「今、あなたに贈りたい漢字コンテスト」作品募集開始

2019年5月29日

公益財団法人 日本漢字能力検定協会

ほんの一文字に、ぎゅっと気持ちを込めて

「今、あなたに贈りたい漢字コンテスト」作品募集開始

募集期間 2019年6月1日(土)~9月24日(火)消印有効

 公益財団法人 日本漢字能力検定協会(本部:京都市東山区/代表理事:髙坂節三)は、想(おも)いを託した漢字一字を贈る、第7回「今、あなたに贈りたい漢字コンテスト」を開催し、2019年9月24日(火)まで作品を募集いたします。

 本コンテストは、日頃は言えない素直な気持ちを、漢字一字に託して贈るという趣旨で2013年に始めたもので、今年で7回目の開催となります。過去6回のコンテストで、全国より累計約20万作品のご応募をいただきました。これまで、家族や友人への感謝、自分自身へのエールなど、様々な想いがこめられた作品が数多く寄せられています。

第6回「今、あなたに贈りたい漢字コンテスト」中学生部門絆大賞受賞作品

 誰かに贈る漢字を選ぶ時間は、自分の素直な気持ちと向き合うことにつながります。その点が高く評価され、小学校道徳教科書(『どうとく3 きみが いちばん ひかるとき』光村図書出版)のひとつの単元に採択されているほか、「東京2020応援プログラム」の認証を受けています。

 当協会は、本コンテストを通じて、多くの方々に「漢字」で気持ちを表現することの魅力を感じていただきたいと考えております。

『どうとく3 きみが いちばん ひかるとき』(光村図書出版)

≪コンテスト概要≫

■名称     第7回「今、あなたに贈りたい漢字コンテスト」

■募集テーマ  「贈りたい漢字とメッセージ(120字以内)」

        あなたが伝えたい気持ちを表す漢字(一文字)とメッセージをお寄せください。

■募集部門   ①小学生部門 ②中学生部門 ③高校生部門 ④大学生・一般部門

■募集期間   2019年6月1日(土)~2019年9月24日(火)消印有効

■募集方法   □個人での応募

        【Web】コンテストサイトhttps://www.kanken.or.jp/kanjicontest2019/から応募する。

        【郵送】所定の応募用紙(コンテストサイトよりダウンロード)に記入して郵送する。

        □団体での応募

        応募者全員分の応募用紙(コンテストサイトよりダウンロード)をまとめ、郵送する。

■応募先    〒605-0074 京都市東山区祇園町南側551番地 

        公益財団法人 日本漢字能力検定協会 「今、あなたに贈りたい漢字コンテスト」係

■Twitter        今、あなたに贈りたい漢字コンテスト(@kanji_gift)

■審査員    審査員長  橋本五郎(読売新聞特別編集委員)

        審査員     ゴルゴ松本(お笑い芸人)・やすみりえ(川柳作家)・華雪(書家)

■表彰     絆大賞(各部門1点)・日本漢字能力検定協会賞(同1点)・審査員賞(同3点)・佳作(同10点)

■発表     2020年1月頃 コンテストサイト等で発表

■表彰式    2020年3月頃 公益財団法人 日本漢字能力検定協会 京都本部

                「漢検 漢字博物館・図書館(漢字ミュージアム)」

■後援     公益財団法人 文字・活字文化推進機構  大日本印刷株式会社

≪参考資料≫

第6回「今、あなたに贈りたい漢字コンテスト」概要・受賞作品紹介

■応募期間 2018年6月1日(金)~9月14日(金)消印有効

■結果発表 2019年1月

■応募総数 30,807作品

■受賞作品例 *年齢・肩書きは当時のものです

<小学生部門絆大賞> 大恵 貴子 さん (兵庫県・8歳・西宮市立南甲子園小学校)

<小学生部門絆大賞> 大恵 貴子 さん (兵庫県・8歳・西宮市立南甲子園小学校)

3才から毎日つづけているお父さんとの交かん日記。私は朝に日記を書いて、お父さんは夜に書いてくれるね。どんなにつかれて帰ってきても、次の日には日記を開けるとお父さんの字がかかれている。ありがとう。これからも私とお父さんだけの日記だよ。

<中学生部門審査員賞> 堤 愛富 さん (福岡県・14歳・東福岡自彊館中学校)

<中学生部門審査員賞> 堤 愛富 さん (福岡県・14歳・東福岡自彊館中学校)

マサキくん元気ですか。僕は君に一つ謝らなければならないことがあります。インコに「人間に戻して」を教えたのは僕です。しきりに怖がっていましたね。人間を鳥にする呪いなんてないから安心して大丈夫です。

<高校生部門絆大賞> 須原 英香 さん (長野県・18歳・長野県塩尻志学館高校)

<高校生部門絆大賞> 須原 英香 さん (長野県・18歳・長野県塩尻志学館高校)

私のお父さんは毎朝私と妹のお弁当を作って家を出ていく。普段は不器用ですぐ怒るお父さんだけれど、一切冷凍食品を使わず、朝早くからこしらえてくれる。お父さんのお弁当を食べる頃には温かくはないけど、暖かい。そんな毎日に感謝して私は今日も家を出る。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

第6回「今、あなたに贈りたい漢字コンテスト」中学生部門絆大賞受賞作品

『どうとく3 きみが いちばん ひかるとき』(光村図書出版)

<小学生部門絆大賞> 大恵 貴子 さん (兵庫県・8歳・西宮市立南甲子園小学校)

<中学生部門審査員賞> 堤 愛富 さん (福岡県・14歳・東福岡自彊館中学校)

<高校生部門絆大賞> 須原 英香 さん (長野県・18歳・長野県塩尻志学館高校)

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • 名称 公益財団法人 日本漢字能力検定協会
  • 所在地 京都府
  • 業種 教育サービス
  • URL http://www.kanken.or.jp/
  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中