鉄道の「顔」にこだわった新シリーズ登場!トミックス「鉄顔コレクション」2019年9月26日(木)発売

タカラトミー

2019/9/25 11:00

2019年9月25日

株式会社トミーテック

トミーテックから、1/80スケールの

鉄道の「顔」にこだわった新シリーズが登場!

車両標本シリーズ 「鉄顔コレクション」

2019年9月26日(木)発売

~ コレクション新シリーズ始動!鉄道を身近に感じる悦び ~

タカラトミーグループの株式会社トミーテック(代表取締役社長:岩附美智夫/所在地:栃木県下都賀郡)は、1/80スケールで鉄道車両の先頭部を再現した「鉄顔(てつがん)コレクション」(全7種/各1,000円/税抜き)を2019年9月26日(木)から全国の量販店ホビー売場、鉄道模型店、インターネットショップ、タカラトミー公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」(takaratomymall.jp) 等にて発売いたします。そのままコレクションしてもよし、身に着けてもよし、飾りかたのアイデア次第では、今までにない鉄道を身近に感じられるオリジナル空間を作ることができます。

◇◆ラインナップ◆◇ 

 第1弾となる今回は、現在首都圏の各地で活躍しているE231系電車と、かつて全国を駆け巡っていた113系電車をラインナップし、シークレットカラー1種を含めた7種類のうちどれか1つがパッケージに入った形態で発売いたします。また、表面にトンネルの出口をイメージしたイラストが印刷され、背面に交通系ICカード等を1枚収納できる専用カードケースも同時発売いたします。

◇◆リアルな造形とギミック◆◇ 

車体の造形・塗装は「TOMIX(トミックス)」の鉄道模型に匹敵する、高い再現度を誇ります。正面のガラスやライトはクリアパーツを使用し、屋根の採光部分に光源を当てることでヘッドライトが光る雰囲気が味わえます。

【シリーズ立ち上げの背景】

「より多くの方が鉄道への親しみを感じ、興味を持ってほしい」「誰もが楽しめる鉄道グッズを作りたい」

という思いから「鉄顔(てつがん)」の企画は始まりました。「鉄顔」は、1976年から鉄道模型ブランド「TOMIX」

を展開しているトミーテックだからこそ実現できる、ハイクオリティな造形を気軽に楽しめる鉄道グッズです。ファミリーや、女性、訪日観光客などへ鉄道との新たな出会いを、そして鉄道ファンには今までにない新たな楽しみ方を提案してまいります。

【使用想定イメージ】

◇◆商品詳細◆◇

発売日      :2019年9月26日(木)

取扱店      :全国の量販店ホビー売場、鉄道模型店、一部のNewDays(10/1~発売)、

         インターネットショップ、

         タカラトミー公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」(takaratomymall.jp) 等

※取り扱いのない店舗もございますので予めご了承ください

許諾表記     :JR東日本商品化許諾申請中、JR西日本商品化許諾申請中

対象年齢     :15歳以上

鉄顔コレクション 公式サイト:www.tomytec.co.jp/diocolle/tetsugan

商品名1     :鉄顔コレクション

ラインナップ   :第1弾 全6種+シークレット1種

         JR E231系1000番代 湘南色【JR東日本】

         JR E231系0番代 常磐線【JR東日本】

         JR E231系0番代 中央・総武緩行線【JR東日本】

         JR 113系2000番代 湘南色【JR東日本】

         JR 113系2000番代 関西本線【JR西日本】

         JR 113系2000番代 阪和線【JR西日本】        

内容物      :本体×1

※前面行先表示は印刷済です

サイズ                :車両本体 約W40mm×H55mm×D20mm

希望小売価格   :各1,000円(税抜き)

商品名2     :鉄顔コレクション専用カードケースA(トンネル・縦)

内容物              :カードケース本体×1、ブリスターカバー×1、

ボールチェーン×1

サイズ                :車両全長 約W65mm×H105mm×D10mm 

希望小売価格       :1,000円(税抜き)

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

過去に配信したプレスリリース