若い蔵元が醸す日本酒の魅力をしっかり伝え、日本酒ファンを増やすイベントを実施

フォーブス

2019/7/26 14:00

2019年7月26日

日本の美味しい心を伝えるお店「銀座 夢酒みずき」

入手困難な憧れの酒に酔いしれる「FASCINATION SAKE WEEK」7/29(月)~

ホテル・レストランの運営およびコンサルティングをおこなう株式会社フォーブス(代表取締役:松崎充宏)が運営する和食店「銀座 夢酒みずき」(東京都中央区銀座6-7-6 ラペビルB1  TEL:03-5537-1888)では、時代をリードする人気蔵元が醸す魅惑の日本酒を複数ご用意する週替りイベント「FASCINATION SAKE~魅惑の日本酒~WEEK」を7月29日(月)より4週にわたって行います。

    

近年、日本酒全体の国内出荷量は減少傾向にありますが、消費者の志向が量から質へと変化してきており、吟醸酒や純米酒などの「特定名称酒」に限ってみると、ここ数年増加傾向にあります(※)

平成の時代になってから蔵元の世代交代が進み、造り手が若返って新しいコンセプトの日本酒造りが行われるようになりました。先駆けとなったのは、山形県・高木酒造の「十四代」であり、その影響を受けた若い蔵元たちが革新的な酒造りに挑み始め、特徴ある日本酒が次々と生まれています。

日本酒好きが集まる当店を見渡しても、各地で行われる日本酒イベントの盛況ぶりをみても、昨今、耳にする「若者の日本酒離れ」は本当なのか?と思います。若い蔵元たちが醸す日本酒の魅力をしっかりと伝えることで、さらに日本酒ファンを増やすことができるのではないかと考え、当イベントを企画しました。

(※)「日本酒をめぐる状況」農林水産省(平成28年3月22日)参照

【イベント概要】

・イベント名 「FASCINATION SAKE~魅惑の日本酒~ WEEK」

・実施期間  7月29日(月)~8月31日(土)

・実施内容  時代をリードする人気蔵元が醸す魅惑の日本酒を週替わりで複数ご用意。

       原料米や精米歩合、醸造年度などの違いを飲み比べ体験できます。

       また、それぞれの蔵元の味わいとペアリングでお楽しみいただける特別メニューも

       週替わりでご用意します。遊び心あふれたオリジナル料理に舌鼓を打ちながら、

       憧れの酒に酔いしれていただけます。

■新政(新政酒造・秋田県秋田市) 7月29日(月)~8月3日(土)

 ・新政 NO.6 R-type(精米歩合:麹米50%、掛米60%)

 ・新政 NO.6 S-type(精米歩合:麹米50%、掛米50%)

 ・新政 NO.6 X-type(精米歩合:麹米40%、掛米40%)

 ・新政 ラピス 美山錦(精米歩合:麹米40%、掛米50%)

 ・新政 エクリュ 酒こまち(精米歩合:麹米40%、掛米60%)

 ■而今(木屋正酒造・三重県名張市) 8月5日(月)~8月10日(土)

 ・而今 特別純米

 ・而今 八反錦 純米吟醸

 ・而今 雄町 純米吟醸

 ・而今 三重県名張産山田錦 純米大吟醸  ほか

■黒龍(黒龍酒造・福井県永平寺) 8月19日(月)~8月24日(土)

 ・黒龍 石田屋 熟成大吟醸純米酒

 ・黒龍 二左衛門 斗瓶囲い大吟醸純米酒

 ・黒龍 しずく 大吟醸  ほか

■十四代(高木酒造・山形県村山市) 8月26日(月)~8月31日(土)

 ・十四代 吟撰 吟醸 2019

 ・十四代 吟撰 吟醸 2018

 ・十四代 白鶴錦 純米大吟醸 2019

 ・十四代 白鶴錦 純米吟醸 2018

 ・十四代 愛山 中取り純米吟醸 2019

 ・十四代 愛山 中取り純米吟醸 2018

※無くなり次第終了になるものもございますのでご了承ください

【夢酒みずき 店舗概要】

日本酒と和食が好きなお客様を銀座で接待したい方におすすめのお店

住所:東京都中央区銀座6-7-6 ラペビルB1

交通:地下鉄銀座駅B5出口 徒歩3分/JR有楽町駅 徒歩5分 

電話:03-5537-1888  

店長:中川 

営業時間:月~金17:00~23:00 

土 17:00~22:00

定休日:日・祝

        ※お盆休業 8月11日(日)~18日(日)

席数:全55席(カウンター席あり)

URL: http://www.musshu.jp/mizuki/

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

過去に配信したプレスリリース