「へぇこいてもうた!!」失敗は成功のもと『ピンチ!! それはチャンスだ!』7/10発売

高橋書店

2019/7/10 12:00

2019年7月10日

高橋書店

発想の転換・咄嗟の機転で、

子どもたちの

“マイナスをプラスに変える力”をつける

 株式会社高橋書店は、2019年7月10日(水)『ピンチ!! それはチャンスだ!』を発売しました。本書は、日常のピンチシーンをチャンスに変えることで、子どもたちの悩みを解決し、心を豊かにする一冊です。

子どもたちの毎日の生活には「ピンチ!」がいっぱい! 

 子どもたちの毎日は、新しいことでいっぱいです。楽しいことだけでなく、困ったこと・悲しいこともたくさん起こります。大人からすれば些細に思えることでも、子どもたちは初めて経験する状況に戸惑い、思い悩むことがあります。「ピンチをチャンスにする力」は経験によって磨かれるものだからです。

新しい時代を生きる子どもたちに親世代が望む力とは

 ウーマンエキサイトによる<令和時代「親が子どもに望むこと」調査>において、回答が多かったのは「失敗しても立ち直れて成長できること」(46.0%)、2位は「自分の力で道を切り開けること」(38.9%)でした。8割以上の親が、子どもたちに「失敗しても立ち直る力」と「切り開く力」をつけてほしいと期待しているようです。(※1)

 『ピンチ!! それはチャンスだ!』は、まさに、親世代が子どもたちに望む力。ちょっとした挫折にくじけない心や、逆境を乗り越える発想のポイントを、子供の目線に立って解説します。

足りない経験を補う 「ピンチ」や「チャンス」があることを知っておくことが大切

 本書では30のピンチシーンをチャンスに変える方法をご紹介しています。しかし、ピンチはタイミングや本人の性格、周囲の状況によって、そのあとの展開は変わります。この本で書いていることと、まったくちがう結末になることも。しかしこの本は、悩み・不安の表面的な解決ではなく、根本となる「心の糧作り」を軸にしています。

ピンチ!!でもそれはチャンスだ!_見開き1

他にも…

ピンチ!!でもそれはチャンスだ!_目次

などのピンチを、チャンスに変えるお手伝いをします。

足りない経験は読書で! 追体験できる絶好の機会

 たくさんの経験があれば、試練や苦境を乗り越えるときのヒントになります。しかし、人間の一生の中でできることは限られています。そんな中、本を読むことは、作者や登場人物の経験を「追体験」できる経験値アップアイテムです。

 本書は読書が苦手な子どもでも楽しんで読めるよう、コミックエッセイの体裁を取っています。ちょっと面白くて笑える30の「ピンチ」エピソードは、すべてマンガでご紹介。そのピンチがどんなチャンスなのかの説明を、フリーレイアウトで解説します。

ピンチ!!でもそれはチャンスだ!_見開き2

ピンチ!!でもそれはチャンスだ!_見開き3

ピンチ!!でもそれはチャンスだ!_見開き4

頭ごなしに「こうすべき!」とは言わず、子どもの心に寄り添う

 人によってものの感じ方や価値観は違います。「こうするのが良い」とわかっても、できない時もあります。決めつけや、押し付けは、大人も子どもも気持ちの良いものではありません。

 本書はいろいろなピンチ(失敗)に、「こんな捉え方もできるよ」「こんな風に考えたら楽しいよ」と別の視点を提案します。マイナスと感じるものをプラスに転じる考え方や、発想転換の仕方を学べる工夫を随所にちりばめました。心を軽くできる着想がたっぷりなので、「少し疲れたな…」と感じた時、大人の方にもおすすめです。

書誌情報

ピンチ!!でもそれはチャンスだ!_書影

ピンチ!! それはチャンスだ!

監修:大野正人

価格:定価1,200円+税

みなさんの「ピンチをチャンスに変えた」エピソード大募集!

ピンチ博士のチャンスに変えるひろば》 公開中!

※1 ウーマンエキサイト「令和時代「親が子どもに望むこと」調査。1位は“失敗しても立ち直る力”【パパママの本音調査】 Vol.338」(ウーマンエキサイト×まちcomi調べ )より

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

ピンチ!!でもそれはチャンスだ!_書影

ピンチ!!でもそれはチャンスだ!_見開き1

ピンチ!!でもそれはチャンスだ!_見開き2

ピンチ!!でもそれはチャンスだ!_見開き3

ピンチ!!でもそれはチャンスだ!_見開き4

ピンチ!!でもそれはチャンスだ!_目次

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

    過去に配信したプレスリリース