ZTEとAnalysys MasonがSuperDSSに関するホワイトペーパーをリリース

ZTE Corporation

2020/11/13 13:01

AsiaNet 86489


ZTE
Analysys MasonSuperDSSに関するホワイトペーパーをリリース

 

【深セン(中国)2020年11月9日PR Newswire】モバイルインターネット向けの通信、エンタープライズおよび消費者テクノロジー・ソリューションの大手国際プロバイダーであるZTE Corporation(0763.HK / 000063.SZ)は9日、ホワイトペーパー「Operators can use SuperDSS to fast track their 5G network deployments(オペレータはSuperDSSを使用して5Gネットワーク展開をファストトラックできる)」をリリースした。ZTEは、TMT管理コンサルティングのグローバルリーダーであるAnalysys Masonに専門的な独立したアドバイスの提供を依頼した。

 

このホワイトペーパーは、オペレータが5G展開で直面する課題に対処し、SuperDSSアプリケーションシナリオを明らかにしている。さらに、オペレータの5G展開を推進し、より大きな市場機会を追求するために、迅速な5G展開や従来の音声サービス体験の保証、簡略化されたネットワークO&M、TCO削減の観点からみた展開の提言も提供している。

 

2020年2月、ZTEは、2G、3G、4G、5Gのダイナミックシェアリングをカバーする業界初のTri-RATダイナミックスペクトラムシェアリング・ソリューションであるSuperDSSを発売した。このソリューションは、4G/5Gダイナミックシェアリングを提供するだけでなく、レガシー2G/3Gもカバーしており、その結果、モバイルネットワークオペレータが既存の周波数を使用しレガシーサービスを維持しながら5G展開を加速することを支援する。

 

ZTEのBai Yanmin副社長は「スペクトラムシェアリング・イノベーションへの大きなコミットメントによって、ZTEはGSM/UMTS/LTE/NB-IoT、NRを含む複数のRAT(無線アクセス技術)におけるダイナミックスペクトラムシェアリングの豊富な経験を蓄積してきた。SuperDSSは、迅速かつ効率的な5G展開における、より高い柔軟性をオペレータに提供する。AIおよびビッグデータのおかげで、SuperDSSはオペレータがよりインテリジェントかつ効率的なネットワークを構築することを支援する」と語った。

 

ホワイトペーパー「Operators can use SuperDSS to fast track their 5G network deployments」にアクセスするには以下を参照。

 

https://res-www.zte.com.cn/mediares/zte/Files/PDF/white_book/202011041635.pdf

ZTEは、消費者、事業者、企業、公共部門の顧客に対する高度通信システム、モバイルデバイス、エンタープライズのテクノロジー・ソリューションのプロバイダーである。通信および情報技術の分野が集約していく中で、ZTEは卓越性と価値をもたらすため、顧客に統合的なエンドツーエンドのイノベーションを提供することに全力で取り組んでいる。香港と深センの証券取引所(H share stock code: 0763.HK / A share stock code: 000063.SZ)に上場しているZTEは、160以上の国で製品とサービスを販売している。

 

▽メディア関係問い合わせ先

Margaret Ma

ZTE Corporation

Tel: +86 755 26775189

Email: ma.gaili@zte.com.cn

 

ソース:ZTE Corporation

 

(日本語リリース:クライアント提供)

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中