東京都東村山市と東京2020オリンピック・パラリンピックホストタウン事業に関する協定を締結

meiji

2019/7/25 11:30

2019年7月25日

株式会社 明治

東京2020オリンピック・パラリンピック ホストタウン事業を連携して実現

東京都東村山市と東京2020オリンピック・パラリンピック

ホストタウン事業に関する協定を締結

東村山市と連携し、健康・食などの地域課題も解決

 株式会社 明治(代表取締役社長:松田 克也)は、中華人民共和国を交流国として東京2020オリンピック・パラリンピックのホストタウン事業を行う東京都東村山市と、ホストタウン事業の推進や地域課題の解決に向け連携することを目的に、7月24日(水)に「ホストタウン事業に関する連携協定」を締結しました。

締結式の様子

 

 当社は東京2020のゴールドパートナー(乳製品・菓子)として、大会成功に向けた取り組みや機運醸成に向けた取り組みを推進しています。また、東村山市が交流を行う中華人民共和国蘇州市には、当社の牛乳・ヨーグルトなどの生産拠点を設けており、当社にとっても非常に関係が深い都市となっています。

 このような背景から、東京都東村山市と協定を締結し、ホストタウン事業に関する連携を通じて、地域における機運の醸成を図るとともに、東京2020オリンピック・パラリンピック後の健康や食に関する地域課題の解決に向けた取り組みも連携し推進していきます。

【連携・協定事業概要と予定している具体的な取り組み】

(1)中華人民共和国の事前キャンプ誘致などへの支援

(2)東村山市民の健康増進、食育活動の推進

(3)東村山市・蘇州市スポーツ交流事業への支援

(4)文化的、人的、経済的分野での情報の相互提供、連携した取り組みの推進

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

    過去に配信したプレスリリース