古文書複製サービスの提供を開始 和紙への印刷で本物さながらの手触りも可能に

高度な複写技術を駆使し、文化伝承に貢献

富士ゼロックス

2020/6/10 11:00

2020年6月10日

和紙への印刷で本物さながらの手触りも可能に
古文書複製サービスの提供を開始

 

高度な複写技術を駆使し、文化伝承に貢献

 

富士ゼロックス京都株式会社(本社:京都市、社長:加藤 俊治)は、富士ゼロックスの高度な複写技術を駆使し、古文書などの伝統文書を複製・復元する社会貢献活動を推進しております。
これまでに当社が複製・復元を手掛けた伝統文書の中から、一般の方にも複製した伝統文書をご注文いただける「古文書複製サービス」を6月から開始しています。

「古文書複製サービス」は、当社公式ホームページに新たに開設した「文化財アーカイブス」の「お問い合わせ画面」から必要事項を入力・送信することで、どなたでもご利用いただけます。現在は、「外国言付(翻訳ガイド本)」「伊勢物語御歌かるた/江戸時代209首のかるた」「解体新書」などの伝統文書が対象になっています。

提供する複製品は、デジタル複合機の最新技術を生かし、原本にかぎりなく近い仕上がりになっています。また、和紙に印刷することで、本物さながらの手触り感も実現しています。
さらに、富士ゼロックス独自の金や白の特殊トナーを活用して、朱色などの従来のトナーでは再現できない明るく深い色合いも表現しています。

 

■「文化財アーカイブス」ホームページ:URL: https://bunkacsv.myportfolio.com/

 

当社では、文化財は“遠くから観るだけ”から“手元で触れる”へ をコンセプトに、本サービスを、歴史を学ぶ教材や研究資料としての利用はもちろん、コロナ禍で資料館や文化施設に出向くことが難しい皆様に、古文書などの伝統文書に触れていただく機会を提供したいと考えております。なお、当サービスの売上の一部を、伝統文書所有者様への文化財を維持継承するための支援金とさせていただきます。


・Xerox、Xeroxロゴ、およびFuji Xeroxロゴは、米国ゼロックス社の登録商標または商標です

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

    過去に配信したプレスリリース