富士ゼロックス、豪オフィスITサービス企業CSG社の買収と子会社化を完了

オーストラリアとニュージーランドにおける、 中小企業向けITソリューションや出力機器の販売拡大を目指す

富士ゼロックス

2020/2/20 09:00

富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区、社長:玉井光一)の子会社である富士ゼロックスアジアパシフィック(本社:シンガポール、社長&CEO:友納睦樹)は、オーストラリアのオフィスITサービス企業CSG(本社:オーストラリアメルボルン)と、オーストラリア法上の買収手法「スキーム・オブ・アレンジメント1」による買収手続きが完了し、2月19日より、CSG社は富士ゼロックスアジアパシフィックの100%子会社となりました。富士ゼロックスは本買収を通じ、オフィス向け出力機器やITサービスの提供に関する事業シナジーを活かし、オセアニア地区の中小企業(以下、SMB)に対するさらなる事業拡大を目指します。

 

CSG社の新社長には、富士ゼロックス執行役員オーストラリア・ニュージーランド地域営業担当の杉山健が就任します。CSG社はオーストラリアとニュージーランドを拠点に、主にSMB約10,000社の顧客企業に対し、オフィス向け出力機器やITサービスを提供しています。オーストラリアとニュージーランドでは企業の約9割2がSMBです。大手企業を主な顧客に持つ富士ゼロックスが、SMBに対し強みを持つCSG社を買収することで、両社の相互補完的な事業体制を最大限活用し、幅広い顧客層への最適なITサービスや商品の提供を強化します。なお、本買収後もCSG社の社名は継続します。

 

富士ゼロックス執行役員、CSG社社長 杉山健コメント:

「CSG社は、オーストラリアとニュージーランドのSMBに対し、30年以上にわたり、地域に密着したきめ細やかな販売やサポートを提供してきました。今後はそのお客様に対し、富士ゼロックスが持つ革新的な商品やITサービスの提供を通じ、業務プロセス全体の最適化などにより、経営課題の解決やさらなる事業成長に貢献します。」

 

【CSG社の概要】

本社所在地: オーストラリア メルボルン
拠点: オーストラリア:メルボルン(本社)、シドニー、ブリスベン、他12拠点

 

ニュージーランド:オークランド、ウェリントン、クライストチャーチ、他9拠点

設立年:   1988年
新社長:  杉山健(富士ゼロックス執行役員) 
従業員数:  670名(2019年9月時点) 
事業内容: SMB向けのオフィスIT機器の販売・設置・保守・サービスの提供、および運用代行サービス
販売地域:

オーストラリア、ニュージーランド 

*1 Schemeof Arrangement: オーストラリア上場会社の全株式を取得する方法のひとつ

*2  当社調べ

 

お知らせ: 2021年4月1日から、富士ゼロックス株式会社は社名を「富士フイルムビジネス イノベーション株式会社」に変更いたします。

 

・Xerox、Xeroxロゴ、およびFujiXeroxロゴは、米国ゼロックス社の登録商標または商標です。

・プレスリリースに掲載されているサービス、商品名等は各社の登録商標または商標です。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

CSGロゴ

富士ゼロックスロゴ

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

    過去に配信したプレスリリース