時代の転換期、都市と農山村の関係は? 明日への希望は? 岡山県真庭市がオンライン特別セミナーを開講

岡山県真庭市

2020/8/21 14:00

2020年8月21日

真庭なりわい塾実行委員会

岡山県真庭市で開催する人材育成塾「真庭なりわい塾」は、9月より、コロナ禍を生き抜くための全7回のオンライン特別セミナーを開講します。各分野の第一線で活躍する多彩なゲストを迎え、未来への希望を見出する場を提供します。

真庭なりわい塾は、岡山県真庭市をフィールドに、はるか昔から紡いできた農山村の暮らしに学びながら、これからの生き方、働き方、社会のカタチを考える人材育成塾です。

これまでも私たちの社会は、たとえばリーマンショックを境に、あるいは3.11後に大きく舵を切り、持続可能なライフスタイルを求める方向へ転換しようとしたはずです。しかし、実際には、そうはなりませんでした。ところが、このコロナ禍によって再び、人間社会や世界経済の弱点、そして地球規模の課題が露わとなり、時代は大きな転換期を迎えようとしています。

このセミナーでは、各分野の第一線で活躍する多彩なゲストと、真庭なりわい塾の塾長・副塾長による鼎談を通して、今まさに変容しつつある社会と心の在り処をみつめつつ、明日を生きるための指針と希望を見出す場を提供します。

子どもたちの未来を真剣に考えたい。これまでの生き方、働き方を変えたい。そして真庭市をはじめ、各地の農山村に次の時代の可能性を感じていらっしゃる方も、ぜひ、ご参加ください。

<概要>

名 称:アフターコロナを生きる、未来のあなたへ~7つの視座から明日を生きるヒントを探る~

日 時:2020年9月~2021年3月 全7回 (毎月第3土曜日:午前10時~11時半)

参加費:各回 1,000円(ZOOMウェビナーを活用・一部録画収録あり)

最新日程(第1回)のチケット購入はこちらから➡:https://maniwa-nariwai001.peatix.com

詳しくは真庭なりわい塾ホームページ➡:https://maniwa-nariwai.org/

<第1回配信のご案内> 

9月19日(土)藤原辰史(農業史研究者・京都大学人文科学研究所准教授)

「パンデミックを生きる指針~歴史研究のアプローチ~」

藤原辰史(京都大学人文科学研究所准教授・農業史研究者)

20世紀の食と農の歴史や思想を研究する藤原辰史先生をお招きします。代表的な著書『ナチスのキッチン』で第1回河合隼雄学芸賞を受賞。コロナ禍にいかに生きるべきかを歴史学の立場から考察したテキスト「パンデミックを生きる指針」(https://www.iwanamishinsho80.com/post/pandemic)は、4月にネット上で公開されるやSNS等で話題に。1週間に30万件超のアクセスがありました。「一つの国が文明国家であるかどうかの基準は、高層ビルが多いとか、車が疾走しているとか、武器が進んでいるとか、軍隊が強いとか、科学技術が発達しているとか、芸術が多彩とか(中略)、決してそうしたことがすべてではない。基準はただ一つしかない、それは弱者に接する態度である」。世界の歴史、人類のさまざまな経験から、未来を語ります。

※聞き手:渋澤寿一(塾長)/駒宮博男(副塾長)

※お申込みいただいた方には後日、当日の配信動画のリンク先をご案内します。

 配信当日にご都合の合わない方、再度視聴したい方は、後日、録画記録を視聴することができます。

<第2回以降のプログラム>

第2回 10月17日(土) 辻信一(文化人類学者)      

「しあわせの経済~経済成長がなければ、私たちは豊かに生きられないのか~」

辻信一(文化人類学者・環境=文化アクティビスト)

第3回 11月21日(土) 五箇公一(保全生態学者)

「自然界の逆襲~コロナ・気候変動・生態系危機の原因は何か」

五箇公一(国立環境研究所生態リスク評価・対策研究室室長・保全生態学者)

第4回 12月19日(土) 内山節(哲学者)         

「コロナ禍に改めて問う農山村の価値」

内山節(哲学者)

第5回 1月16日(土) 佐々木実(ジャーナリスト)×占部まり(医師)  

「共に生きるための経済~宇沢弘文の思想に学ぶ~」

佐々木実(ジャーナリスト)占部まり(医師・宇沢国際学館取締役)

第6回 2月20日(土) 山極寿一(霊長類学者)      

「オンラインは万能か~人間の五感と身体性~」

山極寿一(第26代京都大学総長・霊長類学者)

第7回 3月20日(土) 太田昇(真庭市長)   

「真庭なりわい塾が目指すもの~里山資本主義の明日へ~」

太田昇(岡山県真庭市長)

<聞き手>

渋澤寿一(塾長・NPO法人共存の森ネットワーク理事長)×駒宮博男(副塾長・NPO法人地域再生機構理事長)

渋澤寿一 (真庭なりわい塾長・NPO法人共存の森ネットワーク理事長)駒宮博男(真庭なりわい副塾長・NPO法人地域再生機構理事長)

<この件に関するお問い合わせ先>

 真庭なりわい塾真庭事務局(真庭市交流定住推進課内)

   ※実行委員会はNPO共存の森ネットワーク・真庭市民・真庭市で組織されています。

 〒717-3292 岡山県真庭市久世2927-2

 担当:福井 Tel.0867-42-1179  Fax.0867-42-1353 

 メールアドレス koryu@city.maniwa.lg.jp

 真庭なりわい塾公式サイト https://maniwa-nariwai.org/

   Facebook  https://www.facebook.com/maniwa.nariwai/?ref=bookmarks

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

ご参加お待ちしています

真庭なりわい塾(過去の開催):入塾式でのオリエンテーション

真庭なりわい塾(過去の開催):講義の様子

真庭なりわい塾(過去の開催):地域住民に集落を案内してもらう

真庭なりわい塾(過去の開催):地域のお年寄りに、これまでの人生を聞く

真庭なりわい塾(過去の開催):卒塾式

真庭なりわい塾(過去の開催):塾のフィールド・真庭市中和地区

真庭なりわい塾(過去の開催):木を伐る(2年目実践講座)

真庭なりわい塾(過去の開催):薬草を採取して活用(2年目実践講座)

真庭なりわい塾(過去の開催):地域のお堂を修繕(2年目実践講座)

藤原辰史(京都大学人文科学研究所准教授・農業史研究者)

辻信一(文化人類学者・環境=文化アクティビスト)

五箇公一(国立環境研究所生態リスク評価・対策研究室室長・保全生態学者)

内山節(哲学者)

佐々木実(ジャーナリスト)

占部まり(医師・宇沢国際学館取締役)

山極寿一(第26代京都大学総長・霊長類学者)

太田昇(岡山県真庭市長)

渋澤寿一 (真庭なりわい塾長・NPO法人共存の森ネットワーク理事長)

駒宮博男(真庭なりわい副塾長・NPO法人地域再生機構理事長)

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中