ファインテクノロジー株式会社と株式会社コムデザイン 「SMAPS」と「CT-e1/SaaS」での連携機能を提供開始

コムデザイン

2019/3/1 11:00

2019年3月1日

株式会社コムデザイン

ファインテクノロジー株式会社と株式会社コムデザイン

「SMAPS」と「CT-e1/SaaS」での連携機能を提供開始

クラウド型CTI「CT-e1/SaaS」を月額サービスで提供する株式会社コムデザイン(東京都千代田区麹町、代表取締役社長:寺尾憲二)は、ファインテクノロジー株式会社(本社:東京都墨田区江東橋、代表取締役:栗原信一、以下ファインテクノロジー)が提供するSMSサービス『SMAPS』との連携機能の提供を開始します。

『SMAPS』の概要

ファインテクノロジーの提供する『SMAPS』は、SMS(ショートメッセージサービス)を利用して確実に目的のお客様にメッセージを届け、メッセージに記載されたURLから請求書や支払い決済方法などの重要な情報に誘導し、さらに決済までの連携を可能にしたクラウドサービスです。

CT-e1/SaaSとSMAPSの連携概念図

コールセンターへの問い合わせ電話から、応対相手のスマートフォン宛に支払い方法を記述したSMSを送信できるため、決済や支払案内の文書の送付が不要になり、案内の時間短縮、郵送コスト削減を実現できます。

また、SMSを使用するため、通話による個人情報のやり取りが発生せず、コールセンターのオペレーションにおける個人情報のセキュリティも安心です。

また、SMAPSの管理画面では、SMSを送信した後の開封状況のステータスを一元管理できます。

SMAPSは、クレジットカード、コンビニ収納、口座引落、銀行振込等の決済手段において、複数の決済代行会社とシステム連携済みです。また複数のPCIDSS対応済みの決済代行会社とシステム連携済みなので、PCIDSS対応もローコストで実現できます。

近年のコールセンターは、製品・サービスの問い合わせ業務だけでなく、顧客とのダイレクトコンタクトポイントとして、その役割は広範囲になっています。お客様の支払い状況や契約状況の確認業務なども含まれますが、契約情報や決済方法の伝達を、電話を通して口頭で行うことは誤伝達のリスクが高くなります。『SMAPS』と連携することで、セキュアにかつ正しい情報の伝達を可能とします。

弊社「CT-e1/SaaS」は、CTIが担うコンタクトセンターのハブ機能として、優れたクラウドソリューションとマッシュアップし、効率的でかつエンドユーザーに喜ばれるコールセンター構築をサポートします。

※『CTI』: Computer Telephony Integrationの略。電話とコンピュータの機能を連携させた統合システムのことで、コンピュータ上で電話の応答や転送などを自在に行える

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

CT-e1/SaaSとSMAPSの連携概念図

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • 名称 株式会社コムデザイン
  • 所在地 東京都
  • 業種 情報サービス・コンテンツ
  • URL https://www.comdesign.co.jp

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中