自然との共生を実現する《Garden City型》次世代住宅地モデル開発

COVID-19を契機に高まる「低密・ゆとり」志向の新たな住宅ニーズに対応

早稲田大学

2021/2/2 13:12

詳しくは、早稲田大学WEBサイトをご覧ください。

 

自然との共生を実現する《Garden City型》次世代住宅地モデル開発

https://www.waseda.jp/top/news/71660

 

 図 《Garden City型》次世代住宅地モデルの概念

 

早稲田大学総合研究機構 医学を基礎とするまちづくり研究所(所長 後藤春彦 理工学術院 教授)の山村崇(やまむらしゅう)所員(本属:早稲田大学高等研究所 講師)らの研究グループは、ポラス株式会社(本社:埼玉県越谷市、代表取締役 中内晃次郎)との共同研究「自然との共生を実現する《Garden City型》次世代住宅地モデル開発」が、国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)「官民による若手研究者発掘支援事業」に採択されましたことをお知らせします。研究実施期間は2020年度~2023年度(予定)です。

 

事業名: 官民による若手研究者発掘支援事業
採択件名:

共同研究フェーズ「自然との共生を実現する《Garden City型》次世代住宅地モデル開発」  

研究実施期間: 2020年度~2023年度(4年間)(予定)
事業者: 早稲田大学(代表事業者)、ポラス株式会社
採択詳細:

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)

「官民による若手研究者発掘支援事業」に係る実施体制の決定について 

 

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

図 《Garden City型》次世代住宅地モデルの概念

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中