「リレー・フォー・ライフ・ジャパン2019 京都」9月28日から京都薬科大学で開催

京都薬科大学

2019/9/17 10:00

2019年9月17日

京都薬科大学

「リレー・フォー・ライフ・ジャパン2019 京都」

9月28日から京都薬科大学で開催

―24時間がんと向き合う患者の支援とがん征圧を目指すチャリティーイベント―

 がん患者やご家族を支援し、がん征圧を目指すチャリティーイベント「リレー・フォー・ライフ・ジャパン2019 京都」が9月28日(土)14時~9月29日(日)9時にかけて、京都薬科大学(京都市山科区)で開催されます。

 「リレー・フォー・ライフ・ジャパン2019 京都」は「Shake Hands〜つなごう命〜愛と笑顔で」をテーマに、がん患者とそのご家族、支援者が交代で夜を徹して歩く「夜通しウォーク」やがんサバイバーの方との語り合い・触れ合いなどを通して、がん征圧への願い、がんと向き合う方々の絆を深めることを目的とするイベントです。今年は本学大学院生を実行委員長に、学生ボランティア約15人がイベントに参画。長丁場のウォークではチアダンスによる応援や、がんに関する講演会、メッセージを書いた紙袋をキャンドルで照らすルミナリエセレモニーなどの企画やブース出展が予定されています。

 また、本イベントに参加することで、①がん患者とそのご家族にとって、互いの1年を分かち合い、また次の1年に立ち向かう励みとして、②支援者や地域住民には、がん治療の現状を知り、各自ができることを考えて協力。さらに、がん検診の受診など、自分自身の意識の変化や行動のきっかけに、③将来、医療人となる本学をはじめとする学生にとっては、がん患者とのコミュニケーションを通してがん治療の現実を直接学ぶといった、それぞれにとって貴重な機会になっています。

 リレー・フォー・ライフ・ジャパンは、京都府では2011年に初めて開催し、今年で9年目を迎えるイベントで、リレー・フォー・ライフ・ジャパン京都実行委員会および公益財団法人 日本対がん協会が主催しています。がん治療薬、がん薬物療法などのがんに関する研究・教育活動を行う本学は当イベントの趣旨に賛同、2017年から会場・施設を提供しています。2017年からの参加者数は、2017年300人(うち、がんサバイバー37人)、2018年は243人(同24人)でした。今年度の実施概要は次のとおりです。

「リレー・フォー・ライフ・ジャパン2019 京都」実施概要

開 催 日 時        :   9月28 日(土)14時~9月29日(日)9時(出入り自由)

開 催 場 所        :   京都薬科大学 中央庭園

主     催    :   リレー・フォー・ライフ・ジャパン京都実行委員会

                               公益財団法人 日本対がん協会

共   催      :   京都府  

後   援      :   厚生労働省

                              京都薬科大学・多様な新ニーズに対応する

                            「がん専門医療人材(がんプロフェッショナル)」養成プラン(文部科学省)

                               京都市/京都ノートルダム女子大学 /(公財)京都新聞社会福祉事業団/

                              (一財)京都予防医学センター

特 別 後 援        :   アメリカ対がん協会

参 加 方 法        :   会場内受付にて参加受付(事前申込不要)

参  加  費          :   500円(大学院生以下・がんサバイバーは無料)

U R L       :   https://relayforlife.jp/kyoto/

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中