小型トラック・バス用低燃費タイヤ「ECOPIA R214」を2月より発売

ブリヂストン

2019/12/17 15:00

2019年12月17日

株式会社ブリヂストン

わだちでハンドルが取られにくく、環境にもドライバーにも優しい小型トラック・バス用低燃費タイヤ「ECOPIA R214」を2月より発売

株式会社ブリヂストンは、1~3.5トンクラスの小型トラック・バス用低燃費タイヤ※1「ECOPIA R214(エコピア アールニーイチヨン)」を2月より8サイズ発売します。全サイズオープン価格です。

タイヤ

■ タイヤ情報

 ・商品名 : ECOPIA R214

 ・発売サイズ : 8サイズ (15~17.5インチ)

 ・発売日 : 2020年2月3日(月) より全国一斉発売

 ・推奨 : ①高速主体の運送事業者、

       ②高齢者や女性、経験の浅いドライバー等の負担軽減、安全確保を求める運送事業者

今回発売する「ECOPIA R214」は、従来品でも好評いただいている低燃費性能を更に進化させました。当社独自の材料技術「Nano Pro-Tech(ナノ・プロテック)※2」により開発した「LT専用Ecoコンパウンド」および、「エネルギーセービングライン※3」を従来品※4より踏襲するだけでなく、路面に接地するトレッド部のベルト構造などを最適化することで、転がり抵抗を従来品比10%低減※5しました。また、多くのドライバーが気にする、わだち路でハンドルが取られる現象を抑制するために、ショルダー部をラウンド化し、操縦安定性を向上しました。ウェット性能にもしっかりと配慮し、ドライバーの安全運転をサポートしています。

トラック・バス用タイヤの「ECOPIA」ブランドは、優れた低燃費性能を備えながら、雨の日でもしっかり止まる「ウェット性能」、タイヤを長く使うための「摩耗ライフ性能」など、7つの運動性能※6を総合的なバランスで実現しています。運送事業者様の「安全運行」「経費削減」「環境対応」「業務効率化」をサポートするため、当社は引き続き、「ECOPIA」ブランドの更なる商品ラインアップの充実や、グローバル展開、新車への装着拡大を積極的に推進します。また、当社独自の技術によりお客様のニーズに応える商品をお届けし、より安全で快適なクルマ社会の実現に貢献してまいります。

※1 自社従来品との比較で燃費が向上しています。ラベリング制度の対象外商品です。

※2 低燃費・安全性・静粛性・耐久性など求める性能に応じて、ゴムの構造を100万分の1ミリ単位で自在にコントロールし、タイヤのパフォーマンスを極限まで引き出すために生まれた超微細技術。

※3 ひずみエネルギーを最小化する形状設計技術。

※4 従来品とは、「ECOPIA R201」を指します。

※5 詳細は添付資料をご参照ください。

※6 7つの運動性能とは、「転がり抵抗(低燃費性)」「摩耗ライフ性能」「耐偏摩耗性能」「走行音」「ウェット性能」「耐石咬み性能」「氷雪上性能」を指します。「氷雪上性能」は主にスタッドレスタイヤの性能で考慮します。

以上

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

タイヤ

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中