ITADビジネスとしては国内企業で初めて台湾に合弁会社を設立 10月より事業開始

2019年8月15日

株式会社アンカーネットワークサービス

ITADビジネスとしては国内企業で初めて台湾に合弁会社を設立

10より事業開始

株式会社アンカーネットワークサービス(本社:東京都葛飾区)は台湾に合弁会社を設立、東南アジアでのITAD(IT Asset Disposition)ビジネスの拡大を目指します。

来年1月のWindows 7サポート終了を控え、国内外でパソコンの買い替え需要が急増しています。一方で、昨年5月から適用開始となったGDPR(EU一般データ保護規則)の影響で、アジア各国でも法改正が進み、使用済みIT機器に対する適切なデータ消去のニーズが高まりつつあります。当社は2016年に米国の電気・電子機器のリサイクル基準であるR2認証(Responsible  Recycling)を日系企業として初めて取得、台湾国内でのIT資産処分時の情報セキュリティ、環境保護等のニーズに対し、海外にも広く顧客網を持つ台湾企業、佳能國際股份有限公司と合弁会社を設立し、2社のポテンシャルを合わせてITADビジネス規模を拡大します。

社名: 能率昂科循環科技股份有限公司

営業開始: 2019年 10月 15日 予定

代表者: 張 耀仁 (董事長 総経理)

従業員数: 当初3名

アンカーネットワークサービス出向者  寳 誠治 (副総経理)

初年度売り上げ目標: 1億5千万円

□会社概要

{株式会社アンカーネットワークサービス}

1993年5月設立  資本金4350万円  代表取締役 碇 隆司

本社 東京都 葛飾区 新宿三丁目 9番 15号

事業内容 中古IT機器の買取、データ消去サービス、販売等のITAD事業

売上高 25億円(2018年6月期) 社員数 160名

{佳能國際股份有限公司}

1998年8月設立  資本金1億2000万NT$  董事長 章 孝祺

本社 台北市 信義区

事業内容 事務機器及びオフィス家具の売買、レンタル、メンテナンス

売上高 325百万NT$(2018年)  社員数 150名

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中