企業や団体の教育担当者がeラーニングの導入にあたって重視すること

産業能率大学

2021/3/24 13:50

2021年3月24日

学校法人産業能率大学

教育担当者がeラーニングの導入にあたって最も重視することは

「魅力的なコンテンツ」

学校法人産業能率大学総合研究所(以下、本学)は、企業や団体の教育担当者を対象にeラーニングの導入にあたって重視することをうかがいました。最も重視すること(優先度1位)は、「魅力的なコンテンツ」(47.0%)がトップで、以下「いつでもどこでも気軽にアクセスできること」(16.4%)、「受講できるコースの多さ」(14.8%)となりました。

調査は、昨年12月16日から本年3月5日まで、本学が開催したオンラインセミナー(同一テーマで4回実施)に参加した教育担当者(240人)に対して、セミナー終了後にオンラインでのアンケートを依頼し、183人に回答いただきました。

本学では、約300コースが受け放題となるeラーニング研修「SANNO e ACADEMY」(※)を開発し、2021年4月から開講します。回答者が参加したオンラインセミナーは、この研修の紹介を兼ねて実施したものです。

【調査結果】

eラーニングの導入にあたって重視することについて、優先順位をつけて3つ選んでいただきました。トップは「魅力的なコンテンツ」(76.0%)で、以下「受講料」(54.6%)、「学習期間中のご受講者の活用しやすさ」(49.2%)と続きます。

一方、優先度1位の項目を集計したところ、トップの「魅力的なコンテンツ」(47.0%)は変わりませんが、2位が「いつでもどこでも気軽にアクセスできること」(16.4%)、3位が「受講できるコースの多さ」(14.8%)となり、順位が変動しました。

「受講料」は重要ではあるものの、優先度は低いという結果になりました。

【調査概要】

調査期間:2020年12月16日~2021年3月5日

調査対象:オンラインセミナー(4回開催)に参加した企業・団体の教育担当者

調査人数:240人

有効回答:183人

(※)「SANNO e ACADEMY」の内容についてはWebページをご参照ください。

https://www.hj.sanno.ac.jp/cp/eacademy/

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

eラーニングの導入にあたって重視すること(3つ選択)

eラーニングの導入にあたって最も重視すること(優先度1位)

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

    過去に配信したプレスリリース