新たな「鬼平」に松本幸四郎、新たな「梅安」に豊川悦司が決定!!

『鬼平犯科帳』『仕掛人・藤枝梅安』映画化・主演2名発表

日本映画放送

2021/3/12 18:00

2021年3月12日

日本映画放送株式会社

主演2名 決定!! 新たな「梅安」豊川悦司/新たな「鬼平」松本幸四郎

 

 

 

 

映画2作品製作決定

 

映画化&連続シリーズ製作決定

 

 「時代劇専門チャンネル」を運営する日本映画放送株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 杉田成道)、株式会社NTTぷらら(本社:東京都豊島区、代表取締役社長 永田勝美)、スカパーJSAT株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長 米倉英一)は3月12日、池波正太郎原作『鬼平犯科帳』『仕掛人・藤枝梅安』の新作映画製作発表記者会見を開き、2作品でそれぞれ主演を務める俳優2名を発表いたしました。

 新たな『仕掛人・藤枝梅安』の主人公・藤枝梅安を演じるのは、豊川悦司。抜群の演技力で、ある時はクールに、またある時には情熱的に多種多彩な人物を演じ分ける名優が、表の顔は腕利きの鍼医師、裏の顔は仕掛人(殺し屋)というダークヒーロー・梅安に挑みます。

 そして新たな『鬼平犯科帳』の主人公である火付盗賊改方長官・長谷川平蔵を演じるのは、松本幸四郎。祖父の初代松本白鸚が初代・長谷川平蔵を演じてからおよそ半世紀。当代を代表する歌舞伎俳優が、江戸の街にはびこる悪を、時に厳しく、時に情けとともに取り締まる「鬼の平蔵」という“名跡”を継ぐことになりました。

 新たな「梅安」は映画2作品、新たな「鬼平」は劇場版と連続シリーズを製作し、ともに今後、撮影・上映予定。原作者・池波正太郎の生誕100年に当たる2023年に向けて、プロジェクトを進めて参ります。続報にご期待ください。

 

■『仕掛人・藤枝梅安』

主演 豊川悦司

 

『仕掛人・藤枝梅安』主演:豊川悦司

<コメント>

 今回、「藤枝梅安」という、とてもとても大きなキャラクターを、池波正太郎先生からお借りすることになりました。子供の頃、緒形拳さんが演じられていた「梅安」が憧れのヒーローでしたので、まさか自分がやることになるとは思っていませんでした。正直、迷う部分もありましたが、チャレンジしがいのある仕事を、映画の神様がくれたのだなと思います。子供たちが見て、「怖いけれど格好いい」と思ってもらえるようなダークヒーローとしての梅安像を、河毛俊作監督とともに作っていきたいと思っています。

 

豊川悦司(とよかわ・えつし) 1990年、北野武監督の映画「3-4 x10月」に出演し沖縄のヤクザ組長役で注目される。’91年「12人の優しい日本人」、’92年「きらきらひかる」「課長島耕作」、’94年「undo」、’95年「Love Letter」、’96年「八つ墓村」と映画に出演。テレビでは’92〜’93年「NIGHT HEAD」(’94年映画に)、’94年「この世の果て」「この愛に生きて」(いずれもフジテレビ系)と続き、’95年「愛していると言ってくれ」(TBS系)、’97年「青い鳥」(TBS系)と主演ドラマが大ヒットし、人気、実力ともに日本を代表する俳優に。近年の映画主演作に「愛の流刑地」「今度は愛妻家」「必死剣鳥刺し」「一枚のハガキ」「後妻業の女」「パラダイス・ネクスト」。2020年公開映画に「ラストレター」、またハリウッド映画「MIDWAY」では連合艦隊司令長官・山本五十六を演じ好評を博した。’21年には「いとみち」「子供はわかってあげない」「鳩の撃退法」の3作品が全国公開予定。

 

 

■『鬼平犯科帳』

主演 松本幸四郎

 

『鬼平犯科帳』主演:松本幸四郎

 

<コメント>

 『鬼平犯科帳』は池波正太郎先生の傑作であり、祖父(初代松本白鸚)、(萬屋)錦之介のおじさま、叔父(中村吉右衛門)と自分の近い存在が演じておりました作品ですので、今回のお話をいただいたときは喜び以上に驚き、鳥肌の立つ思いでした。そして今、すこぶる興奮しています。5代目の「鬼平」を務めさせていただく幸せとともに、進化した「鬼平」を目指したいと思っております。池波先生が描かれた『鬼平犯科帳』の江戸を、時代劇の職人芸でお見せ致します。根拠はありませんが、自信はあります。どうぞご期待ください。

 

