カーリング日本代表選手を「ニッポンの食」で応援!

JA全農

2019/10/30 16:38

2019年10月30日

全国農業協同組合連合会(JA全農)

「2019パシフィックアジアカーリング選手権大会」

カーリング日本代表選手を「ニッポンの食」で応援!

〜毎日できたての「おむすび」も提供〜

 JA全農は、11月2日(土)から9日(土)まで、中国・深圳(しんせん)で開催される「2019パシフィックアジアカーリング選手権大会」に参加するカーリング日本代表チーム(男子・女子)の食事を現地でサポートします。

 今大会は、来年の世界カーリング選手権の出場枠をかけた大会で、男子は北海道コンサドーレ札幌カーリングチーム、女子は中部電力が日本代表として出場します。

 全農は、今大会に出場する日本代表チームに以下の食材を提供し、試合間や試合後夜遅くのエネルギー補給に活用していただきます。

品名                        数量

① 全農ブランド パックごはん            70食

② 全農ブランド 味噌汁(ねぎ、ほうれん草、ごぼう) 30個

③ 全農ブランド スープ(たまご、玉ねぎ、ごぼう)  40個

④ 梅干し(JA和歌山県農)               8箱

⑤ 全農ブランド ドライフルーツ           40袋

 また、全農は、大会期間中現地に管理栄養士を派遣し、全農のグループ会社であるJA全農インターナショナル株式会社が輸出した日本産米(新潟県産コシヒカリ)を使用した「おむすび」を毎日、試合前後に日本代表チームに提供します。

 日本代表選手が海外遠征する際、現地の慣れない食事や環境、衛生面で苦労している実情があります。全農は今年から、選手が最高のパフォーマンスを発揮できるよう、全農の海外ネットワークを活用し、日ごろ日本で食べ慣れている和食の提供を始めました。

 今大会に参加する男子日本代表の松村雄太選手は「昨年のカナダで開催された世界選手権でも食事サポートがなければあそこまで戦うことができませんでした。食事のサポートがあるとストレスなく試合に向かうことができます。」とコメントし、女子日本代表の中島星奈選手は「食事サポートがあると日本食が食べられるという安心感があります。白いご飯を食べるとパワーが出ます。ねぎの味噌汁はいつも遠征に持って行きます。」とのコメントを寄せました。

 全農は、今後とも「ニッポンの食」を通じてアスリートの活躍を応援してまいります。

 なお、JA全農広報・調査部が運営する公式ツイッター「全農広報部スポーツ応援」では、カーリング日本代表の試合の様子などを随時発信しています。 https://twitter.com/zennoh_sports

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

カーリング日本代表選手に提供した「ニッポンの食」

カーリング日本代表選手に提供した「ニッポンの食」

カーリング日本代表チーム(男子・女子)

男子日本代表の松村雄太選手(北海道コンサドーレ札幌カーリングチーム)

女子日本代表の中島星奈選手(中部電力)

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中