Gowan社がバイエルから2つの新有効成分フェナミドンとペンシクロンを取得と発表

Gowan Company

2019/12/3 09:20

Gowan社がバイエルから2つの新有効成分フェナミドンとペンシクロンを取得と発表

AsiaNet 81873 (2393)

【ハーペンデン(英国)2019年12月3日PR Newswire=共同通信JBN】

*同社はグローバル殺菌剤ポートフォリオを拡大

Gowan Company, L.L.C.傘下のGowan Crop Protection Limitedは3日、バイエル(Bayer AG)から有効成分であるフェナミドンとペンシクロンの権利を取得する契約を締結したと発表した。この契約には、Consento(TM)、Reason(TM)、Monceren(TM)、Prestige(TM)などの製品登録と商標、および両方の殺菌剤に関連する知的財産とラベルが含まれている。取引は12月1日に完了したが、バイエルとGowanは今後数カ月間協力して、秩序ある引継ぎを促進し、すべての地域で質の高い顧客サービスを維持する。契約の金銭的条件は明らかにされていない。

ペンシクロンは、綿、米、ジャガイモ、芝、野菜などさまざまな作物のリゾクトニアソラニ-に由来する病気を制御するための、葉と種子の殺菌製品である。日本、ブラジル、インド、ロシアなどの国々で幅広いプレゼンスを持っている。

フェナミドンは、水カビや卵菌類の菌類に起因する病気を制御する製品であり、疾病のなかでもブドウ、野菜、ジャガイモ、観賞植物のべと病、葉枯れ病、夏疫病が重要である。フェナミドンは、米国、メキシコ、インド、ロシア、ブラジルで販売されており、世界中の多くの栽培者にとって重要なツールである。

Gowanのマディブーツ哲学の土台は、栽培者が害虫や病気の問題と闘うのをサポートすることである。Gowanは、今回の取得により中核製品の提供が拡大し、栽培者のニーズによりよく応えられるとみている。

▽Gowan Companyについて

米アリゾナ州ユマに本社を置くGowan Companyは作物保護製品、種子、肥料の家族経営の開発、登録、販売会社である。Gowanは革新的な製品開発、消費者保護、高品質生産を通じ、農業と園芸の技術を擁護している。

ソース:Gowan Company

▽問い合わせ先  

Danielle Leeper

Gowan Corporate Communications

+1(928) 539-5497

dleeper@gowanco.com

Gowan Company Announces Acquisition of Two New Active Ingredients, Fenamidone and Pencycuron, from Bayer AG

PR81873

HARPENDEN, England, Dec. 3, 2019 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

--Company Expanding its Global Fungicide Portfolio

Gowan Crop Protection Limited, an affiliate of Gowan Company, L.L.C., announced

today that it has entered into agreements with Bayer AG to acquire  rights to

the active ingredients Fenamidone and Pencycuron.  The acquisition includes

product registrations and trademarks including Consento(TM), Reason(TM),

Monceren(TM), and Prestige(TM), and related intellectual property and labels

for both fungicides. The transactions closed December 1st, although Bayer and

Gowan will work together over the next several months to facilitate an orderly

hand-off and to maintain quality customer service in all geographies. The

financial terms of the agreements were not disclosed.

Pencycuron is a foliar and seed treatment product for the control of diseases

originating from Rhizoctania solani in various crops including cotton, rice,

potatoes, turf and vegetables. It has broad presence in Japan, Brazil, India

and Russia, among other countries.

Fenamidone is a product for control of diseases originating from water molds or

the oomycetes class of fungi, key among them being downy mildew, late blight

and early blight on grapes, vegetables, potatoes and ornamentals. With sales in

the USA, Mexico, India, Russia, and Brazil, Fenamidone is a critical tool for

many growers around the world.  

A cornerstone of Gowan's Muddy Boots philosophy is to help growers combat the

challenges of pests and diseases. Gowan believes this acquisition will expand

its core product offering and allow the company to better serve growers' needs.

About Gowan Company:  Gowan Company, based in Yuma, Arizona, USA, is a

family-owned developer, registrant and marketer of crop protection products,

seeds, and fertilizers. Gowan champions technology for agriculture and

horticulture through innovative product development, public advocacy and

quality production.

SOURCE: Gowan Company

CONTACT: Danielle Leeper, Gowan Corporate Communications, +1(928) 539-5497,

dleeper@gowanco.com

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中