大学生が「起業」経験を積む特別講座「SANNO STARTUP ACADEMY」開講

産業能率大学

2019/4/8 14:40

2019年4月8日

産業能率大学

関東の大学で初の取り組み

大学生が実際に事業を立ち上げ 「起業」経験を積む特別講座

「SANNO STARTUP ACADEMY」

2019/4/12(金)開講

産業能率大学(東京都世田谷区)と株式会社ウィルフ(東京都渋谷区)は、2019年4月12日(金)より、学生が「起業」経験を積む特別講座「SANNO STARTUP ACADEMY」を開講します。現実の課題を題材に、実践的な課題解決型学習のPBL(Project Based Learning)を実施してきた産業能率大学において、PBLをさらに進めたプロジェクトとして、学生が講座を通じて実際に起業を経験するプログラムを実施します。

【SANNO STARTUP ACADEMY】

SANNO STARTUP ACADEMYは、産業能率大学と株式会社ウィルフが連携し、6か月間で学生が起業に必要な知識などを学び、実際に「起業」経験を積む講座です。講師は、株式会社ウィルフ代表取締役社長の黒石健太郎氏が担当。週1回の講座で、学生が起業に必要な経営スキルを学びます。学生自らが社長として事業プラン(EC/イベント企画/対面販売等)を考え、起業家やコンサルタントからフィードバックを受け、事業プランを磨き上げた上で実行します。講座の期間中に計3回、実際に事業運営することで、「学習×実践」による、「本物の起業経験」を積むプログラムです。講座の最後では、大学卒業後に自らが取り組む事業プランを書き上げ、修了となります。

【講師紹介】

黒石健太郎氏

黒石健太郎氏(くろいし けんたろう)氏

株式会社ウィルフ代表取締役社長

2006年東京大学法学部卒。株式会社リクルート入社後、新規事業の戦略企画/推進を担当。2011年からは、自ら提案した新規事業が全社公募で採択され、立ち上げリーダーに。2013年に起業し、株式会社ウィルフ(WILLFU)を設立し代表取締役に就任。サイバーエージェント主催起業家コンテスト「アントレプレナーイノベーションキャンプ」優勝。多くの上場起業家や投資家と共に、学生起業家の育成に取り組み続けている。

著書:『渋谷で教える起業先生』(毎日新聞出版)

【株式会社ウィルフ】

■社名:株式会社ウィルフ

■代表者:代表取締役社長 黒石健太郎

■設立:2013年6月6日

■事業内容:学生が起業を学ぶビジネススクール「WILLFU STARTUP ACADEMY」・大学法人向け学生起業支援プログラム「STARTUP ACADEMY」・子会社社長に特化した就活支援サービス「WILLFU CAREER」等を運営。

■HP:https://willfu.jp/

<講座概要>

■講座名称:SANNO STARTUP ACADEMY

■開講期間:2019年4月12日(金)~10月4日(金)

       毎週金曜日15:30~18:30

      ※5月3日(金)、7月26日(金)、8月2日(金)、8月16日(金)は除外

■場  所:産業能率大学 自由が丘キャンパス

      (東京都世田谷区等々力6-39-15、東急東横線・大井町線、自由が丘駅正面口より徒歩12分)

■対  象:産業能率大学 経営学部生(全学年対象) 36人

■産業能率大学WEBサイト:https://www.sanno.ac.jp/

【講義内容】 全22回 (180分×22回)

<第1クール>(1回~6回)

実 施 期 間:4月12日(金)~5月24日(金)

学習テーマ:事業計画書、アイデアの出し方等、事業実施スキル  企画テーマ:インターネット

<第2クール>(7回~12回)

実 施 期 間:5月31日(金)~7月5日(金)

学習テーマ:戦略論、マーケティング、プライシング等、利益拡大スキル  企画テーマ:対面販売

<第3クール>(13回~18回)

実 施 期 間:7月12日(金)~9月6日(金)

学習テーマ:経営者の役割、リーダーシップ、営業等、人を動かすスキル  企画テーマ:フリー

<第4クール>(19回~22回)

実 施 期 間:9月13日(金)~10月4日(金)

学習テーマ:自身の棚卸しと事業計画の磨き込み

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

黒石健太郎氏

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中