ギュスターブ・ルシーの研究によれば、ホルモン療法は女性のクオリティ オブ ライフに化学療法よりも大きなインパクトをもたらします

Institut Gustave Roussy

2019/10/10 11:42

ギュスターブ・ルシーの研究によれば、ホルモン療法は女性のクオリティ オブ ライフに化学療法よりも大きなインパクトをもたらします

AsiaNet 80938

                                                                                               2019年10月8日、ヴィルジュイフ

パリ、2019年10月9日/PRニュースワイヤー/ --

本日「Annals of Oncology(腫瘍学年報)」上で発表されたコホートCANTOの分析は、「乳がんに侵された女性のクオリティ オブ ライフにホルモン療法と化学療法がもたらすインパクト」に関するこれまでの概念を覆す内容を明らかにしています。従来の一般理解に反し、乳がんに高い効果を有するホルモン療法が、とりわけ閉経を迎えた女性に対してより強く長期的なインパクトをもたらしうること、化学療法のマイナス影響は前者に比すとより過渡的であることが明らかにされました。5~10年にわたるホルモン療法が世界的に推奨されている現在、抗ホルモン治療に対して深刻な症状を示す女性に適切な処置を講じ、治療上の漸減を享受しうる女性を特定することが要されます。

乳がんの腫瘍学者であり、ギュスターブ・ルシーの「癌腫学における新治療ターゲットの特定」研究部( (Inserm/パリ・シュッド大学/ギュスターブ・ルシー)の研究員でもあるイネス・ヴァズ=ルイス医師のもとで、これらの研究が進められました。

マルチメディアのニュースリリースは:

https://www.multivu.com/players/uk/8624051-hormone-therapy-journal-annals-oncology/

ヴァズ=ルイス医師によれば、「コホートCANTOの分析結果によって、抗ホルモン治療が女性のクオリティ オブ ライフに与えるインパクトが、化学治療のものより低いとはいえないことがはじめて明らかにされました。それどころか診断時に観察されるクオリティ オブ ライフの悪化が2年後にも存続し、化学療法の影響の方がより過渡的であることが分かりました」。

この研究の枠内において、研究者が診断時、1年後、そして2年後にわたって4262名に上る乳がん患者(ステージ1~3)のクオリティ オブ ライフを測定しました。これらの患者の治療は手術と、それぞれに化学療法と放射線療法が組み合わされています。この治療の後に、約70%の患者が最低5年間のホルモン治療を受けています。研究チームはあらゆるタイプのがん患者に用いられるクオリティ オブ ライフ測定ツール(EORTC QLQ-C30)と、乳がん患者に用いられるクオリティ オブ ライフ測定ツールを連合的に使用しています (QLQ-BR23)。

研究対象とされた患者全般において、診断2年後に全体的なクオリティ オブ ライフの悪化が観察されています。この悪化はホルモン療法を受けた患者において多く見られ、なかでも閉経後の患者に目立って観察されました。対する化学療法のインパクトは閉経前の患者に多く、特に認知機能の低下となって表れています。

https://doi.org/10.1093/annonc/mdz298

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/1007742/Institut_Gustave_Roussy.jpg

(日本語リリース:クライアント提供)

Breast Cancer: Hormone Therapy Has a Bigger Impact Than Chemotherapy on Women's Quality of Life - Research by Institut Gustave Roussy

PR80938

PARIS, October 9, 2019, /PRNewswire=KYODO JBN/--

Analysis of the CANTO cohort published in the journal Annals of Oncology will upset

received wisdom on the effects that hormone therapy and chemotherapy have on

the quality of life in women with breast cancer. Contrary to the commonly held view,

2 years after diagnosis, hormone therapy, a highly effective breast cancer treatment

worsens quality of life to a greater extent and for a longer time, especially in

menopausal patients. The deleterious effects of chemotherapy are more transient.

Given that current international guidelines recommend the prescription of hormone

therapy for 5 to 10 years, it is important to offer treatment to women who develop

severe symptoms due to hormone antagonist medication and to identify those who

might benefit from less prolonged or intensive treatment strategies.

To view the Multimedia News Release, please click:

https://www.multivu.com/players/uk/8624051-hormone-therapy-journal-annals-oncology/

This work was directed by Dr Inès Vaz-Luis, specialist breast cancer oncologist

and researcher at Gustave Roussy in the lab "Predictive Biomarkers and Novel

Therapeutic Strategies in Oncology" (Inserm/Université Paris-Sud/Gustave Roussy).

"This analysis of the CANTO cohort shows for the first time that anti-hormonal

treatments do not have lesser effects than chemotherapy on women's quality of

life. Quite the contrary, as the diminution in quality of life which is noted at diagnosis is

still present two years later, whereas the impact of chemotherapy is more temporary,"

explained Dr Vaz-Luis.

In this study, researchers measured quality of life in 4,262 patients with

localised breast cancer (stage I to III) at the time of diagnosis and at one

and two years thereafter. Primary treatment for these patients was surgical

and, for some of them, administration of chemotherapy and/or radiotherapy.

About 75-80% of them then took hormone therapy for at least 5 years.

Quality of life was measured using a tool which assesses general quality of life in

patients with all types of cancer (EORTC QLQ-C30) combined with a tool more

specifically designed for use in breast cancer (QLQ-BR23).

For the population studied as a whole there was an overall deterioration in the

quality of life at two years from diagnosis. This deterioration was greater in patients

who had received hormone therapy, especially after the menopause. By contrast,

chemotherapy had a bigger effect on quality of life in non-menopausal patients,

especially in terms of worsening of cognitive functions.

https://doi.org/10.1093/annonc/mdz298

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/1007742/Institut_Gustave_Roussy.jpg

SOURCE: Institut Gustave Roussy

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中