松本幸四郎(まつもと・こうしろう) 1973年、東京都出身。二代目松本白鸚の長男。ʼ78年、父が主演したNHK大河ドラマ『黄金の日日』に子役で出演。翌年3月に歌舞伎座『侠客春雨傘』で三代目松本金太郎を襲名して初舞台。ʼ81年10月に七代目市川染五郎を襲名。古典から復活狂言、新作歌舞伎にまで取り組み、二枚目から実悪、色悪、女方まで務める。また、劇団や演劇の舞台など歌舞伎以外でも幅広く活動し、テレビ・映画の作品にも多数出演。2001年には重要無形文化財(総合認定)に認定され、ʼ05年には映画「阿修羅城の瞳」「蟬しぐれ」で日本アカデミー賞優秀主演男優賞、報知映画賞最優秀主演男優賞、日刊スポーツ映画大賞主演男優賞を受賞。ʼ18年に十代目松本幸四郎を襲名。映画・ドラマの主な出演作は映画「ラヂオの時間」「天地明察」、主演ドラマ「陰陽師」(テレビ朝日系)、「竜馬がゆく」(テレビ東京系)のほか、大河ドラマ「八重の桜」(NHK)、「古畑任三郎/若旦那の犯罪」「鬼平犯科帳スペシャル 引き込み女」「鬼平犯科帳スペシャル 盗賊婚礼」(いずれもフジテレビ系)など多数。

 

 

➤ 池波正太郎 生誕100年に向けて 新映像化プロジェクト始動!

 

 2023年に生誕100年を迎える時代小説家・池波正太郎。『鬼平犯科帳』『仕掛人・藤枝梅安』は、『剣客商売』と並んで池波の“三大シリーズ”に数えられる傑作長篇で、ともに時代小説の金字塔として、長年にわたって多くの読者に支持されてきました。今回、その新たな映像化プロジェクトが、株式会社オフィス池波のご支援の元、始動します。

 『仕掛人・藤枝梅安』は、江戸の闇世界をテーマに、人の命を救う「鍼医」と、殺しを請け負う「仕掛人」という二つの顔を持つ藤枝梅安の活躍を描いたハードボイルド作品。今回の映像化では、ドラマ・映画等で数々の話題作を生み出してきた河毛俊作監督と、脚本家・大森寿美男が、時代劇専門チャンネルオリジナル時代劇「雨の首ふり坂」(2018年)に続いてタッグを組み、新たな梅安像を紡ぎ出します。

 そして『鬼平犯科帳』は、「鬼の平蔵」こと火付盗賊改方長官・長谷川平蔵を主人公に据えた文庫累計発行部数 3000 万部に迫る大ベストセラーであり、過去4代にわたって映像化されてきた時代劇の決定版です。令和の時代を迎えた今回、劇場版を杉田成道、連続シリーズを山下智彦という時代劇演出の名手が担当。脚本家・大森寿美男とともに、次代に向けた新たな鬼平に、挑みます。

 

➤ 作品情報

 

■『仕掛人・藤枝梅安』

映画2作品製作決定

2022年 撮影予定

2023年 2月・5月 2作品公開予定

 

主演:豊川悦司

監督:河毛俊作

脚本:大森寿美男

企画・プロデュース:宮川朋之

原作:池波正太郎『仕掛人・藤枝梅安』(講談社文庫刊)


■『鬼平犯科帳』
映画化&連続シリーズ製作決定

2023年 撮影開始予定

2024年5月 劇場公開・連続シリーズ同時配信予定

 

主演:松本幸四郎

劇場版監督:杉田成道

連続シリーズ演出:山下智彦

脚本:大森寿美男

企画・プロデュース:宮川朋之

原作:池波正太郎『鬼平犯科帳』(文春文庫刊)

 

▼ 池波正太郎原作『鬼平犯科帳』『仕掛人・藤枝梅安』映画化決定ティザーページ:www.jidaigeki.com/onihei-baian/

 

 

原作 池波正太郎 いけなみ・しょうたろう

 時代小説家、劇作家。1923年生まれ、東京都出身。戦後、都の職員を務める傍ら、劇作家としても活動していたが、やがて小説の執筆も始め、大衆雑誌で作品を発表。初期には現代物の作品が多かったが、直木賞候補にも上った『恩田木工(後に『真田騒動』と改題)』からは、時代小説が執筆活動の中心に。’60年『錯乱』で第43回直木賞を受賞。以降、『鬼平犯科帳』『剣客商売』『仕掛人・藤枝梅安』の3大シリーズ、長篇『真田太平記』などを世に送り出して人気を博す一方、食通・映画評論家としても著名であった。’77年、その精力的な作家活動が評価され吉川英治文学賞を受賞。’88年、菊池寛賞を受賞。’90年、急性白血病により永眠。連載中の『仕掛人・藤枝梅安 梅安冬時雨』と『鬼平犯科帳 誘拐』は同年4月号分で未完となった。

 

 

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

鬼平犯科帳

仕掛人・藤枝梅安

『仕掛人・藤枝梅安』主演:豊川悦司/『鬼平犯科帳』主演:松本幸四郎

『仕掛人・藤枝梅安』主演:豊川悦司

『鬼平犯科帳』主演:松本幸四郎

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

    過去に配信したプレスリリース