「サービスとしての自動輸送」スタートアップのCODE42がプリA資金調達で2500万米ドル獲得

CODE42

2019/10/30 09:29

「サービスとしての自動輸送」スタートアップのCODE42がプリA資金調達で2500万米ドル獲得

AsiaNet 81296 (2108)

【ソウル(韓国)2019年10月30日PR Newswire=共同通信JBN】今年3月に設立された「サービスとしての自動輸送」スタートアップのCODE42は30日、韓国の大手複合企業のKia Motors(起亜自動車)、SK、LG、CJからの投資によるプリA資金調達で2500万米ドル(300億ウォン)を集めたと発表した。CODE42は3月、現代自動車(Hyundai Motor Company)から170万米ドル(20億ウォン)のシード期投資を得ていた。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20191025/2622305-1

(写真説明:9月30日、CODE42投資調印式に出席するため、韓国のソウル江南区のSERVEONE Buildingに集まった(左から)SK Telecomのヨンサン・ユ副社長(MNO Biz部門責任者)、Kia Motorsのハヌ・パク社長兼CEO(最高経営責任者)、CODE42のチャンヒョン・ソンCEO、LG ElectronicsのI・P・パク社長兼CTO(最高技術責任者)、CJ Corporationのギョンムク・イム最高戦略責任者)

Kia Motorsはリード投資家として同取引に1250万米ドルを投入した。韓国のスタートアップ市場のプリAラウンド資金調達で、2500万米ドルの投資は最大級の規模になる。これまでは通常1000万米ドル以下だった。

新たに調達した資金は、CODE42のコアUMOS(Urban Mobility Operating System、都市交通運営システム)プラットフォームの開発完了、ならびにグローバルな「サービスとしての自動輸送」エコシステムであるUMOS Connectの構築に活用される。「サービスとしての自動輸送」のイネーブラーとしての貢献を約束するUMOSプラットフォームは、自動車送迎サービスからロボタクシー、スマート物流、電子商取引に至るあらゆる段階のモビリティーおよび物流サービスにまたがる自動運転車、ドローン、配送ロボットなど未来のさまざまなモビリティーを統合することが狙いだ。

CODE42のチャンヒョン・ソン最高経営責任者(CEO)は「この投資は、業界最高のわれわれの技術に対する投資家の信頼の証しであり、われわれはパートナーのインフラストラクチャーやサービス能力を生かし、次世代のモビリティーおよび物流サービスのプラットフォームを構築することができる。自動運転やマッピング技術、配送、フリート管理、次世代車内インフォテイメント、関連接続の分野で投資企業と密接に協力していく」と語った。

CODE42は、韓国のソウルに本社を置く「サービスとしての自動輸送」スタートアップであり、元Naver最高技術責任者(CTO)のチャンヒョン・ソン氏が2019年3月に設立した。ソン氏はNaverのCTOやNaver LabのCEOとして、HPやマイクロソフト、Apple(を含む多国籍IT企業と革新的なソフトウエア・エンジニアリングを構築した実績があり、AIスピーカーのClovaや車内インフォテイメントサービスのAWAY、Papago、自動運転技術、HDマッピング、ロボティクス・ソリューションなどさまざまな革新的プロジェクトを立ち上げ、CES 2019で披露している。

ソース:CODE42

Autonomous Transportation-As-A-Service Startup CODE42 Raises USD 25 Million in Pre-A Funding

PR81296

SEOUL, South Korea, Oct. 30, 2019 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

CODE42, an autonomous transportation-as-a-service startup established last

March, announced today that it raised USD 25 million (KRW 30 billion) in Pre-A

funding, with investment by major Korean conglomerates Kia Motors, SK, LG, and

CJ. CODE42 previously raised a seed stage investment of USD 1.7 million (KRW 2

billion) from Hyundai Motor Company in March.

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20191025/2622305-1

(Caption: (from left) On September 30, YoungSang Ryu, EVP (Head of MNO Biz.

Division) of SK Telecom; Hanwoo Park, President & CEO of Kia Motors; Chang-hyun

Song, CEO of CODE42; I.P. Park, President and CTO of LG Electronics; and

KyungMook Lim, Chief Strategy Officer of CJ Corporation met at the SERVEONE

Building in Gangnam-gu Seoul, South Korea to attend the CODE42 Investment

Signing Ceremony.)

As lead investor, Kia Motors contributed USD 12.5 million to the deal. The USD

25 million investment marks one of the largest Pre-A rounds of funding for the

Korean startup market, with past references typically ranging under USD 10

million.

The newly raised funds will be utilized to complete development of CODE42's

core UMOS (Urban Mobility Operating System) platform, as well as establish the

global autonomous transportation-as-a-service ecosystem UMOS Connect. Promising

to serve as the enabler of autonomous transportation-as-a-service, the UMOS

platform aims to integrate various future mobilities such as autonomous

vehicles, drones, and delivery robots to encompass all phases of mobility and

logistics services from ride-hailing to robo-taxis to smart logistics and

e-commerce.

"The investment demonstrates investor trust in our industry-best technology and

enables us to leverage the strength of our partners' infrastructure and service

capabilities to establish a next-generation mobility and logistics service

platform," said Chang-Hyeon Song, CEO of CODE42. "We will be working closely

with investor companies in autonomous driving and mapping technology,

dispatching, fleet management, next-generation in-vehicle infotainment and

associated connectivity."

CODE42, established in March 2019, is an autonomous transportation-as-a-service

startup headquartered in Seoul, South Korea, founded by former Naver CTO,

Chang-Hyeon Song. Having built a track record of innovative software

engineering with multinational IT companies including HP, Microsoft and Apple,

Mr. Song, in his roles as CTO of Naver, and CEO of Naver Lab, successfully led

a variety of innovative projects including the AI speaker Clova,

in-vehicle-infotainment service AWAY, Papago, self-driving technology, HD

mapping and robotics solutions, as demonstrated at CES 2019.

SOURCE: CODE42

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中