古舘伊知郎氏 2019年4月より立教大学客員教授に就任

立教学院

2019/3/28 09:37

2019年3月28日

立教大学(学校法人立教学院)

古舘 伊知郎 氏 “42年ぶり、立教大学再入学!?”【2019年4月より客員教授に就任】

 立教大学(東京都豊島区、総長:郭洋春)は、2019年4月より校友でフリーアナウンサーの古舘伊知郎氏を客員教授として迎えます。2019年度春学期(4~7月)には、全学部学生を対象とした科目「現代社会における言葉の持つ意味」を担当。「言葉」「メディア」「仏教」をキーワードに白熱講義を展開します。

 古舘氏は本学経済学部を卒業後、(株)テレビ朝日にアナウンサーとして入社。その後、フリーアナウンサーとしてニュースキャスター、タレント、司会者など幅広く活躍しています。2018年4月には経済学部新入生を対象としたウェルカムアワーで講演。同年11月には、池袋キャンパス100周年記念式典にて卒業生アナウンサー4名によるトークセッションで司会を担当しました。

 この度、客員教授就任について3月27日(水)池袋キャンパスにて、古舘伊知郎氏、大学を代表して松尾哲矢副総長、所属学部として内野一樹次期経済学部長、担当科目の責任部局として水上徹男全学共通カリキュラム運営センター部長による記者会見を開催。古舘氏から、「もう一度、学生と一緒に勉強しろと母校に呼び戻されたのだと思っています。担当する授業が時間内に終わるか心配ですが、トークライブのように延びることがないようにしたいと思っています。学生にホイッスルでも吹いてもらいましょうか」といった古舘節で意気込みが語られました。

【記者会見の概要】

 *日 時:3月27日(水)14:00~(既に終了しています)

 *会 場:立教大学池袋キャンパス太刀川記念館3階カンファレンスルーム

 *内 容:古舘伊知郎氏客員教授就任に伴う記者会見

 *登壇者:古舘伊知郎氏、松尾哲矢副総長、内野一樹次期経済学部長*、水上徹男全学共通カリキュラム運営センター部長

  *) 2019年4月から経済学部長に就任

【客員教授・担当科目の概要】

 *所 属:経済学部(客員教授)

 *科 目:「現代社会における言葉の持つ意味」

  (池袋キャンパス、春学期、火曜・4限(15:20~17:00))

【古舘伊知郎氏プロフィール】

 ・立教高等学校、立教大学経済学部(1977年卒業)

 ・1977年、(株)テレビ朝日入社、1984年、フリーアナウンサー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

過去に配信したプレスリリース