「映像エッジAI」を現場実装するEDGEMATRIXがシリーズBで約10億円調達

NTTドコモ、清水建設、SONY INNOVATION FUND、DGベンチャーズ4社が出資し累計調達額約19億円に

EDGEMATRIX

2021/3/23 10:00

2021年3月23日

報道関係各位                                             2021年3月23 日

EDGEMATRIX株式会社

 

「映像エッジAI」を現場実装するEDGEMATRIXが、 NTTドコモ、清水建設、SONY INNOVATION FUNDDGベンチャーズから シリーズBで約10億円を調達
~ 累計調達額19億円、新機種・機能開発と スマートシティ/ビルディング、社会インフラ、海外市場に向け展開加速 ~

 

高精細映像などを現場(エッジ)でリアルタイムにAI処理するデバイス「Edge AI Box」、「映像エッジAI」統合管理・収益化プラットフォーム「EDGEMATRIXサービス」、ワンストップでの現場実装と課題解決「映像エッジAIソリューション」を提供するEDGEMATRIX(エッジマトリクス)株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長 太田 洋、以降EDGEMATRIX)は、株式会社NTTドコモ(東京都千代田区、代表取締役社長 井伊 基之)、清水建設株式会社(東京都中央区、取締役社長 井上 和幸)、SONY INNOVATION FUND (ソニー株式会社:東京都千代田区、代表執行役会長兼社長CEO 吉田 憲一郎が設立したコーポレートベンチャーキャピタル)、株式会社DGベンチャーズ(東京都渋谷区、 代表取締役会長 兼 社長 林 郁)の4社から、3月18日(木)付の第三者割当増資により約10億円を資金調達しました。

 

EDGEMATRIXは、2019年8 月のシリーズAにおける約9億円を加えた累計19億円の調達資金により、「Edge AI Box」新機種追加、「EDGEMATRIXサービス」新機能開発を行い製品サービスをさらに強化します。また、清水建設が開発した建物OSとの連携も視野に入れたスマートシティやスマートビルディングにおける各種センサーとの連携開発を行うとともに、道路・鉄道等の公共施設や医療・福祉施設等を含む社会インフラへのソリューション提供拡大、製品引き合いが増えているアジア市場から海外展開を加速してゆきます。

 

「映像エッジAI」とは、データが生成される現場(エッジ)又は近傍でAIの処理を実行し活用することです。通信回線の遅延や同時処理量に制限のある環境では難しい膨大な数のカメラ映像が生み出す大量データをリアルタイムにAI処理できます。クラウドとの連動により広い範囲の状況把握や対象追跡にも威力を発揮します。これにより、カメラ映像に映る数百人規模の行動分析、高速の工場生産ラインの自動制御、不審物・不審者、危険環境を瞬時に警告、通知するなど、従来では難しかった規模とスピード感あるAIソリューションの導入が可能になります。

 

図 1:映像エッジAIのイメージ

 

EDGEMATRIXは次の3事業により、「映像エッジAI」の開発からソリューションまでを提供しています。

 

1.Edge AI Box

 「Edge AI Box」は、街やビルを見守るIPカメラ映像などを現場でAI処理し伝送できる屋内と屋外用小型デバイスです。深層学習ベースのAIなどの高速計算処理をするGPUとWiFi/LTE/5G通信モジュールを搭載し、カメラ接続等の豊富なインターフェースを備えています。

 

 

図 2:Edge AI Box

 

2.EDGEMATRIXサービス

 「EDGEMATRIXサービス」は、現場設置の「Edge AI Box」からエンド・エンドで映像エッジAIを統合管理するプラットフォームです。デバイスの遠隔管理、設置場所を地図表示(マップビュー)する状態管理、現場からのAI処理済映像をブラウザに多数同時表示する「エッジビュー」などのサービス管理、AIアプリケーションの配信・管理、パートナーが開発した汎用AIアプリケーションを選択購入できる「EDGEMATRIXストア」を提供しています。

 

 お客様はストアアプリから月額課金のAIアプリを選択するだけで「映像エッジAI」を開始できます。また、自社でAIアプリを開発するお客様には、「EDGEMATRIX Platformサービス」によりプラットフォーム機能だけを利用いただけます。短時間で効率的な開発を行うための技術文書や画像処理用のソフトウェア開発キット「EDGEMATRIX Stream Toolkit」を提供しています。

 

図 3:EDGEMATRIXサービス概念図

図 4:EDGEMATRIX Platformの機能

 

【YouTube】 EDGEMATRIXストア専用AIアプリ例: https://youtu.be/qStp1EZRExE

 

 

3.映像エッジAIソリューション

 「映像エッジAIソリューション」では、現地調査に始まり、お客様からの要望に応えるカメラ、周辺機器、AIアプリケーション調達や開発、設置工事、設定調整に至る「映像エッジAI」の現場実装と課題解決をワンストップで提供します。

 

図 5:映像エッジAIソリューションの概念図

 

 

EDGEMATRIXについて
「映像エッジAI」のインフラ製品からプラットフォームサービスをエンドエンドに提供し、現場実装までをワンストップで提供できる体制を整えたスタートアップです。2019年に米国Cloudianからスピンオフし、NTTドコモ、清水建設、日本郵政キャピタル、SONY INNOVATION FUND、DGベンチャーズ等から累計19億円の出資を得ています。

ホームページ: https://www.edgematrix.com/

Facebook:  https://www.facebook.com/EDGEMATRIX.INC

 

 

EDGEMATRIX

会社名

EDGEMATRIX株式会社

代表者

代表取締役社長 太田 洋

所在地

東京都渋谷区代官山町8-7 Daiwa代官山ビル

営業開始日

2019年7月1日

従業員数

30名

主な事業内容

「映像エッジAI」の現場実装事業

 

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

映像エッジAIのイメージ

Edge AI Box

EDGEMATRIXサービス

EDGEMATRIXプラットフォーム機能

映像エッジAIソリューション

Edge AI Boxラインアップ

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • 名称 EDGEMATRIX株式会社
  • 所在地 東京都
  • 業種 その他情報・通信業
  • URL
  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中