「2020年版 住宅リフォーム市場の展望と戦略」発刊

矢野経済研究所

2020/9/30 10:30

2020年9月30日

株式会社矢野経済研究所

住宅リフォーム市場に関する調査レポート発刊

「2020年版 住宅リフォーム市場の展望と戦略」

新型コロナウイルス感染症における影響や今後のリフォームビジネスに影響を与える事象を考察

株式会社矢野経済研究所(本社:東京都中野区)では、下記の要領にて「2020年版住宅リフォーム市場の展望と戦略」を発刊いたしました。

少子高齢化を背景とした住宅新築市場の縮小に加え、住宅数が世帯数を上回る住宅余りとなっている中、ハウスメーカーやリフォーム専業事業者などが本格的にリフォーム事業に注力して来ています。また、流通・小売業界からの新規参入プレーヤーも徐々に存在感を強めており、国内のリフォーム市場の競争環境は厳しさを増しています。

本調査レポートでは、大局的なリフォーム市場動向や長期予測に加え、大規模リフォームやマンションリフォーム、部位別リフォーム、中古住宅×リフォーム、都道府県別市場規模などセグメントを細分化して市場を分析いたしました。また、大手リフォーム会社の受注動向、営業戦略、施工体制、人材育成体制などの動向を調査し、リフォーム業界に携わる事業者の一助となることを目的に作成致しました。

住宅リフォームについてご興味のお持ちの方は、是非一度ご検討いただきますよう、宜しくお願い致します。

■掲載内容

総論

◆2019年の住宅リフォーム市場規模は、前年比5.1%増の約6.5兆円

◆住宅リフォーム市場規模予測 3モデル

◆2030年までの長期市場予測

◆有力事業者の動向

◆新型コロナウィルスが経営に与える影響と対策

◆今後の市場見通し/市場動向、事業者の課題と施策

第1章 住宅業界の概況

1.新設住宅市場

2.住宅ストックの状況

3.建築物リフォーム・リニューアル調査結果

4.人口・世帯数の状況

5.建設業の事業者動向

6.リフォーム業界に関連する施策・諸制度・法規制

第2章 住宅リフォーム市場の動向

1.住宅リフォーム市場

2.住宅リフォーム市場規模予測

3.都道府県別住宅リフォーム市場規模

4.シニア・シルバー向け住宅リフォーム市場規模

5.高額リフォーム市場規模

6.中古住宅+リフォーム市場

7.マンションリフォーム市場

8.住宅リフォーム市場のセグメント別構成比

第3章 住宅リフォーム事業者の戦略

1.有力事業者の動向

2.営業戦略

3.新型コロナウィルスが経営に与える影響と対策

4.今後の商品開発上、注目している社会情勢や技術動向等

5.今後の市場見通し/事業者動向/成長戦略と課題

第4章 有力リフォーム事業者個別企業票

参考資料

都道府県別住宅リフォーム市場規模推移及び住宅ストック等関連資料

発刊日:2020年7月28日

体裁:A4 / 433頁

定価:143,000円(本体130,000円 消費税13,000円)

詳細内容はこちら

<その他関連市場に関する提供情報>

住宅リフォーム市場に関する調査を実施 ~ 2020年 第2四半期 ~

住宅リフォーム市場に関する調査を実施(2020年)

マンション管理市場に関する調査を実施(2020年)

床材市場に関する調査を実施(2019年)

非住宅木造市場に関する調査を実施(2019年)

賃貸住宅市場に関する調査を実施(2019年)

⇒商品に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。

株式会社矢野経済研究所 マーケティング本部 カスタマーセンター

[TEL]03-5371-6901

ホームページからのお問い合わせはこちら

矢野経済研究所のホームページはこちら

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • 名称 株式会社矢野経済研究所
  • 所在地 東京都
  • 業種 その他情報・通信業
  • URL https://www.yano.co.jp
  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中