メルクがPromegaに基礎的CRISPR統合技術のライセンスを供与

メルク(Merck)

2019/12/20 09:43

メルクがPromegaに基礎的CRISPR統合技術のライセンスを供与

AsiaNet 82221 (2558)

【ダルムシュタット(ドイツ)2019年12月20日PR Newswire=共同通信JBN】

*科学者に自然な細胞活性に対する新たな見方を提供し、医薬品開発を加速

大手科学・技術企業、メルク(Merck)(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2673097-1&h=2693526156&u=https%3A%2F%2Fwww.merckgroup.com%2F&a=Merck )は20日、米ウィスコンシン州マディソンに本社を置くグローバルライフサイエンスメーカー、Promega Corp.(プロメガ)(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2673097-1&h=4210133846&u=https%3A%2F%2Fwww.promega.com%2F&a=Promega+Corp.%2C )に、メルクの基礎的CRISPR知的財産への米国でのアクセスを与えるライセンス契約を結んだと発表した。Promegaは、メルクのCRISPRゲノム編集技術を使用し、医薬品開発向けなどの研究製品・サービスを開発する。

Photo - https://mma.prnewswire.com/media/1055734/Merck_CRISPR_Promega.jpg

メルクのウディット・バトラ取締役兼ライフサイエンス事業部門最高経営責任者(CEO)は「このライセンス契約の下で、Promegaは当社の知的財産を使用し、医薬品の有効性、毒性、および全体の開発を決定する上で重要な役割を果たし得るCRISPR編集細胞株を開発する予定だ」と語った。

今回の契約により、研究者は、生理学的あるいは自然なレベルのタンパク質発現をより深く知り、タンパク質の挙動をより正確に理解することができるようになる。

Promegaのビル・リントン社長兼CEOは「このライセンスはCRISPRの可能性をさらに広げてくれる。より重要なのは、科学者に自然な細胞活性に対する新たな見方を提供してくれることだ。これは、がんや神経科学といった多くの応用研究分野に対する非常に意味のある貢献だ」と語った。

Promegaは、タンパク質動力学を研究している顧客の要求に応えるカスタムリクエストに加え、CRISPRノックイン細胞株のポートフォリオを構築中である。

メルクは、オフターゲット効果を低減するペアCas9ニッカーゼや、研究者に医薬品開発の加速や新たな治療法へのアクセスで、より多くの実験的選択肢を提供するプロキシCRISPRなどの技術で、CRISPR知的財産ポートフォリオを拡大し続けていく所存である。

メルクは、哺乳動物細胞への遺伝的統合のためのCRISPR-Cas9の基礎的使用を含め、手法と組成の両方をカバーする22のCRISPR関連特許を世界中で保有している。

ゲノム編集技術のユーザー、サプライヤー両方の立場で、メルクは倫理的、法的基準を慎重に考慮してゲノム編集の研究をサポートしている。メルクは、ゲノム編集に関する、あるいはゲノム編集を利用した研究を含む同社の事業が関与する研究の指針づくりのため、独立した外部のBioethics Advisory Panel(生命倫理諮問委員会)(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2673097-1&h=2970639217&u=https%3A%2F%2Fwww.merckgroup.com%2Fen%2Fcr-report%2F2018%2Fbusiness-ethics%2Fbioethics.html&a=Bioethics+Advisory+Panel )を設立。研究および応用分野で使用できる有望な治療アプローチ情報を提供する際、科学的、社会的問題を考慮した上で、経営上の立場を明確にしている(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2673097-1&h=204171534&u=https%3A%2F%2Fwww.merckgroup.com%2Fcontent%2Fdam%2Fweb%2Fcorporate%2Fnon-images%2Fcompany%2Fresponsibility%2Fen%2Fregulations-and-guidelines%2Fgenome-editing-principle-EN.pdf&a=position )。

▽Promega(プロメガ)について

Promega Corporationは、ライフサイエンス業界に革新的なソリューションと技術サポートを提供するリーダーである。同社の4000の商品は、世界中の科学者がゲノミクス、プロテオミクス、細胞分析、創薬、および人間の識別に関する知見を高めることを可能にしている。1978年創業の同社は、米ウィスコンシン州マディソンに本社を、16カ国に支社を置き、50以上のグローバルな代理店を擁している。Promegaの詳細は、www.promega.com を参照。

メルクの全ニュースリリースは、メルクのウェブサイトで公開されると同時に、電子メールで配布される。オンラインでの登録、サービスの選択変更または中止は、www.merckgroup.com/subscribe まで。

▽メルクについて

メルク(Merck)は、医療、ライフサイエンス、高機能素材分野で事業展開している大手科学・技術企業である。約5万6000人の従業員が、より楽しく持続可能な暮らし方を生み出すことで、何百万もの人々の生活に日々、プラスの変化をもたらそうと努力している。遺伝子編集技術の推進や、最も困難な疾患を治療するための独自の方法の発見から、インテリジェントなデバイスの実現まで、メルクはいたるところにある。メルクは2018年、66カ国で148億ユーロの売上を達成した。

