【全国の飲食店へ新型コロナウィルスについて実態調査】

クックビズ

2020/2/18 12:00

2020年2月18日

クックビズ株式会社

飲食店へ新型コロナウィルスについての実態調査

7割以上の飲食店「店舗への売上に影響が出ている」

飲食・フード産業特化の求人サイト「クックビズ」を運営するクックビズ株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長CEO:藪ノ 賢次、以下「当社」)は、飲食企業を対象に新型コロナウィルスの影響について調査を実施いたしました。

【調査結果概要】

・7割以上の飲食店が影響が出ている、もしくは今後影響が出そうだと回答

・報道後、実際に客数が減っていると感じている飲食店は半数程度

・お店側での対策としては「手洗い、うがいの徹底」、「消毒液の設置」が8割以上

【外国人客が「減少した」と感じているのは飲食企業は半数程度。また日本人客も4割近くが減少傾向に】

新型コロナウィルス感染者発生の報道後、外国人客の数が「減少した」と感じている飲食店は50.3%と半数程度という結果に。日本人客に関しては「変化なし」と答えた飲食店が47.6%と半数近くだったものの、「減少した」と感じている飲食店は40.6%にも上り、外国人客、日本人客どちらも減少傾向にあるとの回答となりました。

【感染拡大を受け、対策を行っている飲食店は7割以上。行っている対策としては「手洗い、うがいの徹底」、「消毒液の設置」が8割以上に】

新型コロナウィルスの感染拡大に向けて、73.8%の飲食店が防止対策を行っている、と回答しました。また対策内容については「手洗い、うがいの徹底」が88.8%、「消毒液の設置」が83.2%となっており、その他には「従業員のマスク着用」、「店内の衛生管理の強化」が続きました。

また「その他」と回答した飲食店の中には、「中国からの帰国者には、2週間の出勤停止をお願いした」「体調不良を訴える従業員に対し、こちらで医療費を負担し医療機関での受診を推進した」などの声も聞かれました。

【調査概要】

「飲食店における新型コロナウイルスの影響・対応調査」

調査対象:日本全国の飲食店

有効回答数:147

展開店舗数:1店舗:35、2−10店舗:62、11−100店舗:39、101店舗以上:11

調査期間:2020年2月6日~2020年2月13日

調査方法:インターネット調査

<調査結果の注意点>

%を表⽰する際に⼩数点第2位で四捨五⼊しているため、単⼀回答の場合は100%、複数回答 の場合は合計値に⼀致しない場合があります

設問内容:

1.新型コロナウイルス感染者発生の報道後についてお伺いします。報道後、外国人の来客数に変化はありましたか

2.新型コロナウイルス感染発生後についてお伺いします。日本人の来客数に変化はありましたか

3.新型コロナウイルス感染者が発生後、店舗の売上に影響はありましたか

4.現在お勤めの飲食店で、新型コロナウイルスの感染拡大防止の対応を行っていますか

5.「対策を行っている」と回答いただいた方にお伺いします。対策の内容を教えてください(複数選択可)

※回答内容の全てをリリースに反映しておりません

回答の詳細について知りたい方は、問い合わせ窓口「中西」までお問い合わせください

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • 名称 クックビズ株式会社
  • 所在地 大阪府
  • 業種 その他サービス業
  • URL https://cookbiz.co.jp/
  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中