新事業「サイバー警備」事業を開始

MSK

2019/3/5 07:00

2019年3月5日

株式会社M S K

株式会社M S Kは、既存の物理警備事業に加え

「サイバー警備」事業を2019年3月より開始します。

社名ロゴ

株式会社M S K(千葉県千葉市稲毛区、代表取締役社長 高木和也)は、

既存の物理警備事業に加え、「サイバー警備」事業を2019年3月より開始します。

当社MSKは今後、物理+サイバー両面を警備し、お客様の重要資産を守ります。

サイバー警備事業ロゴ:  サイバー警備ロゴ

サイバー警備事業ご紹介サイト: http://cyberkeibi.com

本日よりSECURITY SHOW 2019 (東京ビックサイト)で展示・デモを開催中。

「サイバー警備」事業として、以下2つの製品を提供開始し、

今後お客様のニーズにより徐々に製品を拡充する予定です。

1、サイバー・セキュリティ製品

  『サイバー警備員サービス』

   最先端セキュリティ製品「Darktrace」+「サイバー警備員」により、

   お客様のセキュリティ強化と管理の業務の軽減を実現する月額サービス

   としてご提供します。(以下ご提案内容)

   サイバー警備提案内容

【Darktraceについて】

 英国Darktrace社が2013年に販売を開始した先端セキュリティ製品です。

 2019年現在全世界で7,000社を超える企業が採用し、既存セキュリティ製品

 をすり抜けた6万個超のサイバー攻撃を検出した実績があります。

 コアシステムとなるEnterprise Immune System: 英国ケンブリッジ大学で

 研究開発された機械学習機能およびAIアルゴリズムにより、ネットワークに

 接続される全ての機器を認識し、「通常と異なる挙動」をAIが学習・分析し、

 未知のサイバー脅威・内部不正操作を検出します。

 これまで不可能だった検出技術が高く評価され、今、世界各国で、

 急速に導入が進んでいます。

2、サイバー・コミュニケーション製品

  『Aldio』

   リアル(警備、店舗、運送など)現場で利用価値の高いスマートフォンを

   使ったIP無線通話+クラウド音声認識・翻訳機能を月額サービスでご提供します。

   Aldioロゴ

   Aldio画面

   Aldioは現在イオンリテール(店舗内)、JR東海(新幹線内)他多数の大手

   企業で採用され、弊社は警備現場利用のノウハウをもとに、その利用価値を

   お客様へご提案させて頂きます。

 

【Aldioについて】

 株式会社シアンス・アールが開発したトランシーバーやインカムを超える、

 100%日本製の音声プラットフォームです。

 業務利用でのIP無線としての機能はもちろん、それに付随する便利な 

 機能も随時追加されています。

 スマートフォン一つでBCP対策・災害時の連絡手段の確保まで完結できます。

【 株式会社MSKについて 】

社名 :株式会社M S K

代表者:代表取締役会長 加藤 智行

    代表取締役社長 高木 和也

資本金:3,000万円

設立 :1991年9月19日

本社 :〒263-0031 

    千葉県千葉市稲毛区稲毛東3-6-15 川治ビル3F

URL : https://mskweb.net

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

社名ロゴ

サイバー警備ロゴ

サイバー警備提案内容

Aldioロゴ

Aldio画面

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

過去に配信したプレスリリース