TM RobotがAI画像認識技術、スマート工場管理システムを発表 バーチャルとリアルの融合でインテリジェントな生産工場を実現

Techman Robot

2019/12/19 13:08

TM RobotがAI画像認識技術、スマート工場管理システムを発表 バーチャルとリアルの融合でインテリジェントな生産工場を実現

AsiaNet 82234

【東京2019年12月18日PR Newswire】

TM Robotは12月18日、日本の国際ロボット展(iREX)に出展し、最新のスマートファクトリー技術を披露します。生産ラインで活躍する協働ロボットと、短時間で構築できるスマートパレタイジングの統合ソリューション、および人工知能AI画像認識技術により、製造工程の自動化に必要な検査効率を高めることができます。また、生産現場をスマートファクトリー管理システムと連携することによって、バーチャルとリアルを融合したインテリジェントな製造産業を実現させます。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20191217/2673774-1

TMスマートファクトリー

スマートパレタイジングソリューション

この度、TM RobotがリリースするTM オペレーターシリーズ初の新製品ーTM Palletizing Operatorは、短時間で展開できるパレタイジング専用の作業システムです。特徴は付属のソフトウェアを利用して、パレット規格の設定から積載及び、衝突確認まで、手軽にシミュレーションが可能です。また、従来では3ヶ月から半年を掛かる初期設定期間を短縮し、設定完了まで最短5分間でプロジェクトを立ち上げ可能です。TM Palletizingのソリューションは、台湾で初めてISO10218-2の国際第三者安全認証を受けたスマートパレタイジングシステムモジュールであり、CE、13849-1の国際認証も取得済みであるため、物流倉庫業、食品業または製造業においても活用できます。

AIロボットアーム

TM Robotは人工知能を用いたAI画像認識技術を導入し、業界で初めて、既存の画像認識技術とAI技術を1つのロボットシステムに統合しました。外部コントローラを用意する必要がなく、画像認識技術の統合作業にかかっていた労力、時間などのコストを大幅に抑えることができます。TM Robotに組み込まれている画像認識技術は、光源、産業用カメラ、センサーユニットから映像を取得し、ディープラーニングを用いて、物体の形状、種類、色彩など構成要素をより正確に検出できます。さらに、従来の画像認識では克服できなかった、ファクトリーオートメーションにおける検査効率や、様々な産業で品質管理の正確性と効率を高めることが可能になります。TM Robotの人工知能は、生産管理で工場で検測データ指向,デジタル変革をリードしていきます。

スマート工場管理システムTMmanager

TM Robotが提供するスマートファクトリー管理システムーTMmanagerは、リアルタイムモニタリングシステム、データ分析の自動化管理システムが実装された、製造工程と設備のスマート管理に特化した産業用グラフィックコントロールソフトです。

独自開発したアーム管理システム(RMS)は、TM協働アームとシステムを連携し、アームの動作をリアルタイムにモニターすることが可能で、生産現場の制御システム(SFC System)など多くの機能モジュールを用いてファクトリーオートメーション設備を効果的に制御します。TMmanagerは直感的で簡易な操作と、フルカスタマイズ可能なユーザーパネルで、オールラウンドの管理ソリューションを提供します。また、TM Robotは、自社内でハードウェア開発と同時にソフトウェア開発をしており、ロボットアプリケーション以外にも、人工知能AI画像認識の導入やスマートファクトリー管理システムーTMmanagerの開発にも力を入れています。生産ラインのバーチャルとリアルを融合するTMmanagerは、スマートファクトリーに欠かせないベストパートナーになります。

そのほか、TM Plug&Playのパートナー製品であるforce sensorの搭載展示では、サードパーティープログラムソフトを利用し、複雑な曲線を含む動作パスを生成して、力覚コントロールを実現することができます。また、TM 3DVisionの展示では、外部コントローラを必要としない、TM flowのヒューマンインターフェイスとロボットコントロールボックスに組み込まれた3Dビジョン技術を利用し、スマート衝突センサーでランダムピッキングの実演を行います。

