LONGiが国際イニシアチブ「RE100」に加盟

LONGi

2020/3/23 13:27

AsiaNet 83288

 

 

【西安(中国)2020年3月16日PR Newswire】

*2028年までに世界中で同社が使用する電力を100%再生可能エネルギー由来の電力にすることにコミット

世界的大手太陽光発電関連企業であるLONGi Green Energy Technology Co., Ltd(以下 LONGi)は、2020年3月12日、事業活動で使用する電力を再生可能エネルギーで100%賄うことを目指す国際イニシアチブ「RE100」に加盟しました。LONGiは世界中の事業活動で使用する全電力を、2028年までに100%再生可能エネルギー由来の電力にすることにコミットし、中間目標として2027年までに70%達成を掲げました。

 

国際イニシアチブ「RE100」は、再生可能エネルギー100%というコミットした目標への可能な限り最短の期間での達成に向けて、アップル、コカ・コーラ、フィリップス、フェイスブック、ゴールドマン・サックス、グーグルなどのフォーチュン・グローバル500企業などが集結することで、エネルギー変革に向けてのシグナルを政治や経済界へ送ることを意図しています。気候問題解決のために、RE100に参加する各企業は自社の世界中での事業で使用する電力を100%を再生可能エネルギーから調達することにコミットすることになりますが、LONGiもRE100への参加により、その一員として世界の低炭素経済の発展と気候問題の解決に一層大きな責任を担います。

 

2006年から現在、そして将来に渡り、LONGiのエネルギー戦略は次の3つの大きなステージに分けることができます:

 

第1ステージ:2006年~2015年、従来型のエネルギー源を使用して自然エネルギー(太陽光発電関連製品)を生産

 

第2ステージ:2016年~現在、自然エネルギーを使用して自然エネルギー(太陽光発電関連製品)を生産:

LONGiは、太陽光発電関連製品を水力発電が豊富な中国・雲南省とマレーシア・クチンでも製造しています。完成品は世界各地の顧客に輸出されることから、「他の地域に運ぶことができる自然エネルギーのアンプ(増幅器)」ともたとえられています。

 

第3ステージ:LONGiは将来、100%自然エネルギーを使用して自然エネルギー製品を製造するという同社のコンセプト「Solar for Solar」を実現し、地球の炭素排出量がマイナスモードになる様に取り組みます。

 

近年、LONGiは自然エネルギー利用促進のために同社の生産施設屋上に太陽光発電システムを設置してきました。また、累計2GW以上の地上設置型と1.5GWの商用・産業用の太陽光発電所にも積極的に展開してきました。LONGiはグリーン電力証書を最初に購入した太陽光発電関連企業の1つであり、中華人民共和国・工業情報化部によるグリーン製造企業リストに何度も掲載されています。

 

The Climate Groupの最高経営責任者(CEO)であるヘレン・クラークソン氏は「LONGiは世界的な大手太陽光発電関連企業です。The Climate GroupとLONGiは持続可能な開発というコンセプトで完全に一致しています。われわれはLONGiと協力し、グローバルな再生可能エネルギーの急速な発展を共同で推進したい」と述べました。

 

LONGiの創業者でもあるCEOの李振国(リ・ジェングオ)は「国際イニシアチブ『RE100』への参加は、世界の持続可能な未来に向けたLONGiのコミットメントでもあります。確実に当社のコミットメントを達成するために、私共は具体的な措置を講じます。LONGiは世界のエネルギー転換を推進するために世界中のパートナーと協力する用意があり、全世界で再生可能エネルギー100%という目標を2050年までに、またはさらに早期に達成することさえも可能だと確信しています」とコメントしました。

 

RE100について:

フォーチュン・グローバル500企業など世界で影響力のある企業が、遅くとも2050年までに自社で使用する電力の再生可能エネルギー利用率100%を達成することを表明する国際ビジネスイニシアチブ。2014年に国連気候変動サミットに併せて米・ニューヨークで発足し、加盟企業は全世界で220社を超えています(2020年3月12日現在)。運営は、国際的な非営利団体の気候グループThe Climate Group(TCG)と、英国に拠点を置く国際的な気候変動情報開示推進NPO団体であるCDP(旧称Carbon Disclosure Project)が主導し、国際再生可能エネルギー機関(IRENA)も協力しています。

 

LONGi Solar Technology Co., Ltd.について:

LONGi(ロンジ)は2000年設立の世界最大の太陽光発電用単結晶シリコン専門企業。インゴット生産から行うウェハ事業は2019年(推計)シェア23%の世界1位。セル/モジュール事業は2014年から開始し、2019年のモジュール出荷量はメディアによる速報では4位となっています。(本社所在地:中国陝西省西安市)

 

Logo - https://photos.prnasia.com/prnh/20181108/2292512-1-LOGO

 

ソース:LONGi

 

(日本語リリース:クライアント提供)

 

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中