千葉商科大学生がB.LEAGUE千葉ジェッツふなばし公式戦をプロデュース!

千葉商科大学

2020/12/10 16:00

2020年12月10日

千葉商科大学

千葉商科大学生がB.LEAGUE千葉ジェッツふなばし公式戦をプロデュース!

~スポーツビジネスの新時代を創る挑戦~

千葉商科大学(学長:原科幸彦)サービス創造学部(学部長:今井重男)の学生が、12月19日(土)・20日(日)に行われるB.LEAGUEのB1リーグに所属するプロバスケットボールチーム「千葉ジェッツふなばし」の公式戦(シーズン第14節)となる富山グラウジーズ戦を「千葉商科大学マッチデー2020」としてプロデュースします。

B.LEAGUE公式戦をプロデュースするのは、同学部のプロジェクト型正課科目(担当教員:中村聡宏専任講師)で、マーケティング、セールス、プロモーションなどのスポーツマネジメントを学ぶ、スポーツビジネスBB(ベースボール・バスケットボール)・プロジェクトメンバー。

本プロジェクトでは、大学生をはじめとする若年層の観戦者増加をはじめ、スポーツの価値を高め、クラブ、リーグ、ブースター(ファン)、企業などに対する新しいサービスを発想し実現することで、スポーツビジネスを体験的に学びます。

本学学生が公式戦をプロデュースするのは今年で10回目。今回のテーマは、「With∞~繋がり方は一つじゃない~」。コロナ禍で人と人とのコミュニケーションが難しくなっている中、マッチデーを通じて、来場することができないブースターを含め、会場のブースター、選手、チームスタッフ、プロジェクト生、大学教職員が一丸となってマッチデーを創り、熱い「声炎」を送るためのさまざまな企画を実施します。

◆「千葉商科大学マッチデー2020」主な企画内容

・モザイクアート…事前にSNSを通じて集めた、選手へのメッセージやお気に入りの写真を素材としてモザイクアートを制作する。デザインは今回のマッチデーのテーマ「With∞~繋がり方は一つじゃない~」をイメージして学生がデザインした。完成した作品はマッチデーの両日、試合開始前のオープニングで披露する。

・新しい応援スタイル…マッチデー限定のハッシュタグを作成し、ブースターの熱い声炎を学生たちが選手たちへ届ける。ハッシュタグ「#勝利へ繋げる熱い声炎withCUC」を付けて投稿されたメッセージをハーフタイムで読み上げる。

・SDGsブース…SDGsに関する基礎知識や千葉商科大学で推進しているSDGsの取り組みをクイズ形式で紹介し、持続可能な社会について考えてもらうきっかけとする。

(その他、来場者プレゼントとして、本学と千葉ジェッツふなばしがコラボレーションしたデザインのオリジナルマスクケースを製作、募金で豪華景品が当たる募金抽選会、本学チアダンスチームglitter’sのパフォーマンスなども行う)

※学生のマスク着用、ブースに飛沫感染防止のシートを設置するなど感染防止に努めて実施します。

◆「千葉商科大学マッチデー2020」B.LEAGUE 2020-2021シーズン公式戦

会場:船橋アリーナ(船橋市総合体育館) 千葉県船橋市習志野台7-5-1

開催日時:2020年12月19日(土) 15:05開始、2020年12月20日(日)15:05開始

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • 名称 学校法人千葉学園千葉商科大学
  • 所在地 千葉県
  • 業種 大学
  • URL http://www.cuc.ac.jp/
  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

    過去に配信したプレスリリース