クラリベイトがサステナビリティに関する年次報告書を発表

2024年までにカーボンニュートラル、2023年の業績に基づいてDJSIとFTSE 4GOODインデックスに上場を目指す

クラリベイト

2021/4/16 10:00

2021414日 英国ロンドン発Clarivate Plc (NYSE:CLVT)イノベーションを加速する信頼性の高い知見や分析を提供する、世界的リーディングカンパニーであるクラリベイトは、同日初めてサステナビリティに関する年次報告書[こちら]を発行した。このインタラクティブレポートは、2020年にクラリベイトがガバナンス、環境、従業員間、コミュニティの分野で達成したことをはじめとした進捗状況を概説し、2021年の計画とビジネスの長期目標を提示します。

 

当社CEOのジェレ・ステッドは、次のように言っています:「クラリベイトでは、コラボレーションが持続可能な世界をはぐくむためのカギであると信じています。当社は、イノベーションを加速する信頼性の高い知見や分析を提供する、世界的リーディングカンパニーです。当社の使命は、新しいアイデアから人生を変えるような発明を生む時間を短縮するための、実用的な情報とインサイトを提供することにより、お客様が抱える難題を解決できるよう支援をすることです。当社のビジョンは、世界がイノベーションを生み出し、保護し、前進させる方法をより良くしていくことです。持続可能性は当社の活動の中心にあります。当社は、最高の社会的、環境的、倫理的基準に基づき事業を行い、より良い未来のために革新する企業を支援します。当社は、2024年までにカーボンニュートラル(実質的二酸化炭素排出量ゼロ)になり、2023年の業績に基づいてダウジョーンズサステナビリティインデックスとFTSE4 GOODインデックスの両方に掲載される、トップ企業のひとつになるという野心的な目標を設定しました。」

 

世界を変えることができる、人間の創意工夫を後押しするには、イノベーションは不可欠です。2020年は、さまざまな変化があった年でした。前例のない出来事や世界的なコロナの大流行が世界中を変化させました。気候危機、社会不安、医療、環境問題など、多くの長年にわたっての世界の課題浮彫りになりました。これらの困難な課題に対しては、ひとつの共通点があります。それは、その解決のためにコミットメントとイノベーションが必要であるということです。クラリベイトは、新しいアイデアが人の暮らしを変えるような発明になるまでの時間を短縮する実用的な情報とインサイトを提供することにより、お客様が世界で最も複雑な問題を解決できるよう支援することをコアミッションとしています。

 

持続可能な世界を育むためにはコレボレーションが不可欠です。2020年、クラリベイトはCOVID-19関連情報へのアクセスを公開するとともにBioWorldのコロナウイルスの記事へのアクセスを無料提供しました。包括的なデータ資産をまとめた治療指向の初期のいくつかのデータレイクも立ち上げました。コロナウイルス、ウイルス学および感染症(CVID)データレイクです。実用的な分析と深い専門知識を持つコンサルタントがこれを支えています。クラリベイトは、2020年9月には非営利団体やその他の善良な目的を持った組織のために特別に開発されたMarkMonitor Domains for Good programを立ち上げました。

 

クラリベイトは、環境、社会、ガバナンスのパフォーマンスの向上に向けて前進しています。

クラリベイトは誠実に、地球を保護し、最高の社会的、環境的、倫理的基準を順守することにより、社内で国をまたいで従業員が協力しグローバルコミュニティを構築できるようにしています。2020年、クラリベイトは持続可能な職場と職場変革戦略に着手しました。持続可能な不動産のリーダーであるJLLを主な施設管理機能として、エネルギー、水、リサイクル、廃棄物、温室効果ガス(GHG)の排出量を測定および監視しています。さらに、グローバルな事業全体でR2に準拠した電子廃棄物リサイクルの取り組みも開始しています。

 

多様性が持続可能性の中心にあります。 2020年にクラリベイトは、女性のエンパワーメントプリンシプルに署名し、「人や国の不平等をなくそう」™のCEOアクションに参加(クラリベイト従業員2名が人種平等フェローシップのCEOアクションに参加)、ストーンウォールのトランスライツアヒューマンライツキャンペーンに参加し、社内活動メンバと連携して社外活動団体に15万ドルを寄付しました: Women For Women International, Kaleidoscope Trust, Code2040, Global Mentorship Initiative, NAACP Legal Defense and Educational Fund, Kivaなどです。

 

クラリベイトは2021に向けた目標を設定しましたこれは、国連の持続可能な開発目標(SDGs)に沿うものです。

 

クラリベイトのサステナビリティに関する年次報告書はこちらから

 

 

# # #

 

About Clarivate

Clarivate™は、イノベーションを加速する信頼性の高い知見や分析を提供する、世界的リーディングカンパニーです。当社の使命は、新しいアイデアから人生を変えるような発明を生む時間を短縮するための、実用的な情報とインサイトを提供することにより、お客様が抱える難題を解決できるよう支援をすることです。サイエンスや知的財産の分野において、基盤となる研究やアイデアから保護、そして商業化に至るまで、イノベーションのライフサイクル全体をカバーする深い専門知識を備えたサブスクリプションおよびテクノロジーベースのソリューションを提供しています。弊社は、日本をはじめ、中国、韓国、東南アジア、オーストラリア、ニュージーランドなど、アジア太平洋地域を含む世界各国で事業を展開しています。 詳細については、clarivate.com/jaをご覧ください。

 

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • 名称 クラリベイト・アナリティクス
  • 所在地 東京都
  • 業種 その他情報・通信業
  • URL http://www.clarivate.jp
  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中