東日本唯一の展示「スカンクハウス」登場!

2019年4月26日

那須どうぶつ王国

那須どうぶつ王国にてスカンクハウス登場!日本唯一となるスカンクの赤ちゃん展示開始!

那須どうぶつ王国では、2019年4月27日(土)に新エリア「スカンクハウス」をオープンいたします。

スカンクハウスは、4頭のシマスカンクを間近で観察できる屋内施設です。

シマスカンクの展示は、動物園では当園を含め3園のみで東日本での展示は、唯一となります。展示予定の個体は、雄1頭(愛称クラッチ 2018年5月生まれ)雌1頭(愛称:シェリー 2017年生まれ)の2頭の成獣個体と2019年3月15日に生まれた2頭の(雄1雌1)赤ちゃん個体の計4頭です。

展示場には、スカンクの匂いを体験できる模擬臭のコーナーを設置し、希望者はスカンクの匂いを体験することができます。

【スカンクハウス】

オープン日:2019年4月27日(土) 

<予定展示動物>

シマスカンク  成獣2頭 赤ちゃん2頭 計4頭

*動物の体調により内容は、変更となります。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

スカンクの赤ちゃん

シマスカンク

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中