日本の調査会社である富士経済のレポートによると、2025年には生産工場で利用される産業ロボットの世界マーケット規模が2018年の2.5倍に拡大し、2兆8675億円に達する予想です。協働ロボットのマーケット規模に関しては、2018年から2019年にかけて約3割成長し、782億円に達すると見込まれています。TM Robotは日本のメディカル・オートメーション設備を製造するオムロン社と戦略セールスで提携するほか、すでに代理店2社、およびシステムインテグレーター数社とパートナー関係を築いています。また、日本の大手自動車メーカーともすでに提携して居り、近い将来には自動車業界以外に、薬品、食品、化粧品業界などに進出し、AI画像認識とスマート工場管理システムを用いて生産工場のスマートソリューションに貢献していきます。

詳細はTM Robotのウェブサイトにご覧ください http://tm-robot.com/

(日本語リリース:クライアント提供)

TECHMAN Robot - AI Vision and Factory Intelligent Management System Unveiled

PR82234

TOKYO, Dec. 18, 2019 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

Building Digitalization and Smart Manufacturing

TECHMAN (TM) Robot will return to the iREX International Robot Exhibition in Japan

on December 18th in full force, unveiling the the brand new chapter of smart manufacturing.

From the human-computer collaboration of the production line, the rapid integration of smart

stacking application solutions and the integration of AI vision improve the inspection efficiency

of automated production. Manufacturing can then connect with the intelligent management

system in the factory, realizing the future of fully integrated virtual smart manufacturing.

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20191217/2673774-1

TM Smart factory

AI - Robotic Arm

TM Robot has been developing the AI vision, and is the industry's first integration of

traditional machine and advanced AI vision in a single robotic system. Without the need

for additional controllers, time and money required in the past, integration have been

considerably reduced. The built-in machine vision of TM Robots integrates with light,

industrial cameras and sensing elements to capture images. The deep learning technology

of AI is also combined in order to accurately sense the shape, type and color of an object

as a means to further enhance the inspection efficiency and difficulty in automated production,

improving the quality inspection and accuracy in different industries. The inspection data is also

used as a guide in manufacturing - a step towards digital transformation.

Factory Intelligent Management System - TMmanager

TMmanager, a factory intelligent management system launched by TM Robot, is an industrial

graphic control software for intelligent management of factory processes and equipment.

It is an automatic management system that consists of real-time system monitoring and

data analysis. The Arm Management System (RMS) exclusively developed by TMmanager

connects to TM's collaborative arms seamlessly, providing real-time monitoring of the operation

of the robotic arms. Functional modules of the factory automation equipment such as

Shop Floor Control System (SFC System) are also effectively managed. With intuitive,

easy and fully customized operation panels, TMmanager offers comprehensive smart

manufacturing management solutions. TM Robot expresses: "Aside from developing robot

applications, we consider ourselves as a software company. From investing in AI vision to

developing factory smart management system 'TMmanager', we are the best indispensable

partner for intelligent manufacturing in terms of virtual integration for manufacturers!"

A Japanese research company, Fuji Keizai, has released and predicted that by 2025,

the global market scale for manufacturing robots used in factories will expand 2.5 times

from 2018, reaching 2.8675 trillion JPY. And the collaborative robot market scale in 2019

will grow by approximately 30% compared to 2018, reaching 78.2 billion JPY. Not only has

TM Robot collaborated with the Japanese pharmaceutical and automation equipment factory,

Omron, in strategic sales, but also proactively developing local distributors. TM Robot currently

have two distributors and several system integrators which have successfully entered the

large Japanese automobile manufacturers. In the future, TM Robot will continue to extend

their development to fields covering automobiles, food and cosmetics. With the supplemented

help of AI vision and factory intelligent management, TM Robot are able to assist industries

to move towards the future of smart manufacturing.

SOURCE: Techman Robot

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中