モエ・ヘネシーがヴィネクスポのプログラムを発表:「生きた土壌 (リビング・ソイル)」を核としたシェア、エンゲージメント、団結

モエ・ヘネシー(Moet Hennessy)

2020/1/27 11:20

モエ・ヘネシーがヴィネクスポのプログラムを発表:

「生きた土壌 (リビング・ソイル)」を核としたシェア、エンゲージメント、団結

AsiaNet 82657

【パリ2020年1月23日PR Newswire】2020年2月10日~12日に開催されるヴィネクスポ パリ展への参加を表明し、サステナビリティにまつわる議論の場がセッティングされた今、モエ・ヘネシーのプログラムも明らかにされました。3日の会期に専門家が一堂に会してディスカッションや対話を行い、現在のワイナリー像を明らかにするとともに、ワイン産業のエコロジカルな政策への転換を加速化し、持続可能な将来の構築がブレーンストーミングされます。モエ・ヘネシーにとって、このエキシビジョンは「生きた土壌」に対する企業コミットメントをプレゼンテーションするまたとない機会でもあります。

「私たちは、企業経験やアプローチを共有し、専門家たちが争点についての意見交換を行うフォーラムを望んでいました。各国のワイナリー業者が集まるこのヴィネクスポで、持続可能なワイン栽培製造業にまつわる主要な項目が議論されることを期待しています。私たちは、同業者ならびに、持続可能なワイン造りのための変革に加担したいと望むあらゆる人々に向けて門戸を開いています」と、モエ・ヘネシーのCEOフィリップ・シャウスはコメントしています。

マルチメディアのニュースリリースは: https://www.multivu.com/players/uk/8680551-moet-hennessy-at-vinexpo/

ワイン畑、ワイン、スピリットに関する環境的責任を問うリーディングフォーラム

モエ・ヘネシーは、専門家各位で構成されたコミュニティを招いています。このコミュニティは、ワイン畑の責任者、研究者、ソムリエ、各種国際機関からの代表者、非営利団体、テクノロジーやサステナビリティを専門とする新興企業といったメンバーで構成されています。ヴィネクスポの各パネルは、モエ・ヘネシーの専門家や、各国から参加するエキスパートで構成されます。パネルがそれぞれに土壌の現状と生物多様性に言及し、独自の理論や研究成果を発表します。現在のワイン製造モデルに対するソリューションが議論され、環境を重視したモデルへの移行を加速するための手段が模索されます。

このようなディスカッションは、オープン形式のダイナミックな意見交換の場として想定されています。30分の一連の対話に続き、観客を交えた10分間の質疑応答の時間が設けられます。また、共有のひとときとしてモエ・ヘネシーの製品をめぐるテイスティングやマスタークラスの開催も予定されています。

モエ・ヘネシーの企業コミットメント:生きた土壌 

ヴィネクスポの会期を通じ、モエ・ヘネシーはこれまでに取り組んできた企業アプローチやアクションを紹介します。企業は、環境にやさしい装備への大々的な投資、農耕業者やワイン業者に対する新テクノロジー養成、責任あるワイン栽培認定を獲得するためのサポート、科学/学術的プロジェクトの支援などに尽力してきました。この機会に、モエ・ヘネシーの未来に対する企業誓約も明らかにされます。モエ・ヘネシーは、「生きた土壌 (リビング・ソイル)」というテーマのもとに世界各国のコミュニティが集結し、社会的な責任性を有したプログラムが施行されることを望んでいます。

新世代と調和したポリシー

新しい世代の人々は未来の立役者です。そこで、モエ・ヘネシーはこの若い世代に属するメンバーを今回のディスカッションに招いています。ヴィネクスポの最終日には、モエ・ヘネシーのCEOフィリップ・シャウスと彼らの間で、将来のワイン産業に関する特別対話の機会が設けられます。討論に引き続き、2050年のガストロノミーとワインをテーマとしたワークショップが開催される予定となっています。このワークショップにはアラン・デュカスが特別参加し、「Desirable Futures」インスティチュートによって進行されます。実際に、ガストロノミー産業に関与する職はフランス国内外からの才能ある若い世代へのアピール力を高めつつあり、この分野で成された名声はすでに堅固なものとなっています。このような背景から、モエ・ヘネシーでは代表責任者とさまざまな職にたずさわるミレニアル世代の交流とリーダーシップを意図しました。さまざまなメゾンに従事する者、一流シェフ、政治学院や、料理、食のアート、もてなしを学ぶフェランディ校の学生がこの機会に集まります。みなが一体となってサステナブルなガストロノミーの未来を考え、具体的な像を導き出します。

---------------------------

モエ・ヘネシーについて

モエ・ヘネシーは、ラグジュアリー製品における世界的なリーディンググループLVMHのワイン&スピリッツ部門です。モエ・ヘネシーは、世界最大の高級ラインのワイン&スピリッツ企業です。世界中で知名度を誇る22の一流ブランドを傘下に擁します。傘下の各ブランドがそれぞれの土地に根差した味わい、比類なきクオリティ、独自の鑑識を称揚しています。傘下企業:ヘネシー、モエ・エ・シャンドン、ヴーヴ・クリコ、ドン・ペリニヨン、ルイナール、クリュッグ、メルシエ、ベルヴェデール、グレンモレンジー、アードベック、シャンドン、ニュートン、テラザス・デ・ロス・アンデス、クラウディー・ベイ、ケープ・メンテル、ヌマンシア、アオ・ユン、ボルカン・デ・ミ・ティエラ 、ウッディンビル・ウイスキー カンパニー、クロ・ディズヌフ、シャトー・ドュ・ガルぺ。

