新元号に、“お札のない”「人生ゲーム」 誕生!「人生ゲーム+令和版」 2019年6月発売!

タカラトミー

2019/4/1 11:43

2019年4月1日

株式会社タカラトミー

人生は“お金”だけではない! 目指せTOP OF インフルエンサー!

新元号に、“お札のない” 「人生ゲーム」 誕生!

「人生ゲーム+(プラス) 令和版」

2019年6月発売!

#お札なし #職業カードなし #決まったコースなし #ゴールなし

 株式会社タカラトミー(代表取締役社長:小島一洋/所在地:東京都葛飾区)は、盤ゲーム「人生ゲーム」の新商品として、「人生ゲーム+(プラス)令和版」(以下、「人生ゲーム+(プラス)新元号版」)(希望小売価格:3,980円/税抜き)を、2019年6月から全国の玩具専門店、百貨店・量販店等の玩具売り場、インターネットショップ、タカラトミー公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」(takaratomymall.jp)等にて発売いたします。

1.「人生ゲーム+(プラス)新元号版」(元号決定後)

 「人生ゲーム」はこれまでも時代の世相やトレンドを反映させながら、常に話題性のあるゲームとして展開し、過去には平成の幕開けとともに「人生ゲーム平成版」を発売しました。今回も新しい時代の始まりとなる「改元」に合わせて、新元号を商品名に付した「人生ゲーム」を開発しました。運だけではなく、戦略性も加え、これまでの「人生ゲーム」にあった「紙幣」や「職業カード」は登場せず、決まったコースやゴールもない、全く新しい「人生ゲーム」です。

 テーマは“インフルエンサー”で、今の時代におけるトレンドや、ますますのデジタル化に伴う  ライフスタイルの変化を表現しました。通常版の「人生ゲーム」では、“ゴールした時に、より多くのお金を持っていたプレイヤーが勝ち”となりますが、「人生ゲーム+(プラス)新元号版」では、 “ゲーム終了時に、より多くの「フォロワー」を獲得したプレイヤーが勝ち”となります。

※「人生ゲーム+(プラス)」は、「人生ゲーム」に戦略性を加えた新しいシリーズです。

「人生ゲーム+(プラス)新元号版」は、「人生ゲーム+(プラス)」シリーズの第一弾商品として発売します。(「人生ゲーム」シリーズとしては通算64作目になります)

【「人生ゲーム+(プラス)新元号版」の遊び方】

2.「人生ゲーム+(プラス)新元号版」(元号決定後)

<ゲームの目的>

このゲームは、ゲーム終了時に「フォロワー」を一番多く獲得したプレイヤーの勝ちです。「フォロワー」の集め方の基本方法は、「インフルエンサーカード」に描かれた条件の「アイテムカード」を集め、「インフルエンサー」になることです。その他、マスに書かれた指示内容や、他のプレイヤーから奪えるマスなどで獲得できることもあります。手元に来た「インフルエンサーカード」を  見たり、他のプレイヤーのカードを見て、「フォロワー」を集めるための戦略を立てます。

(詳しい遊び方はこちらをご確認ください:https://www.takaratomy.co.jp/products/jinsei/product/plus/

■インフルエンサーカード

このカードに描かれている条件の「アイテムカード」を集めることで、カードに書かれた数のフォロワーを獲得できます。全プレイヤーで合計10枚の「インフルエンサーカード」が場に出された時点でゲームが終了します。

11.インフルエンサーカード①

12.インフルエンサーカード②

13.インフルエンサーカード③

14.インフルエンサーカード④

■アイテムカード

「インフルエンサーカード」の条件を満たすために必要となるカードです。他のプレイヤーと交換したり、奪われたりするイベントも発生します。

15.アイテムカード①

16.アイテムカード②

17.アイテムカード③

18.アイテムカード④

■先頭車&人物ピン

盤面上で動かすコマです。

9.先頭車&人物ピン

■フォロワー

「フォロワー」同士はつなげることができ、ゲーム終了時に先頭車につなげます。1個=100万フォロワーで、計126個の「フォロワー」があります(合計:1億2千600万で、おおよその日本の人口となります)。

19.フォロワー①

20.フォロワー②

■ゲーム盤

「フォロワー」を置く「フォロワーエリア」(ルーレットの周辺)と、4つのテーマを持ったエリア「tsubuyaki(つぶやき)エリア」「photogenic(フォトジェニック)エリア」「Movie(ムービー)配信エリア」「マニアックエリア」に分かれています。基本的には、どのエリアへ進むかはプレイヤーの自由です。

