IOF:世界中で3秒に1回骨折が・・・それは骨粗しょう症

国際骨粗しょう症財団(The International Osteoporosis Foundation (IOF) )

2019/10/18 09:40

IOF:世界中で3秒に1回骨折が・・・それは骨粗しょう症

AsiaNet 80954

ジュネーブ(スイス)、2019年10月18日/PRニュースワイヤー/ --

マリーンは、体の不自由な母の介護でかがんだ時に脊椎を骨折。ロー・ランは自宅のカーペットのたるみにつまずいて転倒し、腰を骨折しました。

2人の女性には共通点があります。骨が弱ってガラスのようにもろくなる病気、骨粗しょう症であることに気付いていなかったのです。骨粗しょう症の人は、立っている高さからちょっと転んだり、くしゃみをしたり、靴ひもを結ぼうとかがんだりしただけでも骨折することがあります。

世界中では50歳以上の女性の3人に1人、男性の5人に1人が骨粗しょう症関連の骨折を起こします。およそ2億人がかかっており、3秒に1回骨折が起きています。

10月20日の世界骨粗しょう症デー(World Osteoporosis Day) に国際骨粗しょう症財団(IOF:International Osteoporosis Foundation)と世界250の会員団体は、すべての高齢者が骨粗しょう症リスクファクターを自覚し、リスクがある場合は医師の診察を受けるよう呼びかけています。

骨粗しょう症が潜んでいると思われる要素はたくさんありますが、最も一般的なものは、50歳を過ぎて軽い転倒で骨折;4センチ(約1.5インチ)以上の身長低下;グルココルチコイドの長期投与ほか薬の影響;虚弱で低体重;親に骨粗しょう症または腰部骨折の病歴がある、などです。手早く簡単な方法でリスクを知るには、新しいオンラインのIOF骨粗しょう症リスクチェック(IOF Osteoporosis Risk Check:http://riskcheck.iofbonehealth.org/ )をご覧ください。

高齢期の骨折は、人生を変えてしまうことがあります。激痛、長期にわたるリハビリ、長期的な身体障害、人の世話に頼らなくてはならなくなる、生活の質の低下など、どれもありがちなことです。腰部骨折は生死にかかわるもので、生き残った人の機能低下や自立性の喪失は深刻です。40%の人が一人では歩けなくなり、60%は1年後にも補助を必要とします。このような低下が原因で、33%は腰部骨折後の1年間全面的に依存するようになるか、介護施設に入るのです。

IOF会長のサイラス・クーパー(Cyrus Cooper)は、次のように述べています。

「成人は皆、骨の健康を最優先にしなくてはなりません。丈夫な骨と筋肉を維持するのは、高齢になってからの活動的で身軽な将来への鍵です。あなたにリスクがあるなら、遠慮なく医師に検査を依頼し、必要な場合は適切な治療をしてもらいましょう。現在では、腰部骨折のリスクを最大40%、脊椎骨折を30~70%軽減することが分かっている有効な骨粗しょう症の治療法が色々あります」

IOFはまた、骨の健康を最優先して脆弱性骨折に関わる自国の高額な人的・経済的負担を減らすよう、保健機関に呼び掛けています。

クーパー教授は次のように付け加えます:「この分野の専門家として、我々は世界的な行動を促す患者の団体に加わります。治療のギャップは蔓延しており、非常にリスクの高い患者でさえ骨折の予防がなされないままになっているのです。すでに脆弱性骨折を起こしている人は今後も非常に骨折しやすく、1年以内に別の骨折を起こすリスクが5倍になります。しかしながら、これらの患者の約80%は、隠れた原因である骨粗しょう症の特定または治療がなされていません」

治療のギャップと世界の脆弱性骨折の危機に対処する主要戦略は、骨折患者を診察するすべての病院に骨粗しょう症リエゾンサービス(Fracture Liaison Services)を導入することです。このような組織的で他分野にわたるサービスが患者のケアを向上させて、二次骨折を減らし、最終的には世界中で莫大な骨折関連の医療費を削減します。

世界骨粗しょう症デー(WOD:World Osteoporosis Day)について:

毎年10月20日のキャンペーンは、世界の骨粗しょう症とそれに関連した骨折と闘う世界的行動を呼びかけています。http://www.worldosteoporosisday.org/

WOD公式パートナー:サンスイート(Sunsweet)、武田薬品工業株式会社、メドトロニック(Medtronic)

