「ウィンドチャレンジャー」が硬翼帆式風力推進装置の設計に関する基本承認を取得

金沢工業大学

2019/10/3 16:53

2019年10月3日

金沢工業大学

金沢工業大学ICCがプロジェクトメンバーとして参画する

硬翼帆式風力推進大型商船「ウィンドチャレンジャー」が設計基本承認。

「帆」をもつ大型商船実現で温室効果ガス削減を狙う

 金沢工業大学ICCがプロジェクトメンバーとして参画する硬翼帆式風力推進大型商船「ウィンドチャレンジャー」が一般財団法人日本海事協会より硬翼帆式風力推進装置の設計に関する基本承認をこのたび取得しました。硬翼帆の構造およびその制御に関する基本設計が終了したことで、引き続き詳細設計を進め、2022年中に硬翼帆を1本実装した新造船の運航開始を目指します。

 このたび設計基本承認を取得したウィンドチャレンジャーは風力エネルギーを伸縮可能な硬翼帆によって推進力に変換する大型商船で、硬翼帆の開発には金沢工業大学COIにおける研究が活用されています。

 硬翼1本帆による温室効果ガス削減効果は日本-豪州航路で約5%、日本-北米西岸航路で約8%を見込ます。

 当取組の詳細については、別紙の株式会社商船三井と株式会社大島造船所によるプレスリリース「ウィンドチャレンジャーが設計基本承認を取得~温室効果ガス削減を狙い『帆』を持つ大型商船実現へ」をご覧ください。

→ https://www.mol.co.jp/pr/2019/19074.html

 学校法人金沢工業大学革新複合材料研究開発センター(ICC)を中核拠点とする金沢工業大学COIは、文部科学省が設けた「革新的イノベーション創出プログラム(COI stream)」で採択された全国に18あるCOI(Center of Innovation)拠点のひとつです。COIが目指すビジョンのひとつである「活気ある持続可能な社会の構築」において、炭素繊維を中心とした革新複合材料による次世代インフラシステム実現に向けた研究に取り組んでいます。

【本件に関する問い合わせ先】

学校法人金沢工業大学 革新複合材料研究開発センター

電話076-276-3100 メール:icc-info@mlist.kanazawa-it.ac.jp

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中