ノバセップ社とテラヴェクティス社が、レンチウィルスベクターのGMPプロセス製造に向け、DNAフラップ技術の新ライセンスを締結。

ノバセップ

2019/4/16 17:15

ノバセップ社とテラヴェクティス社が、レンチウィルスベクターのGMPプロセス製造に向け、DNAフラップ技術の新ライセンスを締結。

AsiaNet 78242

この認可により、レンチウィルスベクターに基づいた遺伝子治療、免疫治療、ワクチンに関する需要の高まりに応えます。

2019年4月16日、フランス リヨン市、パリ市 - 今日、ライフサイエンスサービスならびに製造におけるリーディングプロバイダー ノバセップ社と、臨床開発を専門とするバイオテクノロジー企業テラヴェクティス社によって、ノバセップ社にDNAフラップ技術の使用を認めるライセンスが承認された旨が明らかにされました。この技術は、臨床目的においてGMP要綱を満たしたレンチウィルスベクターを製造してあらゆる治療に応用するもので、世界各国の消費者に向けた遺伝子治療、細胞治療、免疫治療、ワクチンなどが考慮されます。これに派生する金銭的な条件は、まだ締結されていません。

https://mma.prnewswire.com/media/815661/Novasep_Logo.jpg

パスツール研究所のライセンスを有するテラヴェクティス社は、レンチウィルスベクターを製造し、ワクチンへ応用することができます。

ノバセップ社 製造ソリューションビジネスユニットのプレジデント ジャン・ブレオー氏によれば、「レンチウィルスベクターによるDNAフラップ技術は、最近認められたがん治療のCAR-T細胞免疫治療を含め、新世代のワクチン治療と免疫治療における強いポテンシャルを有します。今回の新ライセンス契約によって、ノバセップがこのレンチウィルスベクターを世界各国のクライアントに向けて供給することが可能になります。また、ノバセップの掲げる「2022年までに収益性を倍増する」というライズ-2ストラテジーにおける重要なステップを構成します。これは、先日ベルギーのスネッフに設けられた商用ウィルスベクター製造サイト「Senrise-IV」、ならびに2 019年開設予定のフィル&フィニッシュ商用施設「Senefill」という2大投資に応えます」。

DNAフラップ技術はレンチウィルスのゲノムに派生し、cPPTとCTSシスエレメントを含むDNAの配列によって構成され、細胞核に任意の遺伝子を導入することを可能にします。レンチウィルスベクターは、このようにして治療目的の遺伝子を非複製細胞に供給し、遺伝子治療ならびにT細胞工学(CAR-T細胞)に有効です。

キメラ抗原受容体(CAR)T細胞免疫治療のためのウィルスベクター製造パイプラインは、300を超える開発中の薬品、200近くの臨床試験中の薬品、先に承認された2種の製品を擁し、非常に有望視されています。

テラヴェクティスについて

生物工学を専門とする民間企業テラヴェクティスは、20年以上におよぶレンチウィルスベクター分野の実績を、ワクチン開発におけるパラダイムシフトに昇華しています。技術発明におけるパイオニア ピエール・シャルノー博士によって、パスツール研究所のスピンオフとして設立されたテラヴェクティスは、独自のプラットフォームとパスツール研究所の知的所有権に対する世界的な独占権を有し、腫瘍学や感染症における安全で効果的なT細胞ワクチンを提供します。テラヴェクティスは、現在進行中の抗HIVワクチン臨床試験の第 I、II相を2019年早期に終了する予定です。

ノバセップについて

さらなる情報は、ここをクリックしてください。 viral vectors@Novasep

さらなる情報は、ここをクリックしてください。  https://www.novasep.com/press-release-about-novasep.html

LinkedInで Novasepをフォローしてください。

担当者

ロール・サロワン

広報プロジェクトマネージャー

電話:+33 7 77 94 37 52

(日本語リリース:クライアント提供)

NOVASEP and THERAVECTYS Enter Into a New License Agreement on DNA Flap Technology for GMP Manufacturing of Lentiviral Vectors

PR78242

PARIS and LYON, France, April 16, 2019 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

This agreement supports the growing demand for lentivector-based gene

therapies, immunotherapies and vaccines

Novasep, a leading supplier of services and technologies for the life sciences industry,

and Theravectys, a discovery & clinical development biotech company, today announced

the signing of a license agreement allowing Novasep to use Institut Pasteur's DNA Flap

Technology to produce GMP-grade lentiviral vectors for clinical use in all therapeutic

applications including gene therapy, cell therapy, immunotherapy and vaccination,

for any customer, worldwide. Financial terms were not disclosed.

Theravectys holds a license from the Institut Pasteur, covering the production

of lentiviral vectors and their use for vaccination applications.

"The lentiviral vector DNA Flap Technology has a huge potential for a new

generation of therapeutic vaccines and immunotherapies, including the recently

approved CAR-T cell immunotherapies to treat cancer," said Jean Bléhaut,

President of Novasep's Manufacturing Solutions Business Unit. "This license

agreement enables Novasep to secure the right to produce such lentiviral

vectors for our customers worldwide." He added: "It is an important step of our

RISE-2 strategy, aimed at doubling our profitability by 2022, following 2 major

investments at our Seneffe, Belgium site: "Senrise-IV", our recently

inaugurated, commercial viral vector manufacturing plant and "Senefill", our

new commercial fill & finish facility, which will be commissioned in 2019."

The DNA Flap technology is derived from the genome of a lentivirus - and

consists of a DNA sequence, including the cPPT and CTS cis-active sequences,

that actively enables the import of any gene into a cell nucleus. Lentiviral vectors are

thus employed to deliver genes of therapeutic interest to non-replicating cells,

hence their efficacy in gene therapy and in T-cell engineering (CAR-T).  

With more than 300 drugs under development, around 200 drugs in clinical

trials, and 2 recently approved products, the production pipeline for viral vectors for

chimeric antigen receptor (CAR) T cell immunotherapy is very promising.

About Theravectys

Theravectys, a privately-owned biotech company, translates 20+ years of

research on lentiviral vectors into a paradigm shift in vaccine development.

Founded by pioneer technology inventor Dr. Pierre Charneau, as a spin-off of

the Institut Pasteur, Theravectys leverages its proprietary platform and

worldwide exclusive rights to Institut Pasteur's intellectual property to

deliver safe and efficient T-cell vaccines in oncology and infectious diseases.

Theravectys' on-going first-in-human Phase I/IIa clinical trial for its

therapeutic vaccine candidate against HIV is projected to close in early 2019.

About Novasep

For press information, click here:

https://www.novasep.com/press-release-about-novasep.html

For more information about Novasep's viral vector development and production

offer, click here: viralvectors@Novasep

[https://www.novasep.com/home/products-services/bio-pharmaceuticals/contract-man

ufacturing-services/cmo-services-for-viruses-viral-vectors.html]

Follow Novasep [http://www.linkedin.com/company/novasep] on LinkedIn

(Logo: https://mma.prnewswire.com/media/815661/Novasep_Logo.jpg)

Contact

Laure Saloin

Communication Project Manager

+33-7-77-94-37-52

Source: Novasep

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中