IOFについて:

国際骨粗しょう症財団は、骨の健康と骨粗しょう症防止に尽力する世界最大の民間非営利団体です。@iofbonehealth、http://www.iofbonehealth.org/ 

メディアお問合せ: L.Misteli、 info@iofbonehealth.org、+41-22-994-0100

インフォグラフィック- https://mma.prnewswire.com/media/1005044/IOF_risks_Infographic.jpg  

写真 - https://mma.prnewswire.com/media/1005045/IOF_osteoporotic_bone_changes.jpg

(日本語リリース:クライアント提供)

IOF: A Fracture Every 3 Seconds Worldwide - That's Osteoporosis

PR80954

GENEVA, Oct. 18, 2019 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

Marine fractured her spine while bending to help her disabled mother. Lo Lan

broke her hip after tripping over a loose carpet in her home.

Both women have something in common. They were unaware that they had

osteoporosis, the disorder which causes bones to become weak and as fragile as

glass. People with osteoporosis can fracture a bone even after the most minor

fall from standing height, or from simply sneezing, or bending to tie a

shoelace.

Worldwide, one in three women and one in five men aged 50 or over will sustain

an osteoporosis-related fracture. Approximately 200 million people are

affected, resulting in a fracture every 3 seconds.

On World Osteoporosis Day, October 20, the International Osteoporosis

Foundation (IOF), together with its 250 member organizations worldwide, urge

all older adults to be aware of osteoporosis risk factors and to consult their

doctors if they are at risk.

Although there are many factors which can point to possible underlying

osteoporosis, among the most common are: a broken bone after age 50 following a

low-trauma fall; height loss of more than 4 cm (ca 1.5 inches); long-term use

of glucocorticoids and other bone damaging medications; being frail and

underweight; and parental history of osteoporosis or hip fracture. A quick and

easy way to alert oneself to possible risk is with the new online IOF

Osteoporosis Risk Check [http://riskcheck.iofbonehealth.org/].

A fracture in one's senior years can be life-changing. Acute pain, lengthy

rehabilitation, long-term disability, dependence on caregivers, and loss of

quality of life are all too common. Hip fractures can be life-threatening and

loss of function and independence among survivors is profound, with 40% unable

to walk independently and 60% requiring assistance a year later. Because of

these losses, 33% are totally dependent or in a nursing home in the year

following a hip fracture.

IOF President Professor Cyrus Cooper, states:

"All adults must make their bone health a priority. Maintaining strong bones

and muscles is the key to an active, mobile future at older age. If you're at

risk, don't hesitate to ask your doctor for testing and an appropriate

treatment strategy if needed. Today, there is a wide range of effective

osteoporosis treatments which have been shown to reduce the risk of hip

fractures by up to 40% and spine fractures by 30-70%."

IOF also calls on health authorities to prioritize bone health and thereby

reduce the costly human and economic burden of fragility fractures in their

countries.

Professor Cooper adds: "As experts in the field we join our patient advocates

in urging global action. A pervasive treatment gap is leaving even the most

high-risk patients unprotected against fractures. An individual who has already

had one fragility fracture is highly vulnerable to further fractures, with a

five times greater risk of another fracture within the first year. Yet

approximately 80% of these patients are neither identified nor treated for the

underlying cause, osteoporosis."

A key strategy to addressing the treatment gap and the global fragility

fracture crisis is the implementation of Fracture Liaison Services in all

hospitals which see fracture patients. Such coordinated, multi-disciplinary

services improve patient care and help reduce secondary fractures – ultimately

decreasing enormous fracture-related healthcare costs around the world.

About World Osteoporosis Day (WOD):

Marked annual on October 20, the campaign calls for global action to fight

osteoporosis and related fractures worldwide. www.worldosteoporosisday.org

WOD Official Partners: Sunsweet, Takeda, Medtronic

About IOF:

The International Osteoporosis Foundation is the world's largest

non-governmental organization dedicated to bone health and osteoporosis

prevention. @iofbonehealth, www.iofbonehealth.org

Infographic -

https://mma.prnewswire.com/media/1005044/IOF_risks_Infographic.jpg

Photo -

https://mma.prnewswire.com/media/1005045/IOF_osteoporotic_bone_changes.jpg

Media Contact: L. Misteli, info@iofbonehealth.org, +41-22-994-0100

Source: The International Osteoporosis Foundation (IOF)

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中