ルーレットは、通常の「人生ゲーム」では、全1~10まで数字がありますが、本商品のルーレットは1~5までになります。ゲーム開始時、このルーレットを回して出た目(色)によってプレイヤーのスタート地点が決定します。“1”が出た場合は好きな場所からスタートできます。

~「マス目」コピー例~

【tsubuyaki(つぶやき)エリア】

☆朝起きたら昨日の寝る前のつぶやきがバズって大拡散!フォロワー数+200万

☆裏アカがバレて大炎上。フォロワー数-100万

【photogenic(フォトジェニック)エリア】

☆いつメンとキラキライルミネーションで写真を撮りまくる!フォロワー数+200万

☆自信のつくおき写真にいいねがつく。フォトジェニックエリアのアイテムカードを1枚引く。

【Movie(ムービー)配信エリア】

☆毎日の動画配信で不眠に・・・。フォロワー数-100万

☆メイク動画ですっぴんを披露して大人気!Movie配信エリアのアイテムカードを1枚引く。

【マニアックエリア】

☆バーチャルライブで大盛り上がり!マニアックエリアのアイテムカードを1枚引く。

☆AIアイドルが大流行!フォロワー数+100万

【「人生ゲーム」について】 www.takaratomy.co.jp/products/jinsei/

「人生ゲーム」は、ルーレットを回してマス目を進み、就職・結婚や出産・家の購入など人生の様々な イベントを経て億万長者を目指す盤ゲームです。「人生山あり谷あり~」のコピーで始まるテレビコマーシャルと共に、高度経済成長期の1968年9月に発売されました。

初代「人生ゲーム」は、1960年にアメリカで発売された 『THE GAME OF LIFE』の直訳版に近いものでした。その後、1983年に発売した3代目から日本オリジナルの内容となり、時代の世相やトレンドを反映させながら、常に話題性のあるゲームとして展開してきました。また、1989年には「人生ゲーム平成版」を発売し、初の大人向け「人生ゲーム」として話題になり、「平成版」シリーズを計12商品 発売しました。

大きくわけて2つのカテゴリーで展開しており、①「スタンダード版」と、キャラクターコラボレーションや トレンドイベントなどを取り入れた②「テーマライン版」があります。2016年4月には8年ぶりにフラッグシップ(スタンダード)モデルをリニューアルし、「人生ゲーム」の歴代7代目として発売しました。また、 2018年3月には「人生ゲーム」50周年を記念して「人生ゲームタイムスリップ」を発売し、最新作は 「ドラえもん人生ゲーム」(2019年3月28日発売)でシリーズ63作目になります。2018年は日本発売50周年となり、様々な施策を展開しました。

〈商品概要〉

商品名: 『人生ゲーム+(プラス)令和版』

希望小売価格: 3,980円(税抜き)

発売日: 2019年6月 (2019年4月26日(金)予約受付開始)

対象年齢: 6歳~

プレイ人数: 2人~4人

商品サイズ: 504(W)×297(H)×55(D)mm

商品内容: ゲーム盤(1)、ルーレット(1)、フォロワー(1セット)、先頭車(4)、人物ピン(6)、インフルエンサーカード(32)、アイテムカード(48) 、部品箱(1)、遊び方説明書(1)

取扱い場所: 全国の玩具専門店、百貨店・量販店等の玩具売り場、インターネットショップ、

タカラトミー公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」takaratomymall.jp

著作権表記: ©1968,2019 Hasbro.All Rights Reserved.

© TOMY

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

1.「人生ゲーム+(プラス)新元号版」(元号決定後)

2.「人生ゲーム+(プラス)新元号版」(元号決定後)

3.「人生ゲーム+(プラス)新元号版」(元号決定前)

4.「人生ゲーム+(プラス)新元号版」(元号決定前)

5.プレイイメージ①

6.プレイイメージ②

7.プレイイメージ③

8.プレイイメージ④

9.先頭車&人物ピン

10.車比較(左:通常版人生ゲーム_右:今回の人生ゲーム)

11.インフルエンサーカード①

12.インフルエンサーカード②

13.インフルエンサーカード③

14.インフルエンサーカード④

15.アイテムカード①

16.アイテムカード②

17.アイテムカード③

18.アイテムカード④

19.フォロワー①

20.フォロワー②

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

過去に配信したプレスリリース