プレスコンタクト:

Chrystel BROSSETTE

モエ・ヘネシーコーポレート プレス広報&リレーション責任者

cbrossette@moethennessy.com

住所:65-67 avenue de la Grande Armee, 75016 Paris

さらなる情報がご入用の場合、プレスパスをご希望の際にはサイトをご覧下さい。http://moethennessyvinexpoparis.com/

Logo: https://mma.prnewswire.com/media/1034652/Moet_Hennessy_Logo.jpg

(日本語リリース:クライアント提供)

Moet Hennessy Unveils Its Vinexpo Program: Sharing, Engaging With and Uniting Around Living Soils

PR82657

PARIS, Jan. 23, 2020 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

After announcing its intention to take part in the Vinexpo Paris exhibition

(from February 10th to 12th, 2020), setting up as an agora dedicated to

sustainable issues, Moet Hennessy is unveiling the contents of its program.

These three days of discussions and conversations between experts aim to

paint a picture of current winegrowing models, accelerate the ecological

transition in the industry and brainstorm together on how to build a sustainable

future that's respectful of the environment. This exhibition will also be an opportunity

for Moet Hennessy to present its commitment to Living Soils.

To view the Multimedia News Release, please click:  

https://www.multivu.com/players/uk/8680551-moet-hennessy-at-vinexpo/

"We wanted to share our experience and our approach and organize expert forums

on key topics surrounding sustainable winemaking during this new edition of Vinexpo,

the event where the winemaking world comes together. We're opening our doors to

industry fellows and all those who wish to take part in creating an increasingly

sustainable viticulture," comments Philippe Schaus, CEO of Moet Hennessy.

THE LEADING RESPONSIBLE FORUM ON VINE, WINE AND SPIRITS ENVIRONMENTAL

CHALLENGES

Moet Hennessy has invited a community of experts: vineyard directors,

researchers, sommeliers, spokespeople from international institutions, NGOs,

and young companies specializing in technology and sustainability. Each panel

is comprised of experts from Moet Hennessy's Maisons and specialists from

around the globe. They will take turns addressing the current state of soils and

biodiversity, exposing their theories and advances, and will share their solutions

regarding current production models to accelerate the ecological transition.

The format of these discussions is voluntarily open and dynamic: a series of

conversations lasting thirty minutes followed by a ten-minute Q&A session with

the public. This program will be punctuated with moments of sharing, in the form

of tastings and masterclasses around products of Moet Hennessy Maisons'.

THE COMMITMENT OF MOET HENNESSY: LIVING SOILS

During Vinexpo, Moet Hennessy will present its approach and the actions that

have been undertaken these past years: significant investments in equipment

respectful of the environment, training in new technologies for winegrowers and

farmers, assistance in acquiring sustainable winegrowing certifications, as well as

supporting scientific and university projects to share and disseminate knowledge.

Moet Hennessy will also announce its commitments for the future. Hence, it's under

the designation "Living Soils" that Moet Hennessy aims to unite its communities

across the world and develop its social responsibility program.

IN TUNE WITH THE NEW GENERATION

Because they are the actors of the future, Moet Hennessy is inviting members

the new generation to these discussions. On the last day of Vinexpo, a conversation

on the future of winegrowing with Philippe Schaus, CEO of Moet Hennessy, will be devoted

to them. This debate will be followed by workshops on the future of gastronomy and wines

in 2050, with the exceptional participation of Alain Ducasse and led by the Institute for

Desirable Futures. Indeed, professions within the gastronomy industry are increasingly

attracting young talents from across the world and in France, whose prestige in this area

is undisputed. For this reason, Moet Hennessy has decided to bring together leadership

and millennials of its various Maisons, Grand Chefs, students from Sciences Po and

the Ferrandi school of culinary arts and hospitality. Together, they will reflect on the future

of sustainable gastronomy and deliver their conclusions.

About Moet Hennessy

Moet Hennessy is the wine and spirits division of LVMH, the world's leading

luxury products group. Moet Hennessy, the largest luxury wines and spirits

company in the world, encompasses 22 prestigious brands internationally

renowned for the richness of their land, the quality of their products and the

expertise with which they are crafted: Hennessy, Moet & Chandon, Veuve

Clicquot, Dom Perignon, Ruinart, Krug, Mercier, Belvedere, Glenmorangie,

Ardbeg, Chandon, Newton, Terrazas de los Andes, Cloudy Bay, Cape Mentelle,

Numanthia, Ao Yun, Volcan De Mi Tierra, Woodinville Whiskey Company, Clos19,

Chateau du Galoupet & Chateau d'Esclans.

For additional information and to obtain your press pass, please visit:

http://moethennessyvinexpoparis.com/

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/1034652/Moet_Hennessy_Logo.jpg

Press contact:

Chrystel BROSSETTE

Communication & Press Relations Manager Moet Hennessy Corporate

cbrossette@moethennessy.com

65-67 avenue de la Grande Armee, 75016 Paris

SOURCE: Moet Hennessy

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中