ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」新作公演決定!新生烏野キャスト・始動!

2019年5月13日(月)

(株)キョードーメディアス

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」

2019年秋、新作公演決定!

新生烏野キャスト・始動!!

©️古舘春一/集英社・ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」製作委員会

コミックスシリーズ累計発行部数3,400万部を超える古舘春一の大人気バレーボール漫画「ハイキュー!!」(集英社「週刊少年ジャンプ」連載中)を舞台化したハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」。

2015年11月の初演から、再演〝頂の景色〞、〝烏野、復活!〞、〝勝者と敗者〞、〝進化の夏〞、〝はじまりの巨人〞と常に新作を上演し続け、昨年10月の〝最強の場所(チーム)〞では物語の主役校である烏野高校排球部の全キャストが卒業、続く今年4月の〝東京の陣〞では音駒高校が主役校として上演。常にチャレンジを続ける演劇「ハイキュー!!」ならではの公演となり、5月6日に満場の喝采を浴びながら大千秋楽を迎え、惜しまれつつも閉幕した。

 そして、シリーズ8作品目となる秋の次回公演では物語の主役校である烏野高校に新キャストを迎え、ついに「新生烏野」が誕生する。

主人公・日向翔陽役には醍醐虎汰朗が大抜擢。その他、影山飛雄役:赤名竜之輔、月島 蛍役:山本涼介、山口 忠役:織部典成、田中龍之介役:鐘ヶ江 洸、西谷 夕役:北澤優駿、縁下 力役:中谷優心、木下久志役:長田翔恩、澤村大地役:日向野 祥、菅原孝支役:一ノ瀬 竜、東峰 旭役:福田侑哉と総勢11名のフレッシュな顔ぶれが並んだ。

超人気シリーズにして、更なる「進化」をやめない演劇「ハイキュー!!」は、いよいよ次のステージへと進むー。

飛べ、新生烏野!

新作公演決定に際し、クリエイターを代表して演出・脚本を担当するウォーリー木下、そして新生烏野のメンバー全員からコメントが届いた。また、更なる詳細は後日発表予定。

演出・脚本 ウォーリー木下

新しい烏野になるということは、演出も必然的に変わるということです。

どう変えるかは言えませんが、「そうきたか」と思ってもらえるものになっているはず。

とても強いプレッシャーを感じながらも、彼らと稽古していくうちに、演劇「ハイキュー!!」という世界の可能性をまだまだ発見するのだろう。それはまるで初演のときのように。

劇団「ハイキュー!!」は新しい世代になっても繋げていきたいものがあり、それはなんといっても「バレーボール」の面白さ、そして「演劇」の面白さ、です。そこはぶれずに、でも果敢に、次の景色を探しに行きます。ぜひ応援してください。劇場でお待ちしています。

日向翔陽役 醍醐虎汰朗

「ハイキュー!!」は、「週刊少年ジャンプ」で連載開始されてから、ずっと読んできた大好きな作品です。日向翔陽役を務めさせていただくことになりとても幸せです。

漫画やアニメの世界とはまた違う、実際に”日向翔陽”がいたらこんな感じなんだな。と、思ってもらえるような人間らしいリアリティな部分を追求していけたらなと思っています。演劇「ハイキュー!!」ならではの躍動感を皆さまに楽しんでもらえるよう頑張りたいと思います!

影山飛雄役 赤名竜之輔

こんにちは!

今回、影山飛雄役を演じさせていただきます赤名竜之輔です。

2.5次元の舞台に立つのは初めてで不安要素は沢山ありますが、「ハイキュー!!」を大好きな方が舞台を観てもっと「ハイキュー!!」を好きになってもらえるように、そして皆さまに元気や笑顔を与えられるように頑張ります。

よろしくお願いいたします!

月島 蛍役 山本涼介

連載当初からずっと読んでいた作品、とても人気のある舞台に月島 蛍役として出演できることが本当に嬉しいです。須賀健太さん筆頭に今までの演劇「ハイキュー!!」の世界を創ってくれた皆さまに感謝の気持ちを忘れず、新生烏野として、全員で今まで以上の舞台になるように高く跳んでいきます。

皆さまからの期待を、プレッシャーを全力で越えていきます。

新生烏野をよろしくお願いします!

山口 忠役 織部典成

皆さま初めまして、山口 忠役を演じさせていただきます、織部典成です。

初演から全て見てきた大好きな演劇「ハイキュー!!」に出演できることを光栄に思います。

ピンチサーバーと言ったら山口 忠。ジャンプフローターサーブを極めて頑張りたいと思います。

皆さま、新生烏野高校を楽しみに待っていてください!

