「紫外線光照射器ロボット」による消毒作業時の感染症拡大防止

~感染症拡大防止へのソリューションをパートナーとの共創によりグローバルで実現~

オムロン

2020/6/26 11:59

2020年6月26日

オムロン株式会社

2020年6月26日

 

「紫外線光照射器ロボット」による消毒作業時の感染症拡大防止

~感染症拡大防止へのソリューションをパートナーとの共創によりグローバルで実現~

 

オムロン株式会社(本社: 京都市下京区、代表取締役社長 CEO: 山田義仁)は、紫外線(UVC)光照射器を搭載した除菌ロボットを開発する世界各地のパートナー企業に、オムロンのモバイルロボットを提供し、各種感染症の拡大防止に取り組んでいます。オムロンは事業を通じて、除菌作業従事者を始めとする人々の感染症リスクの低減に貢献し、人々の健康と安全を守ります。

 

様々なパートナー企業との共創による「UVC光照射器ロボット」

 

現在、新型コロナウイルスまん延に起因して感染症拡大防止に向けた消毒や除菌、「3密」回避へのニーズが世界中で高まっています。また、世界各国の医療現場は、人手がひっ迫しているうえ、人による消毒・除菌作業は2次感染のリスクや、吸入毒性の危険性が課題となっています。一方で、作業ムラが発生しないよう、適切な消毒・除菌を行うことは不可欠です。そこで、人に代わりロボットを活用した消毒・除菌、という新しい応用分野に注目が高まっており、ロボット導入の拡大が見込まれています。

 

世界約120の国と地域で事業やサービスを展開するオムロンは、フランスやシンガポールをはじめ世界各国のUVC光照射器ロボットを開発するパートナー企業*¹にモバイルロボットを提供し、UVC光照射器ロボットの展開を支援、既に10カ国以上*²で使用されています。モバイルロボット「LDシリーズ」に、安全機器や制御機器を組み合わせ、UVC光を照射する場所やルート、時間を設定することで、病室や学校などの公共スペースを効率的に、安全にUVC光を自動で照射して回ることが出来ます。各UVC光照射器ロボットは、人体に影響のあるUVC光を作業者が扱うことなく、作業時の二次感染も防げるため、清掃員の安全確保や、労働力の確保といった課題を解決し、各種感染症拡大の防止に貢献します。

 

オムロンは、新型コロナウイルスをはじめとした各種感染症リスク低減へ貢献するために、作業員の安全確保や、労働力不足への対応をすることが、長年モノづくりや医療業界、社会システム事業に携わってきた企業の社会的責任と捉え、引続き社会的課題の取り組みにチャレンジしてまいります。

 

Control Tec社(ポーランド)と共創した「UVC光照射器ロボット」事例

 

【オムロンのモバイルロボット「LDシリーズ」について】

「LDシリーズ」は、世界中で数千台の実績があるオムロンのモバイルロボットです。従来のAGVとは異なり、自律的に障害物を避けて走行できるため、室内のレイアウト変更などが不要です。そのため、簡単に導入ができ、さまざまな領域の除菌に最適です。オムロンのモバイルロボット管理ソフトウェアにより、複数のモバイルロボットを施設内で自律走行させることも可能です。

モバイルロボット「LDシリーズ」の詳細はこちら:https://www.fa.omron.co.jp/products/family/3664/

 

*¹パートナー企業:オムロンは、フランスの

Meanwhile SAS社、シンガポールのTechmetics社、ポーランドのControlTec社、イタリアのFM Vision社およびMeridionale Impianti社、トルコのDoF Robotics社、など、世界中のパートナーと共創しています。

*²10カ国以上:2020年06月26日時点

 

<オムロン株式会社について> 

オムロン株式会社は、独自の「センシング&コントロール+Think」技術を中核としたオートメーションのリーディングカンパニーとして、制御機器、電子部品、社会システム、ヘルスケア、環境など多岐にわたる事業を展開しています。1933年に創業したオムロンは、いまでは全世界で約30,000名の社員を擁し、約120の国と地域で商品・サービスを提供しています。詳細については、https://www.omron.co.jp/ をご参照ください。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

様々なパートナー企業との共創による「UVC光照射器ロボット」

プレスリリース添付動画

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

    過去に配信したプレスリリース