公開シンポジウム「AI時代における AIと人文科学の可能性」クリスチャン・マスビアウ 氏による講演

立教学院

2019/5/13 15:00

2019年5月13日

立教大学

公開シンポジウム「AI時代における

AIと人文科学の可能性」5/29開催

クリスチャン・マスビアウ 氏による講演

立教大学(東京都豊島区、総長:郭洋春)は、5月29日(水)、池袋キャンパスにて公開シンポジウム「AI時代におけるAIと人文科学の可能性」を開催します。

本学が2020年4月にAIに特化した日本初の大学院「人工知能科学研究科」を開設することに関連し、AI 時代における人文科学の重要性を説く『センスメイキング』(プレジデント社)の著者であるクリスチャン・マスビアウ氏にご講演いただきます。

本学の人工知能科学研究科は文理融合を目指しており、目の前の課題を読み解くにはアルゴリズム一辺倒ではなく、哲学、歴史学、社会学などの人文科学が重要であると説く氏に講演をお願いし、新しい時代のリベラル・アーツの可能性を探る貴重な機会とします。

概要

1.日時:2019年5月29日(水)19:00~20:30

2.場所:立教大学池袋キャンパス9号館大教室(東京都豊島区西池袋3-34-1)

3.講師:クリスチャン・マスビアウ 氏

(ReD アソシエーツ創業者、同社ニューヨーク支社ディレクター)

4.司会:村上 祐子

(本学理学部特任教授、総長室調査役(人工知能科学研究科開設担当) ※2020年4月より人工知能科学研究科教授に就任予定)

5.対象:本学学生、教職員、校友、一般

6.申し込み:不要

7.備考:使用言語は英語ですが、同時通訳を行います(機器は300台を用意します)

参考:本件以外のAI関係の講演会のご案内

◆公開講演「AI時代の新しい思考法〜本当に幸せな働き方、新しい価値の作り方〜」

日時 2019年6月14日(金)19:00~20:30

講師

・山口 周 氏(独立研究者・著作家・パブリックスピーカー/前コーンフェリー・シニアクライアントパートナー)

・山口 揚平 氏(ブルーマリーンパートナーズ代表)

https://www.rikkyo.ac.jp/events/2019/06/mknpps000000uy52.html

◆公開講演会「AIを考える賢い方法:知能マシーン、ロボット、そしてソーシャルメディア(Smarter Way to Think About AI: Intelligence Machines, Bots and Social Media)」

日時 2019年6月5日(水)18:00~20:00

講師

・Anthony Elliot 氏(Professor, The University of South Australia)

https://www.rikkyo.ac.jp/events/2019/06/mknpps000000uy1u.html

以上

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

『センスメイキング』

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

過去に配信したプレスリリース