「2019ブリヂストンワールドソーラーチャレンジ」出場の32チームへのタイヤ供給

ブリヂストン

2019/9/27 14:00

2019年9月27日

株式会社ブリヂストン

「2019 Bridgestone World Solar Challenge」出場の32チームに低燃費タイヤ技術を搭載したソーラーカー用タイヤを供給

株式会社ブリヂストンは、タイトルスポンサーをつとめる「2019 Bridgestone World Solar Challenge(ブリヂストンワールドソーラーチャレンジ、以下BWSC)」に参戦する32チームに、ブリヂストンの低燃費タイヤ技術を搭載したソーラーカー用タイヤを供給します。

2019年10月13日より開催されるBWSCは、2年に1度オーストラリアで開催される世界最高峰のソーラーカーレースです。各参戦するチームは、オーストラリア北部の都市ダーウィンから南部の都市アデレードまでの約3,000 kmを約5日間かけて走破します。

ソーラーカー用タイヤとして供給する「ECOPIA with ologic」は、ブリヂストンの低燃費タイヤ技術「ologic」のコンセプトを採用した、ソーラーカー用の低燃費タイヤで、耐久性を確保しながら、転がり抵抗の低減を図ったタイヤです。「ologic」は、狭幅・大径のタイヤ形状により、低燃費と安全性を高次元で両立する当社のタイヤ技術です。タイヤの大径化により、接地部分の変形を抑制し、車両の燃費向上に関わるタイヤの転がり抵抗を低減するとともに、狭幅化により走行時の空気抵抗も低減しています。

ソーラーカー用タイヤとして供給する「ECOPIA with ologic」

ソーラーカー用タイヤとして供給する「ECOPIA with ologic」

当社は、CSR体系「Our Way to Serve」の中で、「モビリティ」「一人ひとりの生活」「環境」を3つの重点領域として掲げています。BWSCは、「ソーラーカーの開発への貢献」と「若きエンジニアのサポート」「太陽光という新たな動力源を活用することによる環境への貢献」を主目的とし、当社の理念を体現できるものと考えています。当社は、BWSCを通じて、イノベーションと先進技術を通じて、事業と環境保全を両立し、「持続可能な」社会の実現を目指すとともに、人々が快適に移動し、生活し、働きそして楽しむことに貢献していきます。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付ファイル

プレスリリース添付画像

ソーラーカー用タイヤとして供給する「ECOPIA with ologic」

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中