【マカオ大学主催】豪華登壇者による国際シンポジウム 7/6 開催「ビジネスモデルとしての日本型IR」

立教学院

2019/6/13 10:00

2019年6月12日

立教大学

【マカオ大学主催・立教大学共催】

豪華登壇者による国際シンポジウム 7/6 開催

「ビジネスモデルとしての日本型IR」

【6/28、14:50追記:内容・会場変更)】

※以下の国際シンポジウムは、マカオ大学主催のオープンフォーラムとしてホテルメトロポリタン池袋を会場に開催することになりました。詳細は、以下のURLをご参照ください。

https://www.rikkyo.ac.jp/events/2019/07/mknpps000000v1hi.html

*****以下、元リリース*****

立教大学(東京都豊島区、総長:郭洋春)とマカオ大学は、7月6日(土)に国際シンポジウム「ビジネスモデルとしての日本型IR ~IR を起点とした地域活性化への課題~」を開催します。

日本政府は2019年3月、「特定複合観光施設区域整備法施行令」(IR整備法に係る政令)を閣議決定。4月以降IR(Integrated Resort:統合型リゾート)施設の要件などが順次決定する運びとなりました。ビジネスモデルとしてのIRへの理解が十分とは言えない現状において、地域活性化に象徴される経済的効果がどのようにもたらされるのか国際的な注目を集めています。こうした背景をふまえ、本シンポジウムでは日本型IRにおけるビジネスモデルについて、観光教育の実績を持つ本学として学術的側面を中心に議論する場を提供します。

このシンポジウムは、7 月5 日~7 日に開講するIR 短期管理職講座「グローバルリーダーシップ育成プログラム(GLDP)*」(マカオ大学主催、立教大学共催)の一部を公開シンポジウムとして開催するものです。

*「グローバルリーダーシップ育成プログラム」第7回「日本統合型リゾート~健全社会のIR を目指して」の詳細は以下大学Webサイトを参照。

https://www.rikkyo.ac.jp/events/2019/07/mknpps000000v1en.html

シンポジウムの概要

*タイトル:ビジネスモデルとしての日本型IR ~IR を起点とした地域活性化への課題~

*日 時:2019 年7 月6 日(土)13時30分~17時30分

*場 所:立教大学池袋キャンパス(東京都豊島区西池袋3-34-1)

*登壇者:

①ローレンス・ホー氏 メルコリゾーツ&エンターテインメント・リミテッド会長兼CEO

②秡川 直也氏 観光庁審議官

③テッド・チャン氏 ギャラクシーエンターテインメントジャパン(株)日本地区最高執行責任者(COO)

④ジョージ・タナシェヴィッチ氏 ラスベガス・サンズ社グローバル開発マネージング・ダイレクター、マリーナベイ・サンズ社 社長兼CEO

⑤小池 隆由氏 キャピタル&イノベーション(株)代表取締役社長

⑥大屋 高志氏 タイガーリゾートレジャー&エンターテインメント代表取締役社長

⑦間瀬 和任氏 (株)旅工房MICE セクション部長

※取材をご希望の場合には、別添の申込用紙に必要事項をご記入の上、Email またはFAX にてお申し込みくださいますようお願いいたします。(7/2〆切)

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中