CIIE事務局がニュージーランドと了解覚書

China International Import Expo (CIIE)

2019/12/17 13:49

CIIE事務局がニュージーランドと了解覚書

AsiaNet 82187 (2536)

【オークランド(ニュージーランド)2019年12月16日PR Newswire=共同通信JBN】中国国際輸入博覧会(China International Import Expo、CIIE)事務局代表とNew Zealand Trade and Enterprise(ニュージーランド貿易経済促進庁)は12月9日ニュージーランドのオークランドで開かれた2020年CIIEのためのプロモーションイベントで了解覚書に調印した。

https://photos.prnasia.com/prnh/20191216/2672359-1

(写真説明:CIIE事務局がニュージーランドとの了解覚書に調印)

第2回中国国際輸入博覧会(CIIE)閉幕の1カ月後、海外のロードショーは、外国企業が成長する中国市場に参入し、来年のCIIEでビジネスチャンスをつかむことを歓迎すべくフルに活動している。

2年連続でCIIEに参加したニュージーランド政府と企業は、12月9日にニュージーランドのオークランドで開催されたプロモーションロードショーの後、2020年CIIEへの参加に引き続き関心を示した。

CIIE事務局副ディレクター兼National Exhibition and Convention Center (Shanghai)(上海国家会展中心)理事長であるスン・チェンハイ氏によると、今年のCIIEでのニュージーランドの出展者数は第1回CIIEと比べて約40%増加し、総展示面積も約20%増えた。

ニュージーランドのオークランド事務所の対外関係・貿易担当ディレクター、キャロライン・ビルキー氏は、CIIEを自国企業が中国市場に進出するための優れたプラットフォームとして歓迎した。同氏はまた、ニュージーランド企業が過去2年間にCIIEから恩恵を受けてきたと指摘した。

第2回CIIEには60超のニュージーランド企業が参加し、出展面積は6000平方メートルを超えた。

駐ニュージーランド中国大使館のフアン・ユエフォン経済・商務担当参事官によると、ニュージーランド企業が第3回CIIEをサポートし、中国市場でより重要な役割を果たすことが歓迎される。

同イベントでCIIE事務局とニュージーランド貿易経済促進庁は来年のCIIEのための了解覚書に調印した。

ニュージーランドの最大の貿易相手国である中国は、同国にとり首位の輸出市場であり、輸入元でもある。

公式統計によると、2018年の両国間の二国間貿易額は合計168億6000万ドルだった。ニュージーランドの昨年の中国向け輸出額は110億8000万ドルだった。

第2回CIIEは、1年間の財・サービスの購入で前年を大きく上回る711億3000万ドル相当の仮契約が成立して閉幕した。

詳細な情報はhttps://www.ciie.org/zbh/en/ を参照。

ソース:China International Import Expo (CIIE)

CIIE bureau signs MOU with New Zealand

PR82187

AUCKLAND, New Zealand, Dec. 16, 2019 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

Representatives from the China International Import Expo Bureau and the New Zealand

Trade and Enterprise signed a memorandum of understanding at a promotion event for

the 2020 edition of the CIIE in Auckland, New Zealand on Dec 9.  

https://photos.prnasia.com/prnh/20191216/2672359-1

CIIE bureau signs MOU with New Zealand

A month after the conclusion of the second China International Import Expo (CIIE),

overseas roadshows are in full swing to welcome foreign companies to tap into

the growing Chinese market and seize business opportunities at next year's edition.

Having attended the CIIE for two consecutive years, the New Zealand government

and enterprises expressed continued interest in participating in the 2020 event

after a promotional roadshow in Auckland, New Zealand on Dec 9.

The number of New Zealand exhibitors at this year's CIIE increased by about 40 percent

compared with the inaugural edition, while the total exhibition area also increased by

about 20 percent, said Sun Chenghai, vice director of the CIIE Bureau and chairman of

the Board of the National Exhibition and Convention Center (Shanghai).

Caroline Bilkey, director of Foreign Affairs and Trade at New Zealand's Auckland office,

hailed the CIIE as a great platform for her country's enterprises to expand to the Chinese

market. She also pointed out that New Zealand companies have reaped benefits from

the expo over the past two years.

More than 60 New Zealand companies participated in the second CIIE, accounting

for an exhibition area of more than 6,000 square meters.

New Zealand companies are welcomed to support the third CIIE and play a more

important role in the Chinese market, according to Huang Yuefeng, economic and

commercial counsellor of the Chinese Embassy in New Zealand.

During the event, the CIIE Bureau and the New Zealand Trade and Enterprise

signed a memorandum of understanding for next year's expo.

New Zealand's largest trading partner, China is also the Oceanian country's top

export market and source of imports.

Official statistics show that in 2018, bilateral trade between the two nations totaled

$16.86 billion. New Zealand's exports to China last year were valued at $11.08 billion.

The second CIIE concluded with $71.13 billion worth of tentative deals reached

for one-year purchases of goods and services, a sharp rise as compared to last year.

For more information please visit https://www.ciie.org/zbh/en/

Source: China International Import Expo (CIIE)

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中