田中龍之介役 鐘ヶ江 洸

新生烏野として自分たちらしく。。。とは軽々しく言えないくらい魅力的で素敵な先代のキャストのみなさんが積み上げてきた想い。精一杯感じて、背負って、そして新しいメンバーと誠実に。

1つ1つ積み上げてバレー馬鹿として精一杯生きていこうと思います。

西谷 夕役 北澤優駿

この度、演劇「ハイキュー!!」に出演できることをとても嬉しく思います。

原作もすごく大好きで、その中でも1番好きな西谷 夕役を演じられることを誇りに思います。

同時に原作や演劇「ハイキュー!!」のファンの方の期待を裏切らないように精一杯努めてさせていただきます。何より西谷 夕という男に恥じない演者であるよう命掛けで演じます。応援よろしくお願いします。

縁下 力役 中谷優心

大好きな作品の大好きなキャラクターを演じられるという事が本当に嬉しいです。

バレーボールではないのですが、僕自身18歳までスポーツに明け暮れた生活を送っていたので、大一番の場面で足がすくむ気持ちなど凄く共感しながら「ハイキュー!!」を読んでいました。バレー部に入部する気持ちで頑張りたいです。

“縁の下の力持ち”という言葉が一番似合う男を目指します!

木下久志役 長田翔恩

木下久志役で出演が決定いたしました、長田翔恩と申します。

演劇「ハイキュー!!」で木下役は初登場なので、演じる上でドキドキしますが僕にしか出せない様な木下の味を出してお客さまに楽しんでいただければ光栄です。

皆さまから愛されているこの作品に関われることを大変嬉しく思います。

今後ともよろしくお願いいたします!

澤村大地役 日向野 祥

皆さま、初めまして。澤村大地役の日向野 祥です

僕は高校時代バレーボールをやっていたこともあり、当時から「ハイキュー!!」はずっと読んでいました。その世界の人物を自分が演じさせていただく。本当に役者冥利に尽きる思いです。

ファンの方の想いや先輩方が創り上げてきてくださった物語に全力でぶつかって汚すことなく作り上げて参ります!どうぞよろしくお願いいたします!!

菅原孝支役 一ノ瀬 竜

「ハイキュー!!」は僕が中学生の時から読んでいて、唯一全巻集めている大好きな漫画で、そのような作品の舞台に出演できることが本当に嬉しいです。

先輩方が繋いだバトンをしっかり受け取り、さらに自分にしかできないような新しいものもお見せできるよう、一生懸命取り組んで参ります。よろしくお願いいたします。

東峰 旭役 福田侑哉

初めまして。

東峰 旭役を演じさせていただきます、福田侑哉と申します。

初演から多くの方に愛され、支えられて来た作品の一部になれること、心から嬉しく思います。

その意志、熱量を紡いで東峰 旭という人を、作品を、そして関わっていただく全ての方を大切に、臨みたいと思います。

<2019年秋公演概要>

タイトル:ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」

原作:古舘春一「ハイキュー!!」(集英社「週刊少年ジャンプ」連載中)

演出・脚本:ウォーリー木下

音楽:和田俊輔

<公演に関するお問い合わせ>

ネルケプランニング TEL:03-3715-5624(平日11:00~18:00)

<公式HP> 

http://www.engeki-haikyu.com/

<キャスト>

=表記パターン①=

■烏野高校

日向翔陽  醍醐虎汰朗/

影山飛雄  赤名竜之輔/

月島 蛍  山本涼介

山口 忠  織部典成

田中龍之介 鐘ヶ江 洸

西谷 夕  北澤優駿

縁下 力  中谷優心

木下久志  長田翔恩

澤村大地  日向野 祥

菅原孝支  一ノ瀬 竜

東峰 旭  福田侑哉/

【主催】

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」製作委員会

(TBS/ネルケプランニング/東宝/集英社/キューブ)

■ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」とは

集英社「週刊少年ジャンプ」にて絶賛連載中の古舘春一による大人気バレーボール漫画「ハイキュー!!」を舞台化した作品。

2015年11月の初演から2019年4月の‶東京の陣″まで、シリーズ7作品を上演し、新たな演劇としての挑戦を次々と行い、熱狂を巻き起こしている。熱狂!興奮!感動!演劇「ハイキュー!!」の進化は止まらない。

©️古舘春一/集英社・ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」製作委員会

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

©️古舘春一/集英社・ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」製作委員会

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • 名称 株式会社キョードーメディアス
  • 所在地 東京都
  • 業種 広告・広報
  • URL http://kyodotokyo.com

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

過去に配信したプレスリリース