児童舞踊部

4月  1日(月)10:00~ 現代舞踊第二部予選

4月  2日(火)10:00~ 現代舞踊ジュニア部予選

4月  3日(水)10:00~ 現代舞踊第一部予選

4月  4日(木)10:00~ 現代舞踊部門決選

4月  5日(金)14:00~ 創作舞踊部決選

現代舞踊部門①(第75回より)邦舞部門①(第75回より)現代舞踊部門②(第75回より)児童舞踊部門①(第75回より)

■年齢制限

現代舞踊第一部   19歳以上

現代舞踊ジュニア部 13歳以上18歳以下

現代舞踊第二部   12歳以下

バレエ第一部    18歳以上

バレエジュニア部  14歳以上17歳以下

バレエ第二部    10歳以上13歳以下

児童舞踊部     15歳以下

児童舞踊幼児部   3歳以上8歳以下

邦舞第一部     16歳以上

邦舞第二部     15歳以下

群舞部       年齢不問

群舞ジュニア部   13歳以上18歳以下

創作舞踊部     年齢不問

※年齢は2019年4月1日現在

■会場

めぐろパーシモンホール 大ホール

 東京都目黒区八雲1-1-1 TEL 03-5701-2924

 東急東横線「都立大学駅」下車徒歩7分

めぐろパーシモンホール

■観覧時のお願い

・発声や声援、拍手は禁止です。

・審査中のご入退場は制限する場合があります。

・自由席です。なお、客席内の立入を一部制限しています。

・客席での飲食、喫煙は禁止です。

・マナーをお守りいただけない場合は、ご退場いただく場合があります。

■アンコール公演

各部上位3位までの入賞者と東京新聞が選んだ児童舞踊幼児部の出場者が出演。

6月15日(土)、めぐろパーシモンホール大ホールで熱演を再現します。

チケットなどの詳細は5月上旬に全国舞踊コンクールHPで公開します。

【主催】

東京新聞

【共催】

公益財団法人目黒区芸術文化振興財団

【後援】

文化庁、東京都、目黒区、一般社団法人めぐろ観光まちづくり協会、

一般社団法人現代舞踊協会、公益社団法人日本バレエ協会、一般社団法人全日本児童舞踊協会、公益社団法人日本舞踊協会

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

全国舞踊コンクールのロゴマーク

全国舞踊コンクールのマーク

バレエ部門①(第75回より)

バレエ部門②(第75回より)

現代舞踊部門①(第75回より)

現代舞踊部門②(第75回より)

児童舞踊部門①(第75回より)

児童舞踊部門②(第75回より)

群舞部門①(第75回より)

群舞部門(第75回より)②

邦舞部門①(第75回より)

邦舞部門②(第75回より)

創作舞踊部門①(第75回より)

創作舞踊部門②(第75回より)

酒井はなさん

菅井円加さん

めぐろパーシモンホール

プレスリリース添付動画

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • 名称 株式会社中日新聞社東京本社
  • 所在地 東京都
  • 業種 新聞・放送・出版
  • URL http://www.tokyo-np.co.jp/

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中