千葉商科大学と千葉県立千葉商業高等学校が高大接続教育に向け高大連携協定を締結

千葉商科大学

2021/2/2 16:00

2021年2月2日

千葉商科大学

千葉商科大学と千葉県立千葉商業高等学校が

高大接続教育に向け高大連携協定を締結

千葉商科大学(学長:原科幸彦)と、千葉県立千葉商業高等学校(校長:岩瀬俊彦)は、高大接続教育の観点から、連携強化を図ることを目的に、2月2日(火)に高大連携協定を締結しました。

このたびの連携協定は、高校の商業教育で育くむ学力の3要素(※1)を、本学が連携して支援することで、より伸長を図れるように進めていこうというものです。

予測不可能な未来社会にバランスよく対応できる若者を社会へ送り出すためには、高校、大学、企業及び産業界等が連携することが重要との一致した認識を両校で持ち、連携した教育の仕組みづくりや教材開発を行います。

これまで本学商経学部と千葉商業高等学校は「高等学校における中小企業診断士養成教育」の推進を目的として2015年5月に高大連携協定を締結し、中小企業診断士養成のための教育連携を進めてきましたが、大学全体と連携を締結することで、より幅広い学問分野での高大連携教育を図ります。

※1 学力の3要素…「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」「主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度」

◆2021年度の具体的な連携事項

<千葉商業高校生への教育提供>

・本学の教育プログラム(日商簿記1級・2級、基本情報技術者・ITパスポート等の資格取得講座)の開放

・CUCアライアンス企業(※2)や本学卒業生による業界や勤労観に関する講話のコーディネイト

<千葉商科大学生への教育現場を理解する機会提供>

・商業科教員をめざす本学学生を同高校の授業へ派遣する「教職インターンシップ」の実施

◆今後の予定

・「経済・金融リテラシー教育」の実施

・SDGs教育、18歳成人における基礎知識の教育等「成人としての基礎知識」教材の開発

・「総合的な探求の時間」でのアクティブ・ラーニング教材の協働開発

※2 CUCアライアンス企業…本学学生の採用や育成に積極的な企業。現在その数は800社以上にもおよび、インターンシップや各種キャリアイベントへの協力を得ることで、学生の気づきの機会となり、学生生活や就職活動に大きな効果をもたらしている。事業内容や将来性などを精査・選別した優良企業とのネットワークを構築することで高い就職率を保ち、全内定者のうちCUCアライアンス企業の内定者は約40%にものぼっている。

<高大連携協定に関するお問い合わせ> 千葉商科大学教務課

〒272-8512 市川市国府台1-3-1 [Tel]047-373-9754(月~金 9:00-17:00) [E-mail] kyomu-kyotsu@cuc.ac.jp

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • 名称 学校法人千葉学園千葉商科大学
  • 所在地 千葉県
  • 業種 大学
  • URL http://www.cuc.ac.jp/
  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

    過去に配信したプレスリリース