科学的探求と責任ある起業家精神が、メルクの技術的、科学的進歩の鍵となってきた。1668年の創業以来、メルクはこのように繁栄してきた。創業家が今も、上場企業の株式の過半数を所有している。メルクは、「メルク」の名称とブランドに対する世界的な権利を保有している。唯一の例外は米国とカナダで、その事業部門は医療ではEMDセローノ、ライフサイエンスではミリポアシグマ(MilliporeSigma)として、さらにEMDパフォーマンスマテリアルズとして活動している。

ソース:Merck

▽問い合わせ先

karen.tiano@milliporesigma.com

Phone: +49 6151 72 44461

Merck Licenses Foundational CRISPR Integration Technology to Promega

PR82221

DARMSTADT, Germany, Dec. 20, 2019 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

- Gives scientists a new view into natural cell activity, accelerating drug

development

Merck (

https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2673097-1&h=2693526156&u=https%3A%2F%2Fwww.merckgroup.com%2F&a=Merck

), a leading science and technology company, today announced that it has signed

a license agreement providing Promega Corp. (

https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2673097-1&h=4210133846&u=https%3A%2F%2Fwww.promega.com%2F&a=Promega+Corp.%2C

), a global life science manufacturer based in Madison, Wisconsin, USA access

to Merck's foundational CRISPR intellectual property. Promega will use Merck's

CRISPR genome-editing technology to create research products and services,

including those for drug development.

Photo - https://mma.prnewswire.com/media/1055734/Merck_CRISPR_Promega.jpg

"Under this licensing agreement, Promega plans to use our intellectual property

to develop CRISPR-edited cell lines, which can play a major role in determining

drug efficacy, toxicity and overall development," said Udit Batra, member of

the Merck Executive Board and CEO, Life Science.

The agreement will allow researchers to better read the physiological or

natural levels of protein expression, which provides a more accurate

understanding of protein behavior.

"This license further expands the potential of CRISPR, and, more importantly,

gives scientists a new view into natural cell activity," said Bill Linton,

president and CEO, Promega. "This is quite a meaningful contribution to many

areas of applied research in such fields as cancer and neuroscience."

Promega is building a portfolio of CRISPR knock-in cell lines in addition to

custom requests to meet the demands of customers studying protein dynamics.

Merck intends to continue growing its CRISPR intellectual property portfolio

with technologies such as paired Cas9 nickases, which reduce off-target

effects, and proxy-CRISPR, which offers researchers more experimental options

to accelerate drug development and access to new therapies.

Merck holds 22 CRISPR-related patents worldwide covering both methods and

compositions, including the fundamental use of CRISPR-Cas9 for genetic

integration in mammalian cells.

As a user and supplier of genome-editing technology, Merck supports research

with genome editing under careful consideration of ethical and legal standards.

The company established an independent, external Bioethics Advisory Panel (

https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2673097-1&h=2970639217&u=https%3A%2F%2Fwww.merckgroup.com%2Fen%2Fcr-report%2F2018%2Fbusiness-ethics%2Fbioethics.html&a=Bioethics+Advisory+Panel

) to provide guidance for research in which its businesses are involved,

including research on or using genome editing. Merck has also defined a clear

operational position (

https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2673097-1&h=204171534&u=https%3A%2F%2Fwww.merckgroup.com%2Fcontent%2Fdam%2Fweb%2Fcorporate%2Fnon-images%2Fcompany%2Fresponsibility%2Fen%2Fregulations-and-guidelines%2Fgenome-editing-principle-EN.pdf&a=position

) considering scientific and societal issues to inform promising therapeutic

approaches for use in research and applications.

About Promega

Promega Corporation is a leader in providing innovative solutions and technical

support to the life sciences industry. The company's 4,000 products enable

scientists worldwide to advance their knowledge in genomics, proteomics,

cellular analysis, drug discovery and human identification. Founding in 1978,

the company is headquartered in Madison, Wisconsin, with branches in 16

countries and more than 50 global distributors. For more information about

Promega, visit www.promega.com

All Merck news releases are distributed by email at the same time they become

available on the Merck website. Please go to www.merckgroup.com/subscribe to

register online, change your selection or discontinue this service.

About Merck

Merck, a leading science and technology company, operates across healthcare,

life science and performance materials. Around 56,000 employees work to make a

positive difference to millions of people's lives every day by creating more

joyful and sustainable ways to live. From advancing gene- editing technologies

and discovering unique ways to treat the most challenging diseases to enabling

the intelligence of devices – Merck is everywhere. In 2018, Merck generated

sales of €14.8 billion in 66 countries.

Scientific exploration and responsible entrepreneurship have been key to

Merck's technological and scientific advances. This is how Merck has thrived

since its founding in 1668. The founding family remains the majority owner of

the publicly listed company. Merck holds the global rights to the "Merck" name

and brand. The only exceptions are the United States and Canada, where the

business sectors operate as EMD Serono in healthcare, MilliporeSigma in life

science, and EMD Performance Materials.

SOURCE Merck

CONTACT:  karen.tiano@milliporesigma.com Phone: +49 6151 72 44461

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中