日阪製作所が尾道営業所を開設

日阪製作所

2020/2/14 14:10

2020/2/14

株式会社日阪製作所

船舶用プレート式熱交換器の販売・メンテナンス体制を強化

株式会社日阪製作所(本社:大阪市北区、社長:竹下好和、以下「日阪製作所」)は、船舶用プレート式熱交換器の販売・メンテナンス体制を強化するため2020年4月1日付で尾道営業所(広島県尾道市)を開設します。

当社はプレート式熱交換器の国内トップシェア企業としてあらゆる業界に製品を納入しております。中でも船舶用途のプレート式熱交換器はエンジンや発電機の冷却などに使用されており、国内で建造される多くの船舶に採用いただいております。

この度営業所を開設した尾道市は瀬戸内海を挟んだ愛媛県今治市とともに多くの造船所や船主が集積するエリアとなっています。当社は尾道市に新たな拠点を置くことで各造船所に対してよりスピーディーに製品・サービスを提供するとともに、瀬戸内地域の造船所・船主との関係強化を図ります。

船舶用プレート式熱交換器

<営業所概要>

名称 : 日阪製作所 尾道営業所

所在地 : 広島県尾道市西御所町14-15

電話番号 : 0848-21-2750(2020年4月1日から)

<会社概要>

社名 : 株式会社日阪製作所

本社所在地 : 大阪市北区曽根崎2-12-7

代表者 : 代表取締役社長 竹下好和

資本金 : 41億50百万円

創業 : 1942年5月

拠点 : 本社(大阪市北区)

事業所/鴻池(東大阪市)、青梅(東京都青梅市)

支店/東京(東京都中央区)、名古屋(名古屋市中区)、

九州(福岡市博多区)、北九州支店(北九州市小倉北区)

営業所/北海道(札幌市白石区)、千葉(千葉県市原市)

事業内容 : プレート式熱交換器、食品・医薬品殺菌装置、染色仕上機器、バルブをはじめとする産業機器の製造・販売及び各種プラントの設計・施工

<ご参考>

◆プレート式熱交換器

流体の加熱・冷却を行う熱交換器の一種。複数枚のステンレスやチタンの板(プレート)から構成される。他の種類の熱交換器より熱交換の効率が良く、軽量・コンパクトにできる。

◆船舶用プレート式熱交換器

船舶ではエンジンや発電機、潤滑油の冷却のほか船内空調、給湯などの用途で熱交換器が使用されており、船内の狭小なスペースにも設置できるコンパクトなプレート式熱交換器が採用されることが多い。

また、近年では世界的な排ガス規制に対応するため、MGO(Marine Gas Oil、低硫黄燃料油)の使用に必要となる熱交換器を用いたMGOクーラーの販売も増えており、日阪製作所のプレート式熱交換器も環境問題解決に貢献している。

日阪製作所に関するお問い合わせ: 経営戦略部 長野 TEL:06-6363-0015

船舶向け熱交換器サービスに関するお問い合わせ:

熱交換器事業本部 営業部 マリンビジネスグループ(大阪) TEL:06-6363-0020

マリンビジネスグループ(東京) TEL:03-5250-0760

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付ファイル

プレスリリース添付画像

船舶用プレート式熱交換器

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中