5Gが従来業界のアップグレードと新たなスマートデジタルライフを促進

科技日報(Science and Technology Daily)| IUSTC

2020/11/30 17:54

 

11月25日午前、2020年世界5G大会の「5Gとメディア産業の変化・変革のフォーラム」が広州で開催

 

 

AsiaNet 86904 (2277)

 

【広州(中国)2020年11月27日PR Newswire=共同通信JBN】

科技日報 | IUSTCのリポート

 

11月25日午前、2020 World 5G Convention(2020年世界5G大会)の「5G and Media Industry Change and Transformation Forum(5Gとメディア産業の変化・変革のフォーラム)」が広州で開催された。

 

科技日報の幹部は開会の辞で、メディアは5G時代の「パイオニア」であり、メディア部門での5G技術の適用を加速し、5G技術の適用にとって良い世論を創出すべきであると指摘した。メディアはまた、穏やかなストーリーテリングの方法を採用しつつ、科学的かつ合理的な視点を幅広い聴衆に伝えるために、客観的かつ厳密な取り組みを使用する必要がある。さらに、同幹部はまた、科技日報の目標である「One Database, Two Wings and Three Platforms(1つのデータベース、2つの翼、3つのプラットフォーム)」、および5Gなどの新技術を使用した徹底的メディア統合開発の促進を紹介した。

 

広東省科学技術部のLi Xudong副部長は、広東省が5G産業用アプリケーションの開発を積極的に推進してきたと指摘した。5G時代が始まり、社会生活のあらゆる側面と細部に徐々に浸透する時、われわれにはそれがメディア業界に新しい変化をもたらすと信じるに足る理由がある。Li氏は、このフォーラムが中国全土のメディアの統合開発を促進し、新しい主流メディアの構築を加速するための大きな推進力を提供するのは確実だと述べた。

 

China Foreign Languages Publishing Administration(中国外国語出版局)のFang Zhenghui副局長は徹底的なメディア統合をどのようにして加速するかに関し強調すべき3つの重要なポイントがあると述べ、第1に、よりオープンな姿勢で新しい技術を採用、第2に、より鋭い視点で新しい技術を追跡、第3に、より包括的な気持ちで新しい技術を適用-する必要があると語った。

 

基調講演のセクションでは、国内外の著名なメディア、ハイテク企業、学術分野、業界のエリートたちが、メディアにおける5G構築の新ラウンドの適用と開発に関し、詳細な学術的議論を戦わせたり、基調講演を行った。

 

ゲストは、人間社会発展への5G技術の国際協力の貢献、メディア部門における5G技術アプリケーションの展望と課題など、将来の科学研究状況に直面する一連のトピックについて話し合った。またニューメディア産業チェーンの開発や、5GとAI、VR、ブロックチェーンなどの技術を組み合わせたニューメディアの業界チェーン開発を推進すべきだとの声も一部にあった。

 

すべてのゲストは、国内外のメディア間で5G技術の適用を促進することについて意見を交換し、5G技術のグローバルなプロモーションを促進するための建設的なアドバイスを行った。

 

彼らは、5Gが、メディア、人間とコンピューターの共生、自己進化など、すべてがインテリジェントなメディア通信システムの構築に重要な技術サポートを提供するだろうと一致した。メディア業界におけるそのディスラプティブイノベーションが、初めて現れている。

 

科技日報のFang Hanting副社長がこの会合のホスト役を務めた。

 

同副社長は、5G時代、特にデジタル経済の時代には、メディアは社会の風向計であると結論付けた。データ駆動型のインテリジェント接続、メディアシンクタンクから状況ベースのエマージョン、汎集中化、そして生態系メディアに至るまで、われわれは当初、メディア業界の多くの側面で5G技術の破壊的なイノベーションを観察することができる。たとえば、データ駆動の深化に伴い、データの背後にある論理分析はデータニュースの新しい分野になり、一部のシンクタンク、データ、および専門データニュースプロデューサーは徐々に「イベントターミネーター」となるだろう。

 

将来を見れば、5G技術がメディア業界の変化につながるのは確実だ。5G技術は、すべてがメディアであるというトレンドをもたらした。各メディアが新しいシステムで複数のコミュニケーション主体(人とスマートデバイス)の調和のとれた共存の要件を満たしたいならば、生態系システムを構築する必要がある。 この生態系システムは、フルメディア、ホログラフィックメディア、フルメディア、フルエフェクトメディアの要件を満たしている場合にのみ、5G時代に生き残り発展するチャンスがある。

 

光明日報のZhao Jianguo副編集長、Ecnomic DailyのZheng Bo副編集長、清華大学ジャーナリズム・コミュニケーション学部のCui Baoguo教授、中国人民大学ジャーナリズム・コミュニケーション学部のLi Qin教授、ファーウェイの広報・コミュニケーション担当のQu Jingバイスプレジデント、QualcommのHou Mingjuan副社長、テンセントの企業マーケティング・広報担当ゼネラルマネジャーであるZhang Jun氏、iFlytek Co., LtdのWu Junhua副社長、Sputnik News Agency編集長アドバイザー、Savitskii Alexei氏が基調講演部門に参加した。

 

ソース:Science and Technology Daily | IUSTC

 

画像添付リンク:

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=378303 

(画像説明:11月25日午前、2020年世界5G大会の「5Gとメディア産業の変化・変革のフォーラム」が広州で開催)

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

11月25日午前、2020年世界5G大会の「5Gとメディア産業の変化・変革のフォーラム」が広州で開催

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中