顔のCゾーンは、シミ集中ゾーン!20代〜60代の女性500人に聞く、「シミに関する意識と実態調査」

2019年3月13日

DHC「Cゾーン」PR事務局

20代〜60代の女性500人に聞く、「シミに関する意識と実態調査」

顔のCゾーンは、シミ集中ゾーン

Cゾーンにシミがあるだけで7.3歳も老け顔に

なのに、「Cゾーン」の認知率はわずか14%

 3月になると紫外線量が増え、乾燥対策と併せ紫外線ケアも重要になります。DHC「Cゾーン」PR事務局では、20代〜60代の女性500人を対象に「シミに関する意識と実態調査」を行いました。主な調査結果は以下の通りです。

●主な調査結果

女性の肌悩み第1位は「シミ」 気になる部位は顔の「Cゾーン」に集中

★顔まわりの肌で気になること第1位は「シミ」、20代〜60代女性の64.0%がシミに悩んでいる。

★シミが気になる顔の部位は、「頬骨」(44.1%)、「目の下」(39.1%)、

 「目じり」(26.6%)などの「Cゾーン」に集中。

Cゾーンのシミケア率は38%と低く、認知率はわずか14%

★シミが集中しているCゾーンだが、Cゾーンのいずれかをケアしている女性は3人に1人(38.4%)。

★Cゾーン自体の認知率はさらに低くわずか14.0%、Tゾーンの認知率(91.2%)の1/6以下。

シミ専用コスメを使う女性は3割台に留まり、7割が自身のシミ対策に「後悔」

★シミ予防対策TOP3、「化粧水・乳液」(72.5%)、「日焼け止め」(71.9%)、

 「美白用スキンケア」(58.1%)。

★シミ専用コスメを使う女性は3割台(36.9%)と少なく、シミ対策として食生活や

 生活習慣の改善に取り組む女性も少ない。自分のシミ対策については7割が「後悔」(70.0%)。

★シミエピソード「夫に指摘された汚れがシミだった」「老けて見えて気が滅入る」

 「子どもが描いた似顔絵にシミまで描いてある」など。

Cゾーンにシミがあるだけで、「7.3歳」も老け顔に見られてしまう?!

★Cゾーンにシミがあるとシミがない顔に比べて、「7.3歳」も老け顔に見える。

★Cゾーンにシミがある顔は、 老けて(87.6%)、暗く(85.2%)、

 汚れて(85.0%)、幸薄そう(82.6%)に見える。

30代のCゾーン、実は隠れた潜在シミだらけ

30代のCゾーンは目に見える顕在シミは少ないが(写真左)

目に見えない隠れた潜在シミが数多く潜んでいる(写真右)

美容家直伝 Cゾーンのシミケア四箇条

一.Cゾーンは印象を左右する自前ハイライトのようなもの

二.Cゾーンはビューティーゾーンかつシミ多発ゾーンと心得よ

三.基本ケア+Cゾーン用「スポットケア美容液」を

四.摩擦厳禁!美白は優しく継続!

水井真理子さん(美容家 トータルビューティアドバイザー)

※調査結果の詳細は下記プレスリリースをご覧ください※

<調査概要> 

■実施時期 2018年12月27日(木)~2019年1月7日(月)

■調査手法 インターネット調査

■調査対象 全国の20代〜60代の